fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

10

中国の旅3、パンダと記念撮影!、予想以上にキャワイイです♪ちょっと夢中♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

中国の旅その3、パンダと記念撮影!

昨夜、九寨溝空港からの飛行機は、何故か予定時間より早く成都空港に着陸。
そもそも離陸時間が予定より早いのです。
こんなのアリ?
おかげで、早くホテルに着けそうですけど。

中国の飛行機のいい加減さは、実はこんなものではありません。
それは、次回のお話。

成都空港から一路、成都市内へ。
でかい街のなかを、立派な高速道路をひたすら走ります。
街中は、英語と漢字のネオンがあふれています。
これじゃ東京の街中と同じですね。中国人もいっぱいいるし(笑)。

ホテル到着。
残念なことに、22:00を過ぎてしまいました。
近くにあった、デパートらしきもののネオンも消灯。
本当は街中の散歩をしたいのですが、ちょいと疲れているので・・・。爆睡。

9月17日(5日目、最終日のハズ?)
早朝、出発前にホテルの周囲を散歩。
中国名物の自転車通勤を見学しました。

いやぁ。いっぱいいました。
意外と、お行儀いいみたい。

それより、アシスト付き自転車が多いのです。驚きです。
この成都市内は平らな盆地なので坂は全くありません。
それでも、アシスト付きの方が多いくらい。
私だって、そんなもの乗ったことありません。生意気!(笑)

交差点の信号機には、自転車用の表示が必ず付いていて、これの車輪のマークがクルクル廻ってカワイイです。


ツアーバスは、最後の訪問地、成都パンダセンターへ向かいます。

今回のツアー。
九寨溝と黄龍の散策がメインで、他はどうでも良かったのですが、奥さんはここを大変楽しみにしていました。
現地で追加料金が必要ですが、パンダを抱ける!のです。
もっとも、事前に調べると、抱けるのは子供パンダで、中型パンダは一緒に写真を撮れるだけ。
それに、中型パンダは200元、子供パンダは1000元もするのです!(1元=15円)。
今回は中型で我慢しましょう。

このツアーは、別料金でパンダと写真が撮れますけど。
ツアーによっては、見るだけ!というセコイのもあるみたいです。
時間がないと、撮影できないということでしょうか。

小雨が降ってきました。ちょっと残念。

パンダセンター到着。
正式には、成都大熊猫繁育研究基地、という仰々しい名前。
入り口をくぐり、竹やぶに囲われた道を延々と歩くと。

いました!
パンダが3頭、笹を食べています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488719/img_1488719_41860830_0?-1


これは中型パンダかな。
キゃわいいです。
たいして興味のなかった私まで、大興奮(笑)。
ちょうど、雨も止んでおり、写真・ビデオ撮り放題です。

次は、ウチの奥さんお待ちかね、
パンダと一緒に写真を撮ろう、のコーナーです。
柵の中に、撮影用の中型パンダが、係員に餌をもらって、むしゃむしゃ食べながら、お客さんを待っています(笑)。

ここも人が群がっており、撮影まで並ぶのかな、と思ったら、撮影はスンナリできました。
残念ながら、一緒に写真を撮る本人しか、柵の中には入れません。
カメラマンの私は中には入らず、奥さんだけ入ります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488719/img_1488719_41860830_12?-1


係員に、奥さんのカメラを渡すと、あれこれポーズを4枚撮ってくれました。
なかなか、撮影テクニックのある係員だったみたいです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488719/img_1488719_41860830_13?-1


これは私が外から撮影したもの。

ウチの奥さん、大満足です。
パンダの毛は、ゴワゴワしていたらしいです。


赤ちゃんパンダも見ることができます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488719/img_1488719_41860830_8?-1


この他に、保育器の中に入った、本当に生まれたばかりのパンダもいました。
もう、これはネズミと同じです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488719/img_1488719_41860830_9?-1


と、思ったら、ちゃんと白黒があるんですね。
不思議~?


ちなみに、白黒がなくて、かわいそうな奴がいました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488719/img_1488719_41860830_10?-1


でも、樹の上に寝そべっているのは珍しいです。
ナマケモノみたい。
日本人だけに人気のある、レッサーパンダ君でした。
こんな状態で、樹にたくさんぶらさがっていました。
中国人は見向きもしない(笑)。


パンダセンター、これにて終わり。
もっと、パンダ見たかったなぁ~
3匹パンダが一番かわいかったですぅ。


ちなみに、朝小雨が降って涼しかったおかげで、パンダが活き活きと動いていてくれたそうです。
暑いと、寝ちゃうそうです。
小雨が降って、良かった♪


バスに乗ると、とたんに土砂振り。
実に天気運がいいです(笑)。


さて、成都空港に向かいましょう。
これにて、旅のメニューは全て無事に終了。
あとは帰るだけ・・・。

と思ったら、大事件?発生。
まだ続く!。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

パンダって、猛獣ですよね~。よく近くに行けましたね。

No title

一枚目の写真、後姿の背中がいい味だしてます(^^)。中型パンダということで未だ子供なのでしょうか、ホントにぬいぐるみみたいですね。

No title

おーーーーパンダだ。上野動物園でぬいぐるみが歩いてる!っておどろいた記憶が…

No title

パンダ触れるってすごいですね~。貴重ですよ!

No title

mikanさん。パンダには餌を与えて注意?をそらしながら、一緒に写してもらいます。抱きつくと怒られるみたいです(笑)。

No title

ガンモさん。パンだの後姿、いいでしょ?。首と背中の区別がつきませんね(笑)。

No title

キョロチャンさん。上野動物園でランラン、カンカンに会いました?歳がわかるなぁ(笑)。

No title

たきさん。ちょっと高いのですが、やっぱり触ってみたいですよね。昔はもっと安かったらしいです。パンダ保護の貴重な財源だとか?

No title

パンダを抱きに中国に行きたい!今一番の希望ですが、家族の意見が一致せず計画なしです・・・。一人で行って来ようかな・・・と最近は大胆な事も考え始めました。

No title

milkloveさん。パンダツアーには、見るだけのもの、別途料金で写真が撮れるもの、抱ける?もの、イロイロあるみたいですぅ。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR