fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

2

ノルウェー個人旅行記7、北極圏行き寝台列車編、ノルウェーでも線路巡礼♪

ノルウェー旅行記7
この日はオンダルスネスから列車を途中2回も乗り換えて、
一気に北極圏のボードーを目指します。
イメージ 23


その前に
線路巡礼:オンダルスネス駅
この前日にバスで着いたときに線路をじっくり観察
イメージ 1

港まで線路がのびています
イメージ 2

美しい雪山と海と線路
イメージ 4

この線路良すぎます、絶景
イメージ 3

これがオンダルスネス駅

そして翌日
まず最初の9:05発の列車
指定席ですが車内はガラガラ
オンダルスネス~ドンボス
イメージ 5

「何とかトロル」という絶景が車窓から見えてきます
イメージ 6

この路線区間もトーマスクック編集部推薦車窓ベスト10に入っています
イメージ 7

列車旅は楽しいですね♪
滝を左右に見ながらドンボス駅に到着、ここで乗換

ドンボス駅
イメージ 8

これが乗って来た列車かしら
荷物列車がいいですねぇ
イメージ 9

この駅で2方向に分岐します
恐らく
左のトンネルがここまで来たオンダルスネス方面
右のトンネルはこの先のトロンハイム方面
イメージ 10

転車台もありました

乗換時間があるので、
駅を出て坂を下りて徒歩10分位の町の中へ
土産物屋が多数、アイスクリームとケーキを購入。

次の12:19発の列車も何とか座れました。
今度はオスロから乗ったのと同じハイグレードタイプの列車

トロンハイム駅到着14:53。
次は夜行列車ですから、夜まで市内観光

トロンハイムはノルウェー第3の街、有名な古都です
駅のコインロッカーに荷物を預けます
曇天なのが残念ですが、時間はあるので、
とりあえず一番有名なニーダロス大寺院へ
イメージ 11

ところがここは15:00閉館でした(泣)
イメージ 12

周囲を見学して王宮まで歩きます
たるんだ衛兵さんがいました(笑)
人が集まってきたので衛兵の交替儀式でもあるのかと期待しましたが、
たるんだ衛兵さんにそんなサービスなし(苦笑)

イメージ 13

水の都みたいですね

イメージ 14

跳ね橋を渡って、山を登り、クリスチャン要塞へ
城塞跡では大砲が周囲を威嚇していて物々しい
イメージ 15

フィヨルドの海も見えます
曇天でぱっとしませんが、ここから眺める街の景色はいいです
イメージ 16

なんかマカオみたい

イメージ 17

坂を下りる途中、自転車専用の昇降マシンがありました
ペダルに足を引っ掛けて上がってこれます、面白い

雨が降ってきたのでスーパーに避難
土産物を探すけどクレジットカードが使えないことが判明
街の見どころは見終わったので、引き続き別のスーパーを探しますが、どこもカードが使えません(汗)
夕食は倉庫群の近くのピザ屋さん。

イメージ 25

(当時のトーマスクック時刻表より)
23:10発のボードー行き寝台夜行列車に乗ります
この列車の指定席はオスロに着いた日に予約しておきました
イメージ 18

こんな座席
顔を隠すカーテンが閉まります
席の向きが進行方向と逆なのがちょっと残念だけど、よく寝れました

寝台列車の朝
さっそく食堂車へ
一人50Nokでバイキング形式。ここはカードが使えました。
イメージ 19

この食堂車で、列車が北極圏に入るまで粘ります。
途中、雪景色もあり。トナカイも見えるらしい。
車内アナウンスはよくわかりませんが、

イメージ 20

車窓から「北極圏マーク」がはっきりと見えました!
ついに北極圏突入!

イメージ 24

これはノルウェー国鉄のパンフレットから
この標識が車窓から見えましたよ!

座席に戻ります
イメージ 21

北極圏の海がとてもきれい。

イメージ 22

ボードー駅9:50到着
今回の旅の最北地点
観光マップをもらいに立ち寄った案内所で緊急情報
ボードー名物を見るための路線バスがすぐに出発しちゃいます
ということで
荷物を担いだままボードー観光編に出発、忙しい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ほんとは私も、ナルビクからボードー、オスロへ、そしてベルゲンへはこの列車に乗りたかったのですが、個人旅行のしんどさから沿岸急行船の団体ツアーになってしまいました。
うらやましい…。

No title

> 日本一周さん
20年前の話ですけど、
この頃は何でも出来ました(爆)
寝台が取れなかったらどうするつもりだったのでしょう?(苦笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR