fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

4

パラオ旅行記5、ナイトカヌー&シュノーケリング(真っ暗な夜の海で泳ぐ!究極の自己責任ツアー!)

パラオ旅行記(まだ終わっていない、汗)

3泊5日、
実質3日間は現地ツアー三昧が終わった後、

3日目
その日の深夜にチェックアウトなのですが

その日の朝に
新たな現地ツアーを申し込んでしまいました(笑)

ナイトカヌー&シュノーケリング

前日夕方にホテル近くの海まで歩いたとき
カヌーを見てしまった奥さんが、どうしてもやりたいと・・・

ホテルのロビーにガイドブックが置いてあって(もちろん日本語)
それをもとに
さらに親切なホテルのお姉さんに聞いて
わざわざツアー会社に電話して予約してもらいました

でも
電話を代わってもらうと
相手は日本人でした(笑)


パラオプランテーションリゾートという最高級ホテルが運営しているツアー

でも
ウチのエコノミーなホテルでも、ちゃんと送迎してくれます(笑)

20:00
もう周囲は真っ暗

イメージ 1

超高級ホテルにはボート乗り場が併設されているんですね

今回は二人きりに現地ガイドさん一人(日本語じゃない)
ライフジャケットに
懐中電灯を渡されます

カヌー(二人乗り)に乗って
パドルを渡されて、

いきなり漕げと?(笑)

カヌー経験は
これまで4回くらいかなぁ?
いずれも昼間
乗る前に、ちょっとパドルの使い方くらい説明があるのですが
そんなもの一切なし

真っ暗な海を
ガイドが先行して
いきなりついて来い、と(笑)

奥さんが前で、私が後ろ

ガイドが付けている懐中電灯の灯だけが頼り

はじめは
狭い水路です
周囲はマングローブ林

そして
広い海に出ます

といっても
ここはパラオ松島
周囲は島に囲われているので
まったく波はありません

島の近くまで漕ぐと
ガイドが海底を照らします

イメージ 2

船のハッチ(?)
日本海軍の沈没船だそうです

海底にはこんなのが
ゴロゴロしているのかな
(近くにゼロ戦もいるらしいんですよね)


対岸近くに
桟橋があって、上陸
ここからシュノーケル開始


真っ暗
本当に真っ暗(新月)

これまた特に説明もなく

夜の海にドボン!

イメージ 3

夜の海中
懐中電灯の灯が海の中をまっすぐ照らします

サカナはほとんど見られませんが
藻が生えているのがくっきりと

ガイドさんが
養殖されているシャコ貝を見せてくれました


夜光虫
きれいな海に住んでいるバクテリアみたいなもの?
泳いでいると
自分の手足から
青い光が発生していきます


ずいぶん長い時間
二人きりで夜の海を潜っていました

懐中電灯は付けたり消したり

消すと
お互いにどこにいるのか全く分かりません

パラオ松島の中とはいえ
ちゃんとした海の中なんです
軍艦まで沈んでいる(汗)

なんて
スリリングな自己責任ツアー!(爆)


ホテル船着場に戻ります。約2時間
ツアー料金50ドル×二人

昼間のツアーは100ドル以上します
これはかなりお買い得、お勧めです

(ナイトツアーの時、防水デジカメのシャッターが不調でビデオ撮影のみが出来ました。
 でも帰国後は自然と?直ったみたいで良かった)


さて
ウチのホテルに戻ります
帰りの飛行機は翌日未明

空港への送迎バスは23:25

最終日は出発まで部屋を使えるプランにしてあります
一人3,000円追加(実質延泊です、痛)

街中だったら
部屋なんか使わないでその時間まで遊んでいられるのですが
このパラオでは全く無理ですね
街も
町もない(苦笑)


深夜
02:10発の飛行機
またグアム経由
今度の乗り換え時間は2時間

成田空港着9:45
少し早着したみたいですね
おかげで自宅に12時前に到着(もちろん京成の無料特急)

なんと
勤勉な私は
この日の年休を午前休暇に切り替えて
午後は仕事の海に出勤したのでありました

ぶくぶく・・・

(完)

あと目次を作っておきましょ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

夜の海は魔物が出るので怖いですぅ

No title

夢之介さん
海中に潜っちゃえば大丈夫ですぅ~

No title

髪の長い女の人に足を引っ張られませんでしたか・・・(^^;)

No title

あおさん
最近のゲゲゲの鬼太郎を見ていないので、その辺のことはよく分からず(汗)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR