fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

4

聖地巡礼1、安息日なので鉄道はお休み!おまけにラマダン!(杉原千畝通り)

聖地巡礼の話
ようやくスタート

世界の聖地はとても遠い
直通便はありません
キャセイパシフィック航空で
香港乗換

イメージ 1

ここが聖地への入口
何て読むのでしょうか?

イメージ 2

この日
成田もそうでしたが
香港はそれ以上に超悪天候
離陸前の機内に3時間以上も待機させられてしまいます
おかげで
離陸前なのにアイスクリームが出て来ました

イメージ 3

「君の名は」を見終わってもまだ離陸しません
これは帰路にも鑑賞
2回も見ちゃいました
ちなみに
聖地巡礼には全く関係ありません(苦笑)

ようやく離陸
飛行時間11時間40分
3人席を2人で使えたので意外と快適(笑)

中央アジアを西へ
お願いだから
シリア砂漠の上空を飛ぶのは止めて

という願いが届いて

イメージ 4

おそらく
これはトルコのアララト山
ノアの箱舟が流れ着いた場所
聖地巡礼のスタートに相応しい光景
(ちなみに怪獣アントラーも近くに住んでます)

イメージ 5

地中海を迂回して
ようやく目的地へ

イメージ 6

地中海に面した国家の玄関口

ようやく到着
予定では現地時間7:40着のところ
やっぱり3時間以上遅れ
今回は諸事情により添乗員付きのツアー
これが最安値なんです
だから
着いた初日早朝からびっしりスケジュールが組まれているのですけど
果たしてどうなるのでしょうか?

イメージ 7

到着した都市は全く無視して
すぐにツアーバスで出発

イメージ 8

大きな街ですけど
車が少ない(いつもは渋滞)
鉄道も全く走っていません
ホームに人がいない

安息日
恐るべき聖地の掟
毎週金曜日日没から土曜日日没まで
働くこと一切禁止

極端な話
あらゆる動力のスイッチを押してはいけない
だから電車の運転もダメ
バスの運転もダメ
車の運転もダメ
ということで
動いているのは信心深くない人々または異教徒

聖地の国を支配する恐るべき宗教

イメージ 9

ユダヤ教

やって来たのは
イスラエル
目的地は聖地巡礼の本家本元エルサレム
三大宗教の聖地

今回は
テルアビブ→ナザレ→エルサレムと巡礼します

この先
一日が長いのですが
今回は前座として触りだけ

さて
飛行機の遅れで時間がないのに
当初の予定にない場所にしっかりと立ち寄ります

イメージ 10

ネタニア
テルアビブから少し北上した郊外の街
ここに
日本人用の観光地?があるそうです

イメージ 13

街の外れ
農道?のようなモノがあるのですが

イメージ 12

わざわざ遠回りしてバスから下車して
たったこれだけ(の道らしきモノ)

イメージ 11

CHIUNE(SENPO)SUGIHARA.st.
これが
天下に名高い「杉原千畝」を記念した
スギハラチウネ通りなんだそうです
この100mにも満たない獣道が
ちなみにこの道の先(手間)はただの空き地

ユダヤ人と日本人にしか分からない話だと思いますけど
これで客を呼ぶなんて
杉原千畝の名前が泣きますねぇ…

ちなみに
なんでこんな場所に?
彼が救ったユダヤ人のうちの数名の子孫がこの町に住んでいるから、だそうです

さて
時間がないのにこんなところに寄り道させられて

イメージ 14

高速道路で北を目指します
壁を花で飾るのがこの国の流儀のようでとてもキレイ

イメージ 15

目指すは
山越えした先
イスラエル北部のガリラヤ湖です
あのシリアとの国境近く
おまけに
この日は安息日に加えて
ラマダン(断食)の真っ最中でした、ひえ~
この先どうなる?
続きます
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ようやく行った先がわかりました!!
杉原千畝の名前は、さすがの私でも知っております^^。

No title

> なおさん
リトアニアじゃないですよ
念のため(爆)

No title

イスラエルにいかれたのですね。
いまはあのあたり、なかなかいけないと思うので、記事を楽しみにさせていただきます~

No title

> Shaneさん
昔からずっと行きにくい国だったんですが
周辺の国がもっと行きにくくなったので(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR