fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

0

パラオ旅行記4、ジェリーフィッシュレイクでクラゲと一緒に泳ぎます~

パラオ旅行記

5日間ですが
パラオ滞在は実質3日間
そのうち初日2日目はオプショナルツアー付き
初日:ロックアイランドツアー
2日目:(トロッコ線路と)ガラツマオの滝トレッキングツアー

3日目の分は
事前に奥さんが別の現地旅行会社にインターネットで申し込んでいました


スペシャルロックアイランドツアー!


スペシャルなんです(笑)

海辺の高級ホテルまで送迎されて
そこからツアー毎に乗り込みます


こちらのツアー会社も客は日本人だけ
パラオの中心からかなり離れた
ペリリュー島という島に行くツアーもあります
ここは太平洋戦争の激戦地のひとつ

イメージ 1

もちろんツアー参加者は日本人だけ
着物姿でこんな小型ボートに!
演歌歌手が慰問に行くのかしら?(殴)

イメージ 2

私たちのツアーボートも
パラオ諸島を疾走、波しぶきがスゴイ


最初は
初日に来ているミルキーウェイ
また同じ場所です

もうやり方が分かっているので
熟練者です(苦笑)

ツアーの商品編成に難があって
同じものが入ってきてしまうのです(泣)


その次は
ジェリーフィッシュレイク

とある島の桟橋について

イメージ 3

ここからちょっと山歩き
ライフジャケット付けてシュノーケルの道具を背負います


山の中の小さな湖に降りて

イメージ 4

ここでシュノーケル着用
背泳ぎでどんどん奥に泳いでいって


そこで
湖の中を見てみると

イメージ 5

ジェリーフィッシュ(たこくらげ)の大群

イメージ 6

狭い湖に百万匹くらいいるそうです

イメージ 7

ここのクラゲは無害で
触ってもOKなのがウリ
(じゃなかったらわざわざ見に来ないですよね、笑)

イメージ 8

ほんとにほんとに不思議な世界
これはパラオでないと見られない(らしい)絶景

(ちなみに初日参加のロックアイランドツーでは、ここの桟橋まで来るのに、ジェリーフィッシュレイクには行かずに近場でシュノーケルなんです。なんでこんなバカなツアー構成になっているのやら?怒)



次はロングビーチ

オモカン島という場所まで行くと
ロングビーチ
白い長い長い砂州が出現することで有名

イメージ 9

お弁当食べて
真っ先にビーチへ

イメージ 10

ここでは
ジャンプして写真を撮るのがお約束らしいので
何度
撮らされたことか(苦笑)

イメージ 11

向こうの島は
おじさん島というそうです
こういう体型になってはイケナイ(汗)


この次は
今回の旅で一番最南端になる
ジャーマンチャネル

名前のとおり
ドイツ人が掘削した海峡

ここが有名なのは
マンタがこの海峡を通ることが多く、見られるチャンスがあるかも!ということ

イメージ 12

でも
ボートは海峡の途中まで行ってUターン
マンタの海まで行かないの?(泣)

マンタ見られませんでした・・・


次は最後の有名シュノーケリングスポット
ひょっとして
まさか一昨日のツアーと同じ場所では?


まさかでした(笑)

こんなに島がたくさんあって
キレイな砂浜も入り江もたくさんあるのに

どうしてスポットが決まっているの?(泣)


もう
熟練者ですから

イメージ 13

ナポレオンフィッシュと一緒に泳いじゃうし

イメージ 14

奥さんは
ぶくぶく深く潜り始めちゃうし
(プールじゃないんだよ、笑)


これで
最終日のツアーおしまい

ホテルへの帰路送迎の時
最後の2人となったので
ツアー会社の運転手さんが
わざわざ途中のハンバーガーショップに立ち寄ってくれました

おかげで最終日の夕食確保

パラオ松島が見えるホテルに戻って
当初の予定ではこれであとは帰るだけだったのですが、


奥さんが
夜の海に行きたいと言い出して・・・

まだ続く!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR