fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

0

2002年、18切符で函館往復の帰り、江差線を再巡礼。そして、手帳を落としてしまいました!(汗)

2002年8月
18切符で2泊3日、函館・戸井線まで往復の3回目
最後はいい話

せっかく函館まで来たので
江差線も往復しておきました
国鉄時代に乗って以来久しぶり

イメージ 1

江差駅
線路終端の先は崖地
いつの間にか小奇麗な住宅が建っています
通勤至便な駅前住宅ですけど
江差線使ってくれたのかな
(このネタは3年前の江差線廃止の時にも書いていました)

今回はちゃんと江差観光
町まで少し離れています
小さな町なのに不便なことです
港まで来くると
歴史好きには有名な「開陽丸」がいます

戊辰戦役函館戦争の旧幕府側戦艦
当時の最強戦艦にもかかわらず
操舵ミスで沈没してしまったという情けない軍艦
責任者の榎本総裁がもう少し利口だったら
今でも蝦夷は函館共和国として独立、
新撰組が市中見回りをしていた、かもしれないのに残念
このいわくつきの船を引き揚げて展示中
でも
第一印象は

イメージ 2

意外と小さい…

この他、
にしん御殿とかも見学

この日は青森まで戻ってカプセルホテル泊
翌日
東北本線各駅停車でひたすら上野駅を目指します

雨の日でした
途中
乗り換え時間があるので
三沢駅で途中下車

十和田観光電鉄を
ひと駅だけ乗車してきました
(終着駅までは巡礼済みなので)

私は
三沢駅のすぐ先にある
国鉄連絡線の跡が見たかったのです

次の大曲駅で下車(秋田県じゃありません)
雨です
周囲に何もなし
単線で棒線駅なので線路的には単調の極みですが
ホームに待合室はあったので雨はしのげました
誰もいません
ここのベンチに座ってボーっと

三沢行きの電車がやって来ました
さて、帰りますか

帰路の東北本線
ホントに大雨の日だったらしく
途中
福島駅で乗り換え電車が来ません
1時間遅れ
にもかかわらず
案内放送一切なし
東北人は慣れているのかもしれませんが
ダメだねぇ
でも
なんとかその日のうちに帰宅できたみたいです

翌日
仕事なんですけど
ここで事件発生

手帳がない

今回は出張でもないのに
なぜか仕事の手帳を持ち歩き
手帳がないと困るんです
日記代わりにいろいろメモをしてあるのです
会社の支給品なので毎年同じモノ
地味だけど保存用には好都合
そんな手帳なので紛失すると困るんです
仕事にはあまり影響ないけど(苦笑)

どこで落としたんだろう?
函館ではあったと思うので
東北本線のどこかの乗り換えかなぁ

そんな時
会社に私宛の電話がかかってきたのです

高齢の女性の声
全く知らない人
おまけに、
初めはよく聞き取れなかったのですが

手帳の方ですか?

えっ

どうやら
私が落とした手帳を拾ってくれて
そこに書かれていた会社の電話番号にかけてきてくれたらしいのです

話を聞くと
十和田観光電鉄の大曲駅で拾ったとのこと
あそこかぁ(汗)

その後
わざわざ封書で送ってきてくれました
中に便箋が入っていて、一言書いてありました

お仕事
がんばってください

おいおい(感涙)
よほど私は仕事熱心と思われてしまったらしいです

感謝感激ですが
なぜか
差出人は不明となっており
お礼の仕様もありませんでした
残念

あの手帳はもちろん今でも手元にあります
雨で濡れたせいでしょうか
かなりブヨブヨですけど
ブログで過去の話を書くときは
ここからもネタを拾っています
そういう点でも
十数年の時を経て
たいへん役に立っております
ありがとうございました

お仕事
がんばっています!

ブログ書き(殴)

1980年、国鉄時代の江差線の記事はこちら
1984年、十和田観光電鉄の記事はこちら
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR