fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

14

北海道2日目:お花三昧とトロッコ三昧の始まり、美瑛丘の町サイクリング付き!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

寝台列車個室三昧の旅。

今回は「北斗星3号」B寝台ソロ×2でございます。

----

日付は、6月30日となりました。
盛岡駅付近で寝た?と思います。

ガクン!という振動で起こされます(本当に終始ヘタクソな運転でした)。

おや?、外が明るいです。
おまけに、周囲に貨物ヤードがあります。
あれ?、もう北海道に上陸?
函館に6:30頃に着く以外、何時にどこを通過するのか、恥ずかしながら全く頭に入っていません(泣)。

時間はまだ4:30でした。
明るくなるのが、予想以上に早いのです。
ここは青森駅手前の信号所です。ここから奥羽本線短絡線に入るのです♪
この区間を昼間(?)、乗車できるのは、たぶん初めて。感動です。
青森駅に立ち寄らず、列車は短絡線を通って、直接津軽線に入って行きます。

函館駅6:34到着。
ずいぶん迷ったのですが、ここで北斗星を見捨てて、スーパー北斗1号に乗り換えます。
だって、札幌駅到着が1時間も違うのです(実乗車時間は1時間30分も違う)。
おまけに、両側の大きな窓から車窓を楽しむことができる方がイイです。
(個室も捨てがたいんですけど、ソロに二人いるのはキツイ(笑))。

スーパー北斗は、八雲駅で北斗星3号を追い抜きます。
特急が特急を抜くわけですね。
面白いのは、北斗星がこの駅では乗降扱いしないことです。
抜くほうはちゃんと停まるのに、抜かれる方は運転停止のみ。
普通、逆でしょう(笑)。
抜かれるのは仕方ないとして、せめて乗り換えできるようにすればいいのに。
こんなバカなことやっているから、寝台特急の人気が下降するんだよなぁ~(悲)。

札幌、旭川で乗り換えて、美瑛駅12:57着。
ここから、「富良野・美瑛ノロッコ3号」の旅が始まります。
トロッコ三昧第1弾!

車窓は素晴らしかったです。
左手に十勝岳がハッキリと見え、おまけに噴煙まで上げています。
美瑛の丘の風景も拝めます。
被写体として有名な、美馬牛の小学校の「塔」も見えました。
ノロッコ列車はビューポイント?で、ゆっくり走ってくれます。

(臨)ラベンダー畑駅で下車。

お花三昧の始まりです。
有名なファーム富田へ行きます。歩いて5分。
でもね、肝心のラベンダーは、未だ蕾なの。
平年だと、早咲き種が咲いているハズなんですけど・・・

それでも十分楽しめました。
薄っすらと青い蕾のラベンダーも、また、オツなものです。
このファーム富田。無料なんです。エライなぁ。
団体バスの観光客で混んでいるのは閉口しますが、許します(笑)
大勢の従業員を雇っています。たぶん、富良野では有数の大企業ではないでしょうか?
担いで歩いていた重たい荷物も「無料で」預かってもらえました。
おかげで、ファームを出て、隣駅の中富良野まで散歩をすることができました。
ラベンダーアイス買ったから、許してね。

ウチの奥さんが、ノロッコ号に全部乗ってみたいというので(意外と、好きだねぇ)、次のノロッコ5号で富良野駅へ。
折り返しノロッコ6号で美瑛駅までもどります。
美瑛~富良野をノロッコ号で往復してしまいました。
ノロッコ号の車内ガイドさんと、もう顔見知りです(笑)。
車内限定発売?の富良野ビールで乾杯です。

美瑛駅前のラヴィニールという町営ホテルが今晩の宿です、17:30チェックイン。

未だ明るいので、自転車を借りることにしました。
今回、自転車を1晩借りることが出来たことが、この先の行程をさらに楽しくしてくれました。
(朝借りようとしても、営業時間がどの店も遅いんです)

美瑛には、二つの主な観光コースがあります。
今日は、○○の木で有名な、パッチワークの路に行って見ましょう(もう17:45だよ!)

有名な丘の町、ウワサに違わず、坂がキツイです。
ケンとメリーの木
親子の木
セブンスターの木
名もない、カッコイイ木
丘の風景(畑)も見事です。

せっせと自転車をこぎながら見学。
夕方は涼しくて気持ちいいです。
排気ガスのレンタカーなんかに、負けないぞ!

でも、あんまり欲張らないで、暗くなる前に帰らないとイケマセン。

帰路についたとたん、今日一番スゴイものが見えました。
美瑛の夕焼けです。
写真ではイマイチ分からないかもしれませんが、本当にまっ赤でした。
しばらく、立ちすくんでしまいました・・・。

夕食は、美瑛名物のオムライスカレーを食べました。
これも、大満足です。

函館駅で北斗星3号を見捨てたおかげで、富良野・美瑛に早く着くことが出来、今夕にサイクリングと夕焼けまで楽しめました。
結果としては、正解かな?


写真1:旭川駅、富良野線ホームは遠い!(でも、高架工事中なので近々なくなりますよ)
写真2:ファーム富田から臨ラベンダー畑駅を眺めます。この構図、よく見ますよね。
写真3:ちょっと、ラベンダーも色をつけています。
写真4:親子の木
写真5:自転車~、正面は噴煙をあげる十勝岳
写真6:美瑛のまっ赤な夕焼け

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

いよいよ、富良野線沿線はラベンダーが咲き乱れる季節になりましたか~。旭川駅では富良野線ホームが妙に離れていますよね。

No title

あああ~美瑛ですか、うらやましい~。それに丘を自転車めぐりなんて・・・。アジサイの京都より、はるかにいいです~。美瑛のまっ赤な夕焼け・・・これだけでも北海道に来た甲斐がありますね。

No title

こんな素適な写真を見せられると北海道に戻りたくなってしまいます。北斗星3号は、横浜出張の帰りにいつも利用してた列車。同僚と福島辺りまでロビーカーで宴会。函館に着いたら一度自宅に戻って朝飯だけ食べてすぐ出勤なんていう勤務でした。

No title

おおお、でっかいどー(*^^*)。ところで、今回は是正工事が完了した東横インぢゃなかったんですね(^^;。

No title

良いですね!奥さんも喜んだでしょうね!

No title

うのすまいさん。旭川駅は高架工事が進捗中です。妙に離れた富良野線ホームももうすぐ見納めですよ。きれいにY字になっています・・・

No title

mikanさん。出張で京都も捨てがたいですよ~(笑)。涼しいから北海道の勝ち?

No title

softmaschineさん、北海道出身なんですか?勝手に濱っ子かとばかり思っていました(笑)。ロビーカー宴会はいいですよね(あんまりさわいじゃイケナイ)

No title

ガンモさん。実は旭川東横インと、どちらに泊まるか直前まで悩みました。結果として自転車が1泊借りられたから、美瑛宿泊は大当たりでした(笑)。

No title

ja8190さん。私も喜んでます(笑)。意外とトロッコ列車が受けました。

No title

1991年1月から3年間、函館に住んでいただけの事で浜っ子ですよ~。ちなみに次女は、函館生まれです。函館に住んでいた時は、3~5年で神奈川に戻ると分かっていたから休日の度に道南を中心に出掛けてました。

No title

そうですか~、旭川も高架化されてしまうんですね。良いような気がする反面、少し寂しいような気もします。

No title

夕焼けの写真、本当にきれいですね。私は若い時札幌市に1年住んでて、夕焼けがいつも本当にきれいで感動してました。雲もぽっかりとしててきれいでした。

No title

たきさん。北海道の夕焼けを美瑛と釧路で見たのですが、どちらも本当にきれいでした。写真より実物は数段、赤かったです。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR