fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

14

線路巡礼:満鉄旅順線(旅順要塞にガラガラ列車に乗って突入~!)

大連3日目。
フリーな1日です。

大連といえば、
やっぱり「旅」に行かなくちゃいけません。

旅・順(というオチ)

大連から、
遼東半島をさらに西へ。

鉄道でも行けます。
でも、一日たったの2往復!(爆)
運賃はバカ安。片道4.5元(60円くらい)

高いオプショナルツアーなんかじゃなくて
せっかくだから満鉄の旅。

初日の夜に
大連駅の窓口に並んで切符を買っておきました。
筆談で買えます。
漢字が書けてよかった(笑)

そして
いよいよ乗車。

イメージ 1

駅の入口には厳しいセキュリティチェックが待っています。

と思ったら
大きな荷物は全くノーチェックでした。

駅に1時間も前に来てしまいました。
ホームには降りられず、待合室で待つことに。
だけど、すでに大勢いるんですよ。

やっと改札開始。

大連6:42発。所要1時間半。

出発の前に、
恒例、ホームで線路見学。
(こういうとき、奥さんに座席と荷物を見ていてもらえるのでラク~、笑)

イメージ 2

これが旅順行き列車。
(この時気がつきませんでしたが、これはデーゼル。旅順線は非電化だったのです)

イメージ 3

満州につながる線路。
いいですなぁ。
(旅順線は、途中で分岐して西に向かいます)

イメージ 4

客車の連結部には何故か禁止線テープ。
ここに落ちる人が居るのかな?
数多の危険箇所はそのままなのに?

出発。
もちろん窓開け列車で楽しい~

はじめは1ボックス1人程度が、
次の駅からどっと乗って来ました。満席。

満鉄本線と分岐してからは単線。
まぁ1日2往復では当然か。

イメージ 5

一瞬。
進行方向右側に海が見えました。
これは黄海かな。

とある
工場団地のような駅にて
満員の乗客は一気に降りてしまいました。
すごい勢い。

イメージ 6

ガラガラ~
ちなみに座席は3人掛と2人掛。
ちょっと狭いですね。
もちろん、有名な硬座(硬い座席)

すごいのは
客車毎に乗務員が1人付いていること。
ガラガラ車両になってもちゃんと乗っています。
おまけに
各駅には駅員さんがたくさん立っているのです。
そんなに要らないでしょう。
わけワカラン(笑)

イメージ 7

沿線には
楽しい専用線が!
ここは石炭採掘線なのですね。
(貨物列車はたくさん走っているのかな?)

旅順の山並が見えてきました。

いよいよ、旅順要塞の中に列車で突入!

ということで

イメージ 8

旅順駅に着いちゃいました。

イメージ 9

すぐに機周りが始まったので見物したのですが、
早く駅から出なさいとのこと。

ケチ~(泣)

イメージ 10

ちなみに
この旅順駅は満州鉄道時代からそのままの骨董品で
駅舎が観光名所になっています。

だけど
駅舎より線路ですよ!(爆)

イメージ 11

駅のすぐ先に踏切があって
踏切の向こうは旅順軍港
秘密戦艦が停泊しています。

そんな戦艦よりすごいのは
機関車が踏切のまん中で停まってしまうこと(爆)

ここで折り返すようなんですけど。
なんて大雑把な(笑)

イメージ 12

機関車の前を歩行者が横断していきます。
もはや尋常ではない光景。

イメージ 13

機関車って大き過ぎると邪魔ですね(爆)

イメージ 14

これが旅順駅の全景。

折り返しに使った線路は
軍港の施設の中に続いていきます。

ここもゆっくり見学したいのですが
スパイ行為で捕まっても困るので、

代わりに客引きのタクシーに捕まることになりました。

それでは
旅順要塞の戦い。
「二百三高地」の世界に突入です~
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんなところで写真を撮ってよく捕まらなかったですね~
捕まったら労働改造所送りですぅ

No title

未だに昔ながらの駅舎なんですね。これは行ってみたいなぁ…。でもイチイチ秘密主義なのがネックですね。

No title

お~、東風11D型機関車!

No title

駅も車内も車両も写真撮影OKなんですね。

No title

満鉄のローカル線なんですね。
でも中国でこういうところの撮影はコワいですねぇ。人が一番コワいです。

No title

おはようございます。
人海戦術は この国の得意技!でしょう。
かつて、わが国鉄にもイッパイ人がいました。それはそれでまた安全性の確保とかから有効だったとも思いますが… 満鉄のお話し楽しみにしています。 傑作!

No title

夢之介さん。
賄賂を使いました(殴)

No title

コロチャンさん。
基本的に写真はOKみたいです。
でも、用も無いのに駅の中にいてはいけないみたい(残念)

No title

ととさん。
やっぱり日本のDEさんがいいですぅ(笑)

No title

あおさん。
度胸があれば何でもOKみたいです(爆)

No title

はなゴンさん。
写真撮るためには何でもするのは中国人の方が十八番です(爆)

No title

オータさん。
国鉄時代、人がたくさんいたのは
国労さんや動労さんのオカゲでしょう。
中国は何でもマネする!(爆)

No title

おはようございます。
トラバありがとうございました。
お返しお願いします。
踏み切りで停車するとは、四日市のセメント線みたいですね^^。

No title

> なおさん
大雑把な大陸の鉄道が懐かしいです…
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR