fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

6

イスラエル聖地巡礼旅行記11(終)、さよならエルサレム、宗教はやっぱりイヤ(笑)(オリーブ山、黄金門、主の泣かれた教会、ゲッセマネの園、万国民の教会)

イスラエル線路巡礼
じゃなくて聖地巡礼旅行記、最終回
6日間
現地たった4日間のツアー
その割には記事にすると長い
最終日は
テルアビブに向かう途中で
エルサレム西の郊外の巡礼地を見るだけ
(そのまえに私たちは早朝のトラム線路巡礼もしておきましたけど)

ツアーバスでちょいと市内を走ると
ユダヤ教徒の皆様がご出勤中

イメージ 1

現地ガイドさん曰く
まるで中世の東欧のような光景

イメージ 2

中東戦争で圧勝して以来
アラブ側の分裂もあって
イスラエルは安泰のようにみえますが
国内には
このユダヤ教問題を抱えているそうです

ユダヤ人=ユダヤ教徒ですけど
戒律の守り方によって
世俗派
正統派
超正統派
に分かれます

超正統派の方は宗教の世界に住んでいます
仕事もしない
兵役もできない
宗教の勉強だけ
生活保護の対象だけど、避妊は戒律で禁止だからどんどん増える
だけど
ユダヤ教徒の国だから仕方ない

おまけに最近
まだ救世主が現れていないので
ユダヤ人が国を作ったのは間違え
イスラエルそのものを否定する態度
これでは命を張って国を守っている方々にはタマリマセンね

超正統派のほとんどはエルサレムに住んでいるそうです
フツーの人はそれに嫌気を指して
経済の街テルアビブに住んでます

そんな
旧市街城壁の西側
谷になっていて向こう側は小高い丘陵
そこがオリーブ山

イメージ 3

この山頂からエルサレムが一望出来ます!
一昨夜から歩き回っていた場所(笑)
ちなみに手前の白い箱の行列はユダヤ教墓地

イメージ 5

神殿の丘にそびえる岩のドーム黄金
その背後に聖墳墓教会

神殿の丘に人はいません
この日も立入禁止みたい

イメージ 6

エルサレム城壁にはいくつか歴史的な門 がありますが
これは唯一使われていない東側の門
黄金門
ユダヤ教では
救世主が現れた時
この門が開かれるそうなのです

この門が開かれないと
イスラエルは国として認められません(by超正統派)

イメージ 4

この後
こちらに見える教会へ降りて行きます

イメージ 7


イメージ 8

主の泣かれた教会
屋根の四隅に載っている「涙」のモニュメントがカワイイ

ここの見ものは
内部から見た光景

イメージ 9

じゃん!
なかなか見ごたえあります

イメージ 10

こんなことすると罰が当たりそう(どちらから?)

イメージ 11

ここで説教したら気持ちいいでしょうねぇ(笑)

さらに坂を下りて

ゲッセマネの園
イエスが捕まった場所?
イメージ 13

オリーブ林が有名
どれも数百年物だとか(ホントかな)

ちなみに
イスラエルの教会入口にあるのが
禁止事項の看板
ここに
イメージ 12

必ず「銃」が書いてあるのです
教会って物騒なのね

イメージ 14

この庭の中にあるのが
万国民の教会
イエスが最後の夜を過ごしたとか
なんか同じようなネタばかり
そしてどれも後世にこの辺りだろうと決められたモノばかり

イメージ 15

この正面にあるのが黄金門と岩のドーム
なんという歴史的光景

イメージ 16

対面に
万国民の教会
いい感じですけど1919年産の新しいモノ

これで
最終日の観光はお終い
テルアビブに向かいます
55キロ約1時間

イメージ 17

途中
立派な線路が車窓に見えます
でもこれはずっと工事中
なかなか開通しないのだとか、勿体ない

ベングリオン空港(テルアビブ)
テルアビブと言えば
日本赤軍
テルアビブ空港乱射事件(1972年)
あれは衝撃でした
その後世界中でいろんなテロ事件が起きましたが
子供の頃に知った衝撃の事件は一番記憶に残っています
その後
在イスラエル日本人はとても肩身が狭かったそうです
特に
オカモト
という名前の人は入国拒否されたとか

イメージ 19

今の空港はとても明るい
どこかに乱射事件の記念碑とかあるのかなと気になりましたけど
聞くわけにもいかないので、自粛
ここの空港は飛行機出発3時間前に来るのがお約束
セキュリティチェックが半端なく厳しいから
というわりにはあっさりと
靴も脱ぎませんでしたよ(笑)

ちなみに
イスラエル入国の時
パスポートにここの入国スタンプを押されると
敵対しているアラブ諸国で入国を断わられるリスクがあります
ノースタンプと言いましょう
という話が昔から有名ですが

今の空港では初めからノースタンプ
入国カードをくれます
出国まで無くしてはいけないのですが
出国時に見せることはなく、カードはそのままお土産になりました(笑)
ちなみに
出国カードというのもくれます、これもお土産
むしろパスポートにイスラエルのスタンプを押して拍を付けてみたかったのですが
しかも今回の使用が初めての取得したばかりの新しいパスポートで(笑)

イメージ 18

シオニズム運動120周年だそうです
その成果がいまのエルサレムとイスラエル国
ちなみに
当初はウガンダにユダヤ人国家を作る案もあったそうです

歴史上
エルサレムは頻繁に主人公を替えています
歴史的にみれば
まだ新ユダヤ人国家も出来たばかり
このまま宇宙世紀になると
ジオニズム運動になって…(以下略)

キャセイパシフィック航空で
香港乗換で無事に帰国いたしました
飛行時間10時間20分と4時間25分
帰りの方が飛行時間は短いのですが
お疲れ様でした!
北朝鮮を気にしながらも、
無事に帰って来られたので行って良かったです
(あちらではそんなことすっかり忘れていましたけど)

それより
ブログ記事を書く方が遥かに疲れました
ツアーだけど
聖地巡礼は後世の歴史家の憧れだったので
お読みいただいた奇特な皆さまもお疲れさまでした!

ブログ用に勉強し過ぎてしまったので
番外編でエルサレムの歴史記事も書きたくなりました(殴)


◇旅メモ

イメージ 20

えいちあいえす
マル得イスラエル6日間169,000円(燃油サーチャージ込)他に空港使用税
キャセイパシフィックのエルサレム便就航記念で少し安かったみたい
ティベリア1泊、エルサレム2泊
三食付きなのでほとんどお金は使わず
ロクなお土産も売っていなかったので(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

長編力作お疲れ様でした!
箱のお墓の行列が、一番印象に残ったかも^^汗

No title

なかなか見られない景色、ありがとうございました。
中東へ行ったような気持ちで読ませていただきました。
感謝です。

No title

> なおさん
旅行中よりも疲れました(苦笑)

No title

> 日本一周さん
今回のイスラエルは意外と安いと思いました
安全?だし、お勧めです(笑)

No title

よくぞ御無事で帰還されました。
ある意味私がやってる(やってた?)お遊びよりリスクが高いかも(笑)

No title

> はなゴンさん
意外と安全な国です
これからブームになる(かも?)
日本より…(汗)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR