fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

2

ノルウェー個人旅行記5、ガイランゲンフィヨルド編、フェリーとトレッキングで大満足

ノルウェー旅行記その5
ノルウェーと言えばフィヨルド
細長い国土に5大フィヨルドをはじめ多数が点在しています
そのうちの一つ、2日前に見たソグネフィヨルドも良かったけど
今回のガイランゲンフィヨルドが本命(いちおう世界遺産)
イメージ 16

でも、こちらは交通の便があまり良くないのが難点
ベルゲンから沿岸急行船でオーレスンに到着後
インフォメーションでホテル探し、でもどこも高い
それならばと、
これから行く予定のガイランゲルのホテルについても問い合わせてみると、
日本でも有名な「ユニオンホテル」が今晩空いています。
とっても迷った挙句予約しちゃいました

ガイランゲルまでの移動はバス。
17:15発のバスに乗るつもりでしたが、
急遽15:45発Stryn行きのバスに乗ることに
このバスのルートの方がHellesyltを通るので、そこからガイランゲルまで船で移動が可能。バスは空いていました。
オーレスンは島の町
イメージ 1

なので1時間ほど走ってそのままフェリーに乗ります、トイレ休憩できました

イメージ 2

雪山が美しい
sykkylvenという町に上陸

イメージ 3

ここまで沿岸急行船で貰ったパンフレットに付いていた地図が非常に役に立つ
この先はまさにフィヨルドの世界
strandaという町でまたフェリーに乗るかと思ったら、そのまま長い長いトンネルに入ります。
トンネルを抜けると、いきなりガイランゲルフィヨルドが現れました!
席が反対側なので席を移動したいのだが、急カーブの連続で一気に下っているので無理。それでも一番前の特等席なんですけど(笑)
Hellesylt到着18:00。

近くの滝をちょこっと見学してから、
18:20発のフェリーでガイランゲンフィヨルドを横断します

イメージ 4

船内でコーヒーを買ってくる。
オーレスンは晴れていたが、ここは曇りで少し残念、おまけにかなり寒い。
路線バス連絡のフェリーですけど、ちゃんと観光客対応はあって、テープで各国語の観光案内アナウンスがあります。
順番は最後だけど日本語のアナウンスもあります
他の言語は女性の声なのに、なぜか日本語だけは男の声?
フィヨルド地帯の中でT字箇所に差し掛かると、ここからいよいよガイランゲンフィヨルドのハイライト

イメージ 5

船は狭い湖畔をくねくねと進み、方角が分からなくなってしまう。
途中他のフェリーとの行き違いあり。

イメージ 6

有名な「七姉妹の滝」を通過する頃、大型客船とすれ違い

イメージ 7

大型客船がそのまま入れるのがフィヨルドの特徴(それだけ水深が深い)
後で知ったのですが、大型客船にいつでも出くわすわけではないので、ラッキーだったみたい。

19:30にガイランゲルの港に到着。
ここからユニオンホテルまでバスがあるのだが20:20発。案内所も閉まっており、近くの雑貨屋でタクシーを呼んでもらった。ホテルは坂の上、10分もかからずに到着。

イメージ 8

もっと山の上の方にあるかと思ってました。

超有名なユニオンホテル
一番安い部屋を頼んでおいたので景色は期待していませんでしたが、
その通りでした(苦笑)
でもホテルのロビーからはフィヨルドが見えるのでまぁいいか
やっぱり日本人団体もいました。ホテルのレストランはとても高そう。

イメージ 9

館内を探検してペントハウスのような部屋を発見、誰もいない
その部屋を勝手に貸切って、ベルゲンで買っておいた食材で楽しい夕食
ホテルの周囲も散策してみたけど滝が見えるくらいで意外とイマイチ
このホテル、日本で予約すると安くても34,500円です
これを930Nok(18,000円くらい)で泊まれたから良しとしましょう
勝手に貸切ペントハウスも楽しかったし(笑)

翌日、
とても良い天気

イメージ 10

ホテルの朝食は窓際席でいただきます(予約席だったみいだけど無視)
お昼用のサンドイッチもたくさん作ります
物価が高いので死活問題
ここから先のバスは13:00発なので、
フロントで貰った簡単な地図を手に
午前中はガイランゲントレッキング開始

ホテル前の道をどんどん登って行くと眼下にフィヨルドが見えてきます
車道から山道に入ります
ここまでフロントで聞いた所要時間より倍以上かかっています、迷った?

それでも進むと道が二手に分かれ、下の道を進むと行き止まり
ここまでかなと思いましたが、奥さんが行きたがるので、戻って上の道を進みます
今度は途中に柵、閉まっています。矢印があったので開けて前進、羊の柵みたい

途中、もはやこれまでと何度も諦めかけましたが、
ようやくフィヨルドが一望できる頂きに到着!
イメージ 11

素晴らしい景観
ここからオンダルスネスに向かう、いろは坂みたいな道も見えます。

イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14

ここまで登って来るのがタイヘンだったので感動もひとしお

ホテルへの帰りはもう気が楽です

イメージ 15

遠くに雪山、花も咲き、まるでスイスのトレッキングコースみたい。

ホテルのチェックアウト12:00までには戻り、
ロビーでフィヨルドを見ながらくつろぎます

ガイランゲンフィヨルド、最高です~
究極のフィヨルドの次は
至高のU字谷です
オンダルネスまでのゴールデンルート編に続きます

おまけ
イメージ 17

これがユニオンホテル(最新の地球の歩き方から抜粋)
泊まれて良かった
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは
大変だったみたいですが、上の方から見るフィヨルドは青くて美しいですね。何か奥様の方がイケイケ?のようですね。

No title

> tomさん
海外旅行大好きです
19年前の話ですけど(笑)
行動力はこの時が全盛期だった気がします(苦笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR