fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

5

線路巡礼1989:片上鉄道(片上駅→柵原駅)、さらにバスで津山駅へ

1989年
山陽山陰の旅

まずは同和鉱業片上鉄道

イメージ 1


5年前に巡礼しているのですが
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/35662246.html
また来てしまいました

イメージ 2

姫路駅から
赤穂線の西片上駅に到着
そこから徒歩4分
片上鉄道の片上駅に着きます
(特に乗換駅ではなかったみたい)

イメージ 3

片上駅を出ると
すぐに鉄橋(吉井川?)でした

イメージ 4

駅構内
この前年に貨物扱いは廃止
貨物主体の鉄道ですから、すでに瀕死の状態でした

イメージ 5

駅の終端側
たくさん停まっていた貨物はもう居ません(泣)


片上駅11:47→柵原駅12:35


イメージ 6

和気駅で山陽本線と接続

イメージ 7

すでに貨物扱いは廃止でも
まだ線路はちゃんとつながっていました

イメージ 8

ここで
上り列車と交換
山陽本線の乗換駅ですけど、何とものどかな光景


片上鉄道は
終点の柵原鉱山から瀬戸内海の片上港までの鉱石輸送を目的とした鉄道

イメージ 9

線路は
吉井川に沿って北上します
この川がまた良かったです


イメージ 10

終着の柵原駅
5年前にはあった構内の貨物扱いはすでになし
線路も少し整理されてしまっていました(泣)


今回は、
終着駅から、さらに先まで行ってみよう計画

柵原12:47→津山駅13:20(中鉄バス)

このバスは
ひとつ手前の吉ヶ原駅発でした
当初の予定ではそこで列車を降りて駅前からバスに乗る予定だったのですが
やっぱり柵原駅まで行ってしまいました(汗)

柵原の津山行バス停は
柵原駅前から少し離れています

おかげで
バス停まで走りました
間に合ってよかった

イメージ 11

津山行きのバスを利用することで
行き止まりの片上鉄道の線路が
中国地方縦断線路の一部になりました
(この区間の新線計画はなかったみたいですけどね、汗)




津山駅で時間があったので
津山城を見学

石垣がものすごく立派

ちなみに
ここが名作時代劇「斬り抜ける」の舞台であることも現地の説明看板で判明しました(大収穫)


姫新線、芸備線を乗り継いで中国山脈のど真ん中を西へ

途中、
芸備線東城駅17:43着で列車はオシマイ(早!)

紅葉シーズンで宿はどこも満室

でも小さな駅前旅館に泊ることが出来ました

なんと
お風呂が「薪」だったのです

これには大感激♪

写真を整理しながら
当時の無計画な線路巡礼一人旅を思い出して楽しんでおります(続く)



◇線路メモ
同和鉱業片上鉄道、片上駅~柵原駅33.8km
1988年貨物取扱廃止
1991年6月30日廃止

もし津山駅まで延長していたら?(殴)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

片上鉄道には何度もチャンスがありながら未乗。そのうち廃止されてしまいました。後年、跡地をちょっと巡りましたが、悲しかったですねぇ。。
和泉雅子も「斬り抜ける」の頃は綺麗だったけどなぁ(こちらも悲し)

No title

和気駅で片上鉄道の車両は何度か見ましたが、結局乗らないまま廃止に、往時を偲ぶ、片上鉄道の展示運転のディーゼルカーには乗りましたが、やっぱり全線乗りたかったです。うらやましいです~

No title

はなゴンさん
いつの世にも理不尽な頸木が人を苛む…
斬り抜けるを見ていたのですか!(さすが!)
宮脇俊三被害者友の会に続き、
斬り抜けるファンクラブを作りましょう!(爆)

No title

あおさん
同和鉱業は東(小坂)も西(片上)も大好きな線路でしたので、両方とも2回乗りに行きました
私も見たのに乗らなかった別府鉄道が無念です…

お前の腐った頭を殴ってもだめ
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR