fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

6

1995年ペルー旅行記4:マチュピチュ編(グッパイボーイの方が謎でした)

1995年ペルー旅行記

かの有名なマチュピチュ遺跡に来ました

イメージ 1

谷底に見える最寄り駅から
混載バスに乗り換えて
一気に山を上ります

バスが上りきったところが
マチュピチュの入り口

もちろん
有料なので中に入るにはゲートを通らないとダメ

あの超有名な世界不思議発見遺跡が目の前なのに
なにしろ30人の団体
人数確認やらトイレやらで、なかなか中に入れない(泣)

イメージ 2

そんなんで
退屈しのぎに撮影大会(笑)

やっと中に入りますが
自由時間もないのでガイドについて歩くだけ

イメージ 3

空中都市とか空中庭園とかもてはやされていますけど
中はこんな感じ

イメージ 4

石組みが美しい(かな)

イメージ 6

15世紀の遺跡なんです
そう聞いてしまうと
日本の遺跡の方が古いじゃん?ということで
あまり大したモノに思えない(笑)

遺跡の向かい側の高い山
時間があればそこに登ってみたかったのですが残念

イメージ 5

このジグザグルートが谷底の最寄駅と遺跡を結ぶ唯一の道


当時のTV放送で
遺跡の帰り道
スタート地点で手を振る少年が
下り道の途中でも待ち構えて手を振っています
少年は坂をまっすぐ走り下りて来るからバスに追いつけるという芸当
名づけてグッパイボーイ

これが
私たちが乗ったバスの車窓にも現れました
何度も現れて手を振ります

ところが
バスが終着の駅に着く直前
運転手がバスをわざわざバスを停めてドアを開けます
そして
その少年が乗り込んできて
乗客にチップをせがむのです

な~んだ
そういうカラクリだったんだ(笑)

もちろん
そんなモノにチップなんか払いませんよ
(ガイドがちゃんとショー料金を払っていたし)

空になったバスは
その少年を乗せて(!)また頂上に戻って行きました
そういう関係なんですね
世界不思議発見TVじゃ分からない真実(笑)

上って行くバスを追いかけてグッバイするのなら
チップを払ってあげるのになぁ。残念。

列車とバスで、またクスコに戻りましたとさ。


そういえば
ツアー客の中に
いかにも水商売風の女性一人客がいたのですが
マチュピチュの入口まではついて来たのに

バスの中で待つ、とか(?)

謎です。
なんのために、はるばるペルーにまで来たの?
(ここはクスコより1,000mも標高が低いのでラクな場所のはずなのに?)

謎が多いツアーは
後半に入りますぅ
次は恐怖の高山病編
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

下り坂の達人少年ですか。
箱根駅伝の下り坂を走ったら優勝するでしょうww

No title

これだけ多くの石をどこからどうやって
運んだのかを考えると夜も寝られない、、、

No title

夢之介さん
電車を停める下劣なイベントより
観光バスを停めるチップ屋の方がはるかにマシです

No title

あかんぽんさん
そんな高尚なことは全く考えませんでした(汗)
当時も今も税金で無駄なモノ作るなぁという感想くらい(爆)

No title

グッパイボーイですか、ヤンキーとかは喜びそうですね。
うーん、今のところ、行きたいと思えないです。ぺるー(^^;;

No title

ガンモさん
私も全くお勧めしないですぅ。ぺるー(殴)
まだ続きますけど(有名なアレ)、期待しないでね(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR