fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

8

ドブロブニク後編:リゾート気分で泳いでみます♪戦火のロープウェイも復活してよかった

ドブログニク2日目
実質、クロアチアの旅の最終日

ちゃんと早起きして
ホテルの朝食もちゃんと食べて
(こっそり昼ごはんも作って)

路線バスで旧市街へ

イメージ 1

朝9:00
さすがに
メインロードもまだ人が少ない
道の両側に排水溝がちゃんとあるのが流石ですね。

今日は泳ぎますよ!
バカンスだぁ(笑)

イメージ 2

沖合いに浮かぶロクロム島(無人島)へ
旧港からの船便は10時発
往復50kn(750円)、これは安いです。

島の桟橋まで20分くらい

上陸
どこが海水浴場だかよくわからないのですが

イメージ 3

ここで泳いじゃいましょう
島に砂浜はないのです。岩場ビーチだけ。
沖合いのボートでは
おじさんが素っ裸で(笑)

ちなみに
ここは塩分が濃いのです
だから誰でもプカプカ浮いちゃいます
知らなかった。
アドリア海のビーチはどこもそうなのかな?

そういえば
この島には有名なヌーディストビーチがあるらしいです。
探してみましょう。

細長い島なので
反対側の海岸に出てみると

イメージ 4

日陰はないのですが、
こちらの方が賑やか。
一応ビキニ姉ちゃんもいるし(笑)

飛び込みもできます!

散々遊んで
なんとシャワーまでありました。

イメージ 5

そのあとは
島の真ん中の木陰でオヤスミ

旧市街の中とは違って
ここは風が抜けます。いい感じ♪


島内にはキジがたくさんいます。
ぜんぜん人を怖がりません。(→孔雀です、汗)

なかなか羽は広げてくれませんけど

イメージ 6

1羽だけ
サービスで全開してくれました!


14:00頃の船で戻ります

イメージ 7

ラグーサ共和国
ドブロブニクの城壁都市に入港
当時の人も同じ光景を見たのでしょうか


島で(ホテルで作った)お弁当を食べたのですが
早くもお腹が空いてしまい
おまけにやっぱり暑い

ということで
得意のランチビール

昨夜と同じ店で
奥さんが食べたかったスカンピという名前の料理
ようするにエビなんですけど。値段の割にはたいしたことない。


さて
いよいよロープウェイで背後のスルジ山へ。
往復87kn(1500円)
これも値上げしてますね。だけど仕方ない。

イメージ 8

グインっと一気に山頂へ15:30

イメージ 9

山頂からの眺め
今は亡きラグーサ共和国の首都ドブロブニク
旧市街の中心

山頂にはナポレオンが寄贈したというでかい十字架が立っています。
これも観光資源らしいのですが。
そもそも美しいラグーサ共和国を滅ぼしたのはナポレオンです。
そんな自虐的なものはどうでもいいです。


ここも暑い
当分暑いでしょうから
しばらく休憩

イメージ 10

水着も干しておきましょう(笑)


17:00まで山頂で1時間半ものんびりしていました。昼寝の代わりですね。
そろそろ戻ろうとしたら
ロープウェイの非常ベル(?)が鳴り響きます。
いつまでも鳴り響きます

やっと収まったら
お客さんたち拍手喝采。呑気だねぇ(笑)


その間、ロープウェイ運転中止。
やっと動き出しましたが
また止まったら困るので山を降ります。


もう
ドブロブニクは遊び尽くしましたか?
最後は
城壁の内側に沿って一周してみます。

イメージ 12

南側
住居の合間の細い道を進むと
城壁に穴が開いてます

イメージ 11

その先に
昨日城壁の上から見たビーチがあります。
こういう仕掛けだったのですね。

イメージ 13

住民も住んでる狭い路地
でもどこの家もプライベートルーム(民宿)で一儲けしているみたい
世界遺産サマサマですね、きっと。


北側の路地

イメージ 14

とにかく階段が急

イメージ 15

こちらにはレストランが所狭しと並んでいて
もはや通路の確保が難しい(苦笑)


そういえば
路地裏にはネコがたくさんいて遊んじゃいました。

最後に見学したのは
スポンザ宮殿というところ
有料のはずが、一部公開中。

イメージ 16

部屋のなかに
1991年のドブロブニク攻防戦の慰霊展示が

イメージ 17

DOBROVNIK DEFENDERS
(ドブロブニク ディフェンダーズ)

わずか20年前のことなんですよね。
私は当時、
あの山頂のロープウェイ駅が攻撃され破壊されるシーンを何度もTVニュースで観ました。

あの国の
あの街にこうして個人でふらりと旅行出来るなんて
夢みたい・・・


最後の食事は
またも同じ店。
芸がないけど、ここは旧港が見えて安いし。

繁盛していて屋外のテーブル数がも多いです。
昨夜は海から3列目。
今昼は2列目。

イメージ 18

ついに
一番海側のテーブルをゲット(笑)
やっぱりこの国のイカ墨リゾットは最高ですねぇ

イメージ 19

やっと夜景
唯一のココロ残りは
ラグーサ共和国の総督邸に入場しなかったことかな。
世界史の勉強をし損ないました(泣)


路線バスで
ホテルに戻って、明朝の準備。超早い出発です。

----

翌朝5時に
ホテルにタクシーが迎えに来て、
空港へ

クロアチア航空の機内から

イメージ 20

旧市街が見えました!

さようならクロアチアの7日間♪

(やっと出国したけど、実はまだ続くんです、汗)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

いやぁ~良い旅でしたね!ウラヤマシイ^^;
続きとは??

No title

ととさん
お家に「無事に」着くまでが旅行記ですぅ(笑)

No title

行った事ないのでよくわからないのですが、街の中に緑が少ないですよね。
でも街を出ると家は無くて緑ばかりという感じ。
市街化区域と調整区域が厳しく決められているのでしょうか。
海、綺麗ですね。
キジも同じ仲間でありながら日本のよりハデ。しかも逃げない。
あちらの人はキジを食べないのかな―。

No title

昔ながらの町並みがヨーロッパらしいですね。
ビーチはやっぱり砂浜があった方がいいなぁ。でもまぁ人工的に作ったらまずいでしょうしね。

No title

クロアチア。激しい内戦が強烈に印象に残っているので今も怖いイメージがありましたが、普通に観光できるぐらいにまで復興してるんですね~。

No title

ねこてつさん。
たしかに旧市街に緑は少ない(ほとんどない)ですね。
屋根の瓦の色の規制はあるみたいですけど。
キジじゃなくてクジャクでした(汗)
だから食べない?

No title

はなゴンさん。
なんしろ世界遺産ですから(笑)
路線バスで途中下車すれば砂浜ビーチもあったのですけどね。。。

No title

あきらっちさん
私も内戦のイメージが強かったのですが。。。
今やヨーロッパで一番安全な観光地じゃないでしょうか?
オススメです。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR