fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

10

鵜殿線路遠征1。線路巡礼:塩浜貨物駅(三線路区間と専用線!)

18切符で鵜殿まで遠征計画。
ムーンライトながらで定刻に名古屋駅に到着。
紀勢本線はとっても本数が少ないので、ちょっと時間があります。

ということで。
線路巡礼:塩浜貨物駅。

今回。
近鉄は使わずに(だって18切符だから。汗)
JR南四日市駅から歩いてみました。

近鉄線の海山道駅近くまで1キロくらい。
イメージ 1

塩浜貨物線は四日市駅から分岐して、ここから近鉄線に併走します。
近鉄電車に乗ったとき、この貨物線を走る貨物列車を見るのがいつも楽しみです。
(私は結構遭遇確率が高い)

JR四日市駅から
この駅から隣の塩浜駅までは
三線路区間。
軌間(ゲージ)の違う
旅客線と貨物線の組み合わせ。
美しい♪

海山道駅の脇に。
小さな貨物ヤードがあって。
そこから専用線が左に分岐。
イメージ 2

これは短くて、歩くとあっという間に工場へ。
(現役ですが。早朝ですから運転なし。残念)

近鉄線に沿って歩けば。
イメージ 3

あっという間に塩浜駅の貨物ヤード。

近鉄塩浜駅の先の踏切。
イメージ 4

線路の違いがよくわかりますね~。
踏切番小屋がまたいい感じ(使ってないけど)。

この先。
貨物線はぐにゃりと左に曲がります。

途中の踏切。
イメージ 5

踏切の中に大きなミラーがあります。
これは貨物列車の運転士用?横断者用?

2本に分岐して1本はまっすぐ。
イメージ 6

これは廃止(休止)になったみたい。

もう1本は
交通量の多い道路を横断して石油工場へ。
イメージ 7

この線路は見るからに現役。
(こちらも残念ながら運転なし)

これで塩浜貨物線線路巡礼は終わりのハズだったのですが・・・

塩浜駅まで戻ると。

貨物列車が来ちゃった!
イメージ 8

大きなDDさんが重連です。

イメージ 9

入替見ちゃいますね~(時間ないのに、汗)

おまけに。
イメージ 10

なんと、
あの工場から迎えのスイッチャーさんがやってきました。
これはビックリ。

イメージ 11

線路と良く似合います(笑)

時間ないのですが。
これはもう見ないわけには行きません。

猛ダッシュで、
工場まで戻ります。走る走る。

イメージ 12
 
間に合いました~

イメージ 13

真横から見ると。
面白い連結方法がステキ♪

ガチャン♪ガチャン♪

イメージ 15

貨物列車様のお通りです。
自動車ども。ひれ伏せ~

イメージ 14

超長い編成は、一気に工場に吸い込まれて、オシマイ。
扉はすぐに閉められました。

こんな早朝から見られるとは、
良かったですね~
でも。ちょっと長居してしまいました。
この後の紀勢本線の列車の接続は?

南四日市駅まで歩いて戻る時間はありませんが。
塩浜駅から近鉄線を使って津駅に出れば楽勝です。

そう。
楽勝のハズだったのですが。。。
鵜殿駅線路遠征の話は続きます(汗)

-----

おまけ1。
JR南四日市駅から近鉄海山道駅まで歩くと。
四日市らしい光景が広がります。
イメージ 16

某ガス会社の専用道の上に、
とっても怪しい形の高圧鉄塔。

18切符だけで塩浜駅を線路巡礼したい方にオススメのコースです。
(ちゃんと時刻表は確認してね。泣)

おまけ2。
塩浜駅というと。
川崎の塩浜駅(今は川崎貨物駅)のことを連想してしまうのはわたしだけ?
でも。
今回の巡礼で。ちょっとは馴染みが出来ましたよ(笑)
今度は海山道駅そばの専用線もじっくり見たいですぅ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

南四日市から塩浜まで歩いたのですか…。伊勢鉄道の別料金を払うんだったら、近鉄で津まで行くのが賢いですよね。スイッチャーはいつものと違いますね。初めて見ました。

No title

道路を横断するシーンがかっこいいですぅ。

No title

スイッチャーが引っ張る姿 私はまだ見たことありません。
なかなか珍しい光景ですね。

No title

はい、私も塩浜といえば川崎が浮かびます・・・

No title

スイッチャーが可愛らしい♪
それが引っ張るタンクの横断は圧巻です~

No title

かめこくさん。
快速みえは亀山駅経由にしてほしいです(笑)
ここには別のスイッチャーもあるのですか?

No title

mikanさん。
線路の方がエライのです(笑)

No title

みやさん。
私は別にDDさんやDEさんでもいいのですが(笑)

No title

ととさん。
これで塩浜をふたつ制覇しました(笑)

No title

はなごんさん。
意外と長いタンク車なんです。
ジリ貧の貨物列車の中で、タンク車だけは健在?
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR