fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

6

線路巡礼2002:石勝線楓駅、1日1本、早朝のみ、日曜運休!寝台特急おおぞらを利用して日本一すごい駅を目指します!

2002年11月
冬の北海道で
恐らく当時の日本で一番利用困難な駅を目指しました

イメージ 13


石勝線楓駅

イメージ 12


新夕張駅⇔楓駅、ひと駅区間
なんと
1日1往復!
しかも早朝のみ!!
さらに日曜日運休!!!

という3重苦のような路線(駅)

最近流行の
いわゆる卑怯駅とは違います
純粋に線路的に面白いのです
石勝線楓支線と呼んでも過言ではない存在感(笑)

始発に乗っても札幌からは間に合いません
これに乗るためには沿線に宿泊するか
当時まだ健在だった
夜行列車を使うしかありません

ぐるり北海道フリー切符の本領発揮!

視察を終えて札幌で解散後
恐るべき行程を実行

札幌駅19:00→釧路駅22:58(特急スーパーおおぞら11号)

釧路駅23:00→追分駅4:51(寝台特急おおぞら14号札幌行き)

追分駅5:47→新夕張駅6:18

釧路駅で2分乗換とか
寝過ごして追分駅で降りられなかったらどうしたんでしょう
追分駅での待ち時間が一番大変でした
いちおう
駅舎の中には居られたので凍えずに済みました(笑)

イメージ 2

早朝の新夕張駅

イメージ 1

楓駅行き
たったひと駅なんですけど
これに乗りに来たのです

新夕張駅6:45→楓駅6:54

石勝線を快走
本線から側線に入って

イメージ 3

あっという間に楓駅に到着

イメージ 4

ご覧のように立派な道路が並走

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


少ない折り返し時間を精力的に見て回ります
単純な線路なのですが
とにかく他では見たことのない線路配線
これが石勝線楓支線の醍醐味(笑)

楓駅7:02→新夕張7:08

驚きなのは
この駅から乗車する客がいたのです!
間違いなく地元民
この1日1往復だけの列車にも存在意義があったようです(苦笑)
帰りはバスかしら

イメージ 8

新夕張駅に戻ってまいりました
昔の夕張線時代の紅葉山駅跡も健在

イメージ 9

二重サッシの窓は北海道の風物詩です(笑)

次は追分駅から
室蘭本線で早来駅まで戻って
岩見沢駅を目指します

イメージ 10

これは早来駅

イメージ 11

複線の立派な非電化線路、これぞ室蘭本線

次は
岩見沢駅から
道東を回遊して来ます編に続きます

楓駅
もとは夕張線登川支線の駅でした
夕張支線は石勝線の建設と引き換えに廃止
地元対策として
特急しか走らない石勝線に盲腸のように新・楓駅が出来ました
当初は1日4往復くらい列車の設定があったらしいのですが
1往復
おまけに平日のみとなってしまい
この翌年の2003年に楓駅はまた廃止されてしまいました

1981年6月末
夕張線登川支線の最終営業日に乗って来た記事はこちら
いづれも今は亡きふたつの楓駅に巡礼出来ました
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

登川支線時代に乗った事はありますが。
二回も亡くなった楓駅に合掌?

No title

バス路線のような線路だったんですね。
そしてDCの夜行も懐かしいです!

No title

懐かしいです。
お書きの通りで、とても 列車で乗りにいけなかったので、車で札幌から帯広へ行く途中に寄って、昼間の駅舎とホームを訪れた記憶があります。卑怯者ですみません(笑)
夕鉄バスが並走していたので、帰りは バスだったのでしょうね。

No title

> はなゴンさん
夕張線のように廃止を盾にごね得狙いをしないところが潔かったです(苦笑)

No title

> なおさん
バスがあれば初めから要らなかったと思いますけど
有権者数が多かったのでしょうか?(謎)

No title

> オータさん
実際に乗らなくちゃ意味がありません。自慢(爆)
楓信号所という名前で線路は残っていますのでいつでも復活できるみたいです(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR