fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

6

線路巡礼:下館駅で関東鉄道の甲種回送が入線します~(関係者ばかり!爆)

関東鉄道常総線の新車の甲種回送があるんです
ということは
下館駅の連絡線(接続線)の線路を通過するシーンが見られます!

ということで半日休暇(笑)

甲種回送はこういうルート
昨日の黒山駅(新潟)→大宮6:47→小山7:42/10:20→下館10:52/12:42→水海道
(昨晩は記録的な大雪だったそうで、途中が心配されました)


まずは小山駅(宇都宮駅方)

イメージ 1

すでに
ここまでの電気機関車は外され
ちょうど宇都宮の方からDEさんが来て、連結されるところ
(関東鉄道の車両に「雪」がびっしりですね)


水戸線で下館駅に先回り

途中、沿線はすごいアレ

ところが
下館駅は誰もいないのです。

イメージ 2

DEさん甲種回送が来ました!
旧国鉄真岡線の列車と少しだけ併走

イメージ 3

下り本線(2番線)に入るのではなく

イメージ 4

上り副本線(4番線)に到着

下館駅のホームで
しばらく
甲種回送の素敵な光景を独り占め!

イメージ 5

撮影しているのは関係者ばかり
(やっぱり関東鉄道の連絡線が気になりますよね、笑)

イメージ 6

とにかく関係者が多いです
JR東、JR貨物、関東鉄道、
あわせて30人以上はいたんじゃないかしら?(汗)

関係者の方が言うには
4年ぶりくらいのイベントだそうです

イメージ 7

ようやく
入れ換えを開始(11:30頃)

イメージ 8

友部駅方に引き上げます

イメージ 9

ついに
禁断の関東鉄道の連絡線(接続線)にポイントが切り替えられました!

イメージ 10

線路がつながっているって素晴らしい♪

イメージ 11

ホーム上の跨線橋の下まで車両を推していきます
ここまでがDEさんの仕事

イメージ 12

DEさんはちょっと戻って
関東鉄道のホームから
停まっていた単行の気動車が迎えに来ました


2+1でつながって
関東鉄道ホームの近くまで引かれて、なぜか切り離し
単行の気動車はそのまま出発

イメージ 13

その間
新車が落としていった雪の塊を手作業で撤去

だけど
さきほどの関東鉄道連絡のポイントはJR側に切り戻され、
DEの乗務員は全員降りてしまいました
ということは
すぐには動かないということ(DEさんの戻りも見たかったのですが)

イメージ 14

一方
関東鉄道の方は
今度は2両編成の回送電車がやってきて
これがつながります
2+2となりました

おおっと
わざわざヘッドマークを付けていますよ!

イメージ 15

「甲種回送」
いい響きですねぇ(笑)

イメージ 16

4両編成になって水海道車両基地に向けて出発

イメージ 17

DEさんは放置されたまま(爆)
たぶん、4番線始発の小山駅行きが出た後、副本線に戻るのでしょう


下館駅の連絡線路(接続線)の活躍が見られて大感激です
実は先週、
関東鉄道の譲渡回送(逆ルート)の予定があったのですが
これはキャンセルされてしまいました
こんなに楽しいのなら
またやってね♪


■線路メモ
関東鉄道常総線(取手駅~下館駅)

下館駅JR4番線と関東鉄道の間の2本の線路は
両端はすでに撤去され使われていません。
小山駅方では残念ながら線路はつながっていません

どうでもいいけど
私はこの「常総線」という名前が、どうしても馴染めないのですけど
私鉄らしくない名前なんですよね。。。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

これは興味深い、ちょっと見たかったかも~。
本当、線路は繋がっていて意味を為すものだと考えさせられます。

No title

四年間で、たった2輌なら、接続線の維持費を考えると、トレーラーで運んだほうがコストが低かったしませんかね(^^;;
それはともかく、簡易ヘッドマーク、パソコンで簡単にできる時代だからですね。昔のように看板屋に出すなら、ありえないでしょうから。。。

No title

ほどすかさん
さすが、
線路の面白さがよく分かっていらっしゃる!(笑)

No title

ガンモさん
「接続線」という言葉はいいですねぇ
今後はこの言葉を使いましょう、うんうん

え?コスト無視の接続線が大好きですぅ(爆)

No title

関東鉄道が非電化なのは、何か理由があると聞いた事があるのですが・・・。

No title

> なおさん
地磁気研究所とかいうのがあるとか…
その記事はどこかに書いたので探してみます
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR