fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

2

山陰線路巡礼。夜行列車「山陰」で往復しちゃいました(18切符2日間券だよ)。

1982年4月。
山陰線路巡礼は、やっと山陰地方に入りました(笑)

普通夜行列車「山陰」
京都駅22:04→大山口7:13(列車は出雲市駅行き)

ぞの前の晩は
宴会列車「はやたま」で過ごしているのですが、
そのときに乗り合わせたおばさんが
「山陰」に乗ったことがあって、とても混むとのこと。

だから京都駅まで戻って乗ったのに。
ガラガラでした(笑)
でも車両(今でいう旧型客車ですよ)がボロで、すきま風が寒くて(泣)

この日は
倉吉線と若桜線を巡礼するだけでしたので
ちょいと気が緩んでいたのか。

朝、下車駅を間違え!(殴)
さらに戻る列車を間違え!(殴殴)
乗り換えのときに荷物を棚に忘れる(うぇ~ん)

ということで
ふたつの路線の巡礼は散々な目に逢いました。
おかげで、倉吉線山守駅は闇の中になってしまいました(泣)

(この前日は、
 加古川線・三木線・北条線・鍛冶屋線・高砂線・飾磨港線と精力的に巡礼できたのに)

ちなみに
倉吉線と若桜線の記事は過去に記述済み。
これを機会に内容を補完したので、見てね!




おまけ
この山陰巡礼は18切符デビューの旅だったのですが。

当時の「のびのび切符」には
「2日間」券という厄介なモノが付いていました。

イメージ 1

これが実物。

この次の販売のときはもうなくなってしまった記憶があるのですが。
だとしたら貴重?(爆)


山陰線路巡礼を終え
また「山陰」に乗って帰路に着いたのです。
でもまだ帰らない。元気だね~(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

「山陰」は学生時代によく使っておりました。東京から郷里の山陽までの帰省の折、これに乗って中国山地越えの各路線に乗り継ぐのです。当時は良き時代でした。
倉吉、若桜線も懐かしいですね~。若桜駅には2005年に再訪(山登りの途中立寄り)しているはずなんだけど、なんでか写真撮ってません(泣)

No title

はなゴンさん。
当時は陽陰連絡のローカル線にあれこれ乗るのが楽しかったですね~(これらはなぜか今でもすべて健在ですが、笑)
このあたりでは若桜線・倉吉線だけが廃止?というのはちょっと腑に落ちないですね。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR