fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

8

1985年夏、特急「白鳥」に乗りました。東日本をグルグルしました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

1985年夏、未だ乗っていない北陸鉄道小松線、金名線、国鉄矢島線が廃止間近のようです。
また、国鉄民営分割が避けられない状況になりつつあり、長距離列車の行く末が案じられます。
昼間最長距離特急「白鳥」にも乗っておきたい!。
急行「たかやま」も面白そうです。

そんな欲求を満たすため?、東日本を左回りにグルグルと2回もマワる、大旅行となりました。

東京→仙台→石越→羽後本荘→青森→大阪→飛騨古川→富山→高岡→金沢→米原→東京

という、訳の分からぬ、8月24日~28日の4泊5日の旅。
行く先々で、コツコツと線路巡礼を続けました。

今回の初乗車路線と楽しい列車。
栗原電鉄、急行もがみ(仙台→羽後本荘)、矢島線、特急白鳥(青森→大阪)、急行たかやま(大阪→飛騨古川)、加越能鉄道万葉線、北陸鉄道金名線、同小松線、福井鉄道
(それぞれの路線の線路巡礼の話は、別の記事で詳しく紹介予定)

栗原電鉄は未だ鉱石貨物輸送が現存の時。
国鉄線と意地らしく線路がつながっていました。

金名線は加賀一の宮~白山下が、途中の橋の老朽化により代行バス輸送でした。
廃止目前ということで、乗りに行きました。

----

今回の目玉、特急「白鳥」。

青森4:50発。すごく朝早いのです。
これに乗るために青森に前泊しました。
函館からの青函連絡船が4:00に着きます。
この前に駅に行った方がいいと思い、超早朝3:50に青森駅に行きます。
ホテルに何時間いたのかな?
やっぱり空いてる~、と思っていたら、連絡船が着くと一瞬で満席となりました。立ち客あり。
早めに来て良かったぁ。
なにせ大阪まで13時間以上も乗るのですから(笑)

新潟で進行方向が変わります。
今まで海側だったのが、山側になっちゃう~。
でも、とても席は替われません。
だって、満席なんです!
これが大阪駅着18:12まで続きました。

イイですよね~、白鳥さん。
超長距離列車です。
東京者にはちょっと利用しずらい列車ですが(笑)

白鳥さん。この後しばらく生き延びましたが・・・、結局廃止されてしまいました。

その直前、今度は大阪→青森に乗り、別れを惜しみました。

乗車時間13時間以上!あのバカバカしさは、絶対に忘れません!。

----

写真1、2:早朝の青森駅の「白鳥」。当時は自分も写っているのでカット(笑)。
写真3:石越駅。線路が美しくつながっています(ホレボレ♪)、今は見られません。
写真4:白山下駅の代行バス。「電車」という文字が泣かせます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

特急「白鳥」、私も大阪→青森に乗って、とても愛着がありました。飛行機でひとっ飛びのところ、13時間も座りっ放し。その不自由さ、単なる移動手段でない道中が、楽しんで疲れることの出来る貴重な列車だったように思います。

No title

私は白鳥は1986年3月に乗りました。北海道旅行からの帰りの青森~新潟間でした。海沿いを走って感動した記憶があります。3枚目に写っているお姉さん2人とても気になります。笑ってるのかな、写真を撮られると思って顔を隠したのかな。

No title

JFKさん。それなりの需要もあった、本当の鉄道らしい長距離特急列車だったみたいです。大阪に住んでいたら、もっと乗車の機会があったと思います。ちょっと残念。

No title

mikanさん。当時は何故か記念に自分を入れて撮影しているのです。もったいない(笑)。たぶん、女性3人組の一人に撮影を依頼したんじゃないかな・・・?。うーん、全く覚えていません。

No title

白鳥デビュー当時は一番早い移動手段だったんでしょうけどね。でも早朝から夕方まで乗車って凄いなぁ~。あの手は心霊現象ではなくてLUNさんの手なんですね。(笑)私も女性が激しく気になりましたです!貨車と線路の写真、何度見てもイイですね~♪

No title

私は何かのときに弘前までの一区間だけ乗りました。昼間13時間も黙って座りつづけるなんて、今の世の中ではなかなか受け入れられるものではありませんよね。

No title

あきらっちさん。車窓から外を眺める旅、が私の基本です。だから昼間なら何時間乗っていても全く平気。今でも(笑)。皆さんやっぱり女性に目が行くんですね~?

No title

かめこくさん。この超長距離電車、意外と人気だったみたいですよ。大阪から東北北海道に行くには、多少(?)苦痛でも安くて便利だったのではないでしょうか。もちろん、私は楽しいから乗るのですけど(笑)。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR