fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

6

アンコールワット旅行記3、トムは広くて楽しいです。パプ~オン♪

アンコールワット旅行記

アンコールトムの続き
この遺跡は広いのですが
見どころは中心部に集中しています

バイヨン♪の後は
歩いて見て回れます
トゥクトゥク運転士と相談
少し離れた場所で待ち合わせ
(また時間は決めず、好きなだけ、笑)

ぱぷ~おん(ガイドブックにはバプーオンと書いてあるけど)

なんてカワイイ名前の寺院遺跡
「隠し子」という意味だそうです。ふ~ん

イメージ 1

有名なのは
空中回廊と呼ばれる、この長い参道

初日はまっすぐ歩いてその先に進んでしまったので
ここも
翌々日にも再訪して

イメージ 15

空中回廊の真横から観察

イメージ 16

下を歩けるのも面白い
意外とこういうタイプの構築物(遺跡)は他の国では見かけないかも?
バイヨンの「お顔」も珍しいですけどね(笑)

イメージ 2

ぱぷ~おん寺院

イメージ 3

第一回廊を入ると
作りかけの礎石の列?こういうのイスラム系の遺跡も多いですね

イメージ 4

上に登って
空中回廊を見下ろします


次は
寺院の裏側に出て
何も残っていない王宮の跡

ピミアナカスという
見た目がピラミッド型の寺院だけ残っています

イメージ 5

ここは登るの大変そう

イメージ 6

だけどよじ登ります
(ここの階段に比べたらアンコールワットの第三回廊の階段なんか笑止)

イメージ 7

この国の遺跡には
どこに登っても
こんな感じの「線香」台があります。チ~ン


次は
ライ王のテラスなんですが

西洋人観光客たちの後ろを付いていったら
なんか変なところに出てしまいました

迷子~

イメージ 8

でも
せっかくですから目の前の遺跡寺院を鑑賞

イメージ 9

プリアパリライ寺院(帰国後調べた)
アンコールトムの定番観光ルートからは外れていますが
根っこはいい感じ


なんとか戻って

イメージ 10

象のテラスの上に出ました

イメージ 11

これは分かりやすい
象の鼻の下は「鼻水」じゃなくて「蓮の花」なんだって(笑)

イメージ 12

ここに隣接して
ライ王のテラス
この人が「ライ病」の王さま、だからだそうです
(病名をネーミングに使うセンスを疑いますけど)

テラスの周囲には
壁が二重になっていて
外から見えない無駄な彫刻がビッシリ


このテラスゾーン
翌々日に
少し離れて見てみると

イメージ 17

すごい
象の行進!
これってあそこを歩くだけじゃ気が付きませんよ

さて
アンコールトムを出ます

出口は東側
トゥクトゥクで進んで(これもかなり離れています)

イメージ 13

勝利の門
またも「お顔」!

ここは入口の南大門ほど混んでいません

そこで
またも登頂

ここで西洋人観光客がやってきて
私にカメラを手渡して
さっさと
壁を歩いて「お顔」の前に行って
写真撮ってくれと

かなり厚かましいけど
ここ、ちょっと怖いのに

イメージ 14

こちらは
へっぴり腰で
恐る恐る「お顔」まで(汗)
とにかく
登れるところには登らないと気が済まないモノ好き夫婦でした~


これにて
初日と
翌々日にも一部再訪した
アンコールトムはオシマイ

と~っても面白かったですよ

まだ続く!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

いや~素晴らしい!
行きたくなった!!!

No title

ととさん
夏は暑いから今がお勧め
ひょっとすると香港より安く上がるかも

No title

日本と違って世界遺産の遺跡にさわり放題、よじ登り放題なのがすばらしいですね。(^^)

No title

あおさん
入っちゃいけない場所以外はどこでもOKな感じです
どこかに地雷注意の看板もあるらしいのですが(汗)

No title

こんにちは。

アンコール遺跡群、懐かしくて見入っていました!
以前乾期の一月に行きました^^;
行って良かったと思える素晴らしい遺跡群でした(^0^)/

No title

わくわくさん
お久しぶりです
5日間(実質3日間)で十分楽しめますね!
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR