fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

4

線路巡礼:国鉄三木線三木駅(美しい線路はここでも晩節を汚されました、泣)

1982年4月。山陰巡礼の途中。
「はやたま」に乗って
わざわざ紀勢本線経由でやってきたのは
加古川駅です。

ここから加古川線と、
その楽しい支線を一気に巡礼。

ということで第1回目は

線路巡礼:国鉄三木線。

加古川駅7:50→三木駅8:23

イメージ 6

三木線というのは厄神駅から分岐するのですが。
当時の時刻表をチェックすると、
一日9往復のうち、8往復が加古川線からの直通列車でした。
こりゃ便利だ?(笑)

イメージ 2

終着駅の三木駅。

イメージ 3

なかなかいい感じの線路終端。

イメージ 4

昔は貨物ホームもあったのですね。
これまたいい感じ。

イメージ 5

厄神駅に戻ります。
これは駅の跨線橋から見た線路。

左に曲がるのが加古川線で、右にまっすぐなのが三木線です。
まるで三木線の方が本線みたいですね(笑)
(この背後に見える山の形に注目)

線路はいい感じだけど、
超赤字ということで廃止対象に。
さようなら。

のハズだったのに。
お得意の第○セクターになったそうです。

そして。
なんか最近、この第○セクターは廃線になったそうです。ふ~ん。

晩節を汚す(怒)


そんな哀れな三木線ですが、
昨年、数十年ぶりに巡礼した加古川線の旅から。

イメージ 1

厄神駅です。
あっとビックリ。
小さな電車区ができていました。
(三木線が健在の頃は非電化でした。背後に見える山の形が往時を忍ばせます)

この電車区は
加古川線と、三木線跡の間の狭い場所に誕生しています。

つまり
第○セクターなんかなければ、
旧三木線の線路を活用して、
電車区の線路はもっと面白い配線になっていたかもしれません。残念。
(ひょっとしたら電車区用地を新たに取得しなくて済んだのかも?怒)

ちなみに
加古川線「電車」の中の路線図。
厄神駅から細長く修正の「白ペンキ」が塗られていました。
わざわざ作り直す価値もなかった、ということですね(爆)

ということで
次は北条線です。これも辛い。。。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。

三木線には乗ったことがないのですが、三木鉄道は廃線フィーバーになる前に乗ったことがあります。
なるほど、国鉄時代の三木駅はなかなかいい感じだったのですね~
その時代に乗ってみたかったです♪

No title

まちゃけんさん。
フィーバーで2回儲けるために2回廃止したのかも?(殴)

No title

大きな貨物上屋が当時の栄華を示していますね。
ここも訪れたかった・・・。

No title

YASUZIROさん。
貨物取り扱いも見てみたかったです。
雰囲気が残っているだけでも有り難かったですけど。。。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR