fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

6

2004年イタリアの旅13、コモ湖編(セレブはお散歩しにやって来ますぅ)

2004年イタリアの旅。
いよいよ最終日。

ミラノ2日目。
北の湖を目指します。
(注:北イタリアの湖ということです。シコ名じゃありません)

イタリア北部は湖水地方と呼ばれます。
有名なリゾート地(らしい)

セレブとしては、行ってみたいですね(笑)

湖はいくつかあるのですが、
ミラノから近い場所にしました。

コモ湖(この他、マッジョーレ湖なんかが有名)

ミラノ駅7:30→コモ駅8:30
イタリア国鉄。
この路線はスイスに抜ける国際列車も走ります。

イメージ 1

コモ駅からすぐにコモ湖です。
ほそ長い湖。

駅前の教会とかテキトーに見て(もう食傷気味ですが)。

イメージ 4

ケーブルカーで、山の上へ。

イメージ 5

いきなり。素晴らしい景色。
アルプスが目の前です!

今日は、
イタリア・トレッキングです。
海外旅行に、
お散歩は必須ですね(笑)

頂上付近に「塔」がありました。

VOLTA(ボルト)の塔

イメージ 6

あの電気単位のボルトを発明した人らしいです。
きっとエライんだ。
(他に訪れる人がいませんけど、汗)。
管理人のおじさんがイロイロと親切に説明してくれるんですけどね(笑)

イメージ 7

塔の上から見たコモ湖も絶景です。

ここから湖に沿って、
山の尾根沿いにトレッキング開始。

イメージ 9

いちおう、ガイドブックにも載っている
湖とアルプスが見えるコースなんですけど。
2時間くらいのコースで
途中、ほとんど誰にも会いませんでした~

イメージ 8

途中に廃砦みたいのがありましたが。
これがなかったら、
イタリアに居ることを忘れてしまいそう。

湖畔の小さい町へ下山しました。
ここから水上バスで折り返します。

イメージ 10

水上バスの待ち時間は、
昼からビールですぅ
なんてセレブなんでしょう(笑)
ちなみに私たちは右側の日陰で飲んでます。
イタリア人は暑さが好きなのかな?

イメージ 11

水上バスは途中寄り道して30分くらいかな。

イメージ 12

山を登ったケーブルカーが見えてきました。
あの山の尾根を散歩していたんですよ。

コモ湖駅に戻って。
セレブ体験終了~

さて。
帰路は、行きとは別の路線に乗ってみましょう。

国鉄線と並行して
私鉄も走っているのです。

イメージ 2

この私鉄がちょっと楽しそう。
コモ駅が終点みたいだから、
ここから始発ですね。

イメージ 3

ステキな車止めがあります。

車両の間がすごいんです。

イメージ 13

貫通部分が吹き抜けでウチの奥さんが立っています。
立ち入り禁止じゃないんです。

走行中、
ここに立つのは、ちょっとスリリング。

イメージ 14

ちなみに電化複線です。
電車はたくさん走っています。
イタリアの鉄道はスリルがあって奥が深いなぁ(笑)

ミラノ駅の手前で降りて。
COOPがあったのでミヤゲモノを買い漁りましたとさ。

もちろん。
再度ドゥーオモも見に行きましたよ。
やっぱり工事中だったけど(爆)

さて。
長い長いイタリアの話。
後は帰国するだけですが、
実は、その前にまたも事件があったのです。

まだ続く。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

とってもすてきな連結部分ですね。
涼しくていいですね~www

No title

mikanさん。
とってもアバウトな国ですよね~。
落ちないのかな?

No title

こんばんは。
すごい!
連結部分でレールを見れますね!
連結部分からレールを見下ろしてるとポイントでレールが分かれたり交わってきたり萌え萌えですよ(笑)

No title

コモ湖、いい景色ですね。
「まりもっコモ」とか…
いるわけないですよね(再び出入り禁止)。
連結部分、サイコーです。
日本ではこんなんじゃ検査通りませんよね。

No title

ととさん。
結構怖いから、そんな余裕ないかも(汗)

No title

ぬまちゃんさん。
検査云々より、こんな連結許されないですよね。
アバウトな国でしたぁ。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR