fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

2

横浜トリエンナーレ2001、東ドイツのワムさんや新駅?が日本の線路に出現、巨大バッタさんも。異動の予感?

2001年9月
横浜みなとみらい地区へ

ちょうど
横浜トリエンナーレ2001(9/2-11/11)が始まった日
前衛芸術の祭典?
有料エリアには興味ありませんが
無料エリアだけでも散策してみましょう

この頃すでに
臨港の貨物線路跡はモニュメントとして整備されていました
赤レンガ倉庫手前の
旧横浜港駅ホーム跡にも
埋められた線路が残っていました

イメージ 2

その上に
なんと外国製の大きなワムさん!
これは旧東ドイツの貨物列車で
ベルリンの国境突破に失敗して銃撃の穴があいてます
というようなストーリー付きの芸術作品でした

イメージ 1

残念なのは
せっかく日本の線路の上に展示されているのに
東ドイツの貨物はその上に置かれていないこと
ホームまであったのに
軌間が違うなら
車輪をちょいと交換してくれればよかったのに

イメージ 3

ちなみに
夜はこのワムさんからレーザー照射ショーがありました
こんな感じ

イメージ 14

(公式HPから)

屋外無料作品は他にもいくつかありました
イメージ 4

赤レンガ倉庫1号館前のモニュメント
ごめんなさい
まったく意味不明です

港内クルーズの無料券を持参
当時
かなりばら撒かれていたようです

イメージ 5

出港前の甲板にて
ガラガラより
船内の売店の売り上げを増やす目的のようでしたが
もちろん何も買いませんよ(苦笑)

イメージ 6

みなとみらい地区
手前の斜面を描くスカイラインは今も健在ですが
その背後は大きく変わりました

イメージ 7

横浜ベイブリッジの下まで周回して
無料クルージングはオシマイ

横浜みなとみらい地区
この一月後
まさかここで働くようになるとは…

横浜トリエンナーレの方ですが
昼休みに散策できるようになってしまいました
でも
あまり興味なかったので
残っている写真は少なく

イメージ 8

汽車道にできた「駅」
これも芸術作品でした
ヨコハマナーラ駅(意味不明)

イメージ 9

もちろん横浜博覧会の時の臨港線の臨時駅じゃありません(苦笑)

イメージ 10

また別の日の汽車道
横浜トリエンナーレ2001の幕が掲げられています

イメージ 11

インターコンティネンタルホテルに
ロープが掛かっているのが分かります?
ここに
当トリエンナーレの目玉作品があるはずだったのですが…

こんな風に

イメージ 12

(公式HPより)

イメージ 13

巨大バッタは風に弱く
ちょっと風が吹くと展示中止だったようです

私も
期間中に1回だけ見たと思うのですが
異動後の職場の目の前だったのですけど
この年の異動の話はまた改めて

ちなみに
その後の横浜トリエンナーレですが
そもそもトリエンナーレというのは3年毎とかいう意味で
今後は3年毎に開催する予定だったはずが
諸般の事情で
次回開催は4年後の2005年となりました
私がこのブログを始めた年です
だんだんつながってきましたね(笑)

横浜トリエンナーレ2005。当ブログ黎明期の記事はこちら
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

真夏はセミ科かカブトムシでお願いします^^。

No title

> なおさん
こういうバカげたイベント大好きです~
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR