fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

16

旧東海道お散歩の旅24日目、桑名駅~近鉄四日市駅(船遊びに続いて、電車遊びをしながら、ついに伊勢の国入り~)

イメージ 16

イメージ 17

<>
11月26日(日)、名古屋で目が覚めました。
実は、前夜のホテルはどうしても事前に予約が取れなかったのです。
名古屋市内に6軒もある東○インも、2件ある東○インも全滅。
香嵐渓の紅葉ツアーのせいかなぁ?
だから、前日で帰宅するつもりでしたが・・・

ところが。
宮の船着場にたどり着いて、
「ここから船だぁ」と、ひとしきり感動した後。
ダメもとで昨夜泊ったホテルに電話してみると、

あっさりOK(笑)
部屋が取れちゃいました。
疲れているけど、もう一日歩いちゃえ!

というわけで、今朝は七里の渡しの船旅からスタートです。

旧東海道、海上七里。
宮から桑名まで。
約28キロの船旅です。

といっても、残念ながら船はいません。とっくに航路は廃止。
そもそも、埋め立てのおかげで、船なんか通れません。
仕方なく、現代の船「鉄道」のお世話になりましょう。

江戸時代の船旅。
通常は4時間、風がないと6時間もかかったそうです。
ずいぶん揺れたそうです。
船キライの人には陸路を行くことも認められていたらしいのですが、
我が家は「船旅」大好きなので(笑)

JR関西本線で、名古屋から出航!

途中、大きな川を3本も渡ります。
「船」の雰囲気が出ますねぇ(笑)
船酔いしちゃうかな?

あっさり「船」は桑名駅に到着。
でも、昔の船着場はここから1キロ以上離れています。

桑名の町。
歩くのは初めてですが、なかなか歴史を大事にしています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_0?-1

揖斐川にそって歩くと、城郭が見えてきました。
ここが桑名の船着場です。
昔は桑名城の一角にありました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_1?-1

船着場にある大鳥居は、伊勢神宮のものだとか。
伊勢神宮への街道の入り口でもあるわけです。

ここは揖斐川の河口。
この対岸の、さらに先の方の愛知県側から船に乗ってきたわけですね。
もっとも今では埋め立てが進み、まっすぐ船は進めませんけど。

ちょうど、揖斐川では小さな漁船が群がるように漁の最中。
有名なハマグリかな?
残念ながら、名物の焼きハマグリは買えませんでした。超高級品みたいですぅ。

船着場から、旧東海道お散歩の旅、スタートです。8:20

いよいよ、三重県、伊勢の国に入りました。

実は、天気予報では今日の午後は雨なのです。
少しでも早い時間にスタートして、雨が降ってくるまでに目的地に着きましょう。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_2?-1

桑名の町中。
旧道の案内が整備されていて助かります。
すごいカギ型道路もあります。
曲がり角には、標識の杭があって、これを捜しながら右往左往するのは楽しいです。

おまけに手書きの標識まで登場。
三重県で、旧東海道がこんなに大事にされているなんて、ちょっと驚きです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_3?-1

東海道ひき逃げ事件発生!
案内の標識杭が車に轢き倒されています。
誰です、こんなヒドイことをするのは(怒)
手書きの表示がなかったら、迷っちゃいます。
旧道は車通行止めにして!(ムチャクチャ?)

桑名の町の最後は、通称七曲の辻。
確かに、7回曲がりました。
さようなら桑名さん。結構気に入りましたよ。

テクテクと歩きます。
3日目だと、ペースが落ちます。
天気もイマイチだなぁ。雨が心配。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_4?-1

近鉄名古屋線を伊勢朝日駅の踏切で越えます。
JR、名鉄とお世話になってきた、旧道お散歩旅、
今度は近鉄のお世話になります。

さらに進むと、今度はJR関西本線朝日駅の手前に出ます。
でも、ここは越えずに平行して左に進みます。

ずっと、昔の雰囲気が残る旧道が続きます。
田んぼと山の紅葉が素敵です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_5?-1

朝明川の橋から、関西本線の電車をパチリ。

さらに歩くと、
素晴らしい踏切にでました。
下はJR関西本線。
上の高架は三岐鉄道。
そして単線の三岐鉄道は、この踏切の真上で、旅客線と貨物線に分かれるのです。
昔は、ここに旅客駅もあったと記憶しています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_19?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_6?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_7?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_8?-1

素晴らしい鉄道名所です。
DDさんの重連まで走ってきました。
楽しくて、ここで20分くらい足止めしてしまいました(笑)
歩いてきてよかったぁ。

さらに左に曲がると、再び三岐鉄道、近鉄線の高架をくぐります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_9?-1

ここが富田駅の付近です。

鉄道路線図を見ると、複雑怪奇な場所。
歩いていても、線路だらけで楽しいです。
おまけに、鉄道貨物も健在です♪

近鉄富田駅のそばを通過。11:15

今日は早めに帰宅する予定なので、
もう、今日は四日市駅まで歩くのが限界ですね。

時々、雨がポツンと落ちてきます。
心配~。

天気はイマイチですが、快適な旧道です。
沿道の人は、本当に旧東海道を大事にしていると思います。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_10?-1

松並木はありませんが、
ポツンと残った名残松。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_11?-1

手書きの街道標識や、家の軒先には「東海道」のカワイイ看板がかけられています。

近鉄阿倉川駅付近で、国道1号線と合流。
しばらくして左側に分かれます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_12?-1

右手に、近鉄線が平行して走ります。

三滝橋を渡ると、左手に四日市の工場群の煙突が見えてきました。
なんと、貨物列車が走っているのも見えますよ。
さすが、鉄道貨物の聖地、四日市です。

四日市宿に入りました。
ここの名物が、なが餅です。
旧道沿いに笹井屋という有名店があります。
さっそく購入。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_15?-1

帰りの電車で食べてみましたけど、これまた美味しいです♪
(写真は、家に帰ってから、熱いお茶を飲みながら再度美味しくいただいた時のもの)

四日市の街中。
再び1号線を横切ると、
なんとアーケード街に突入しました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_13?-1

車の乗り入れ禁止です。
たぶん、箱根峠越えを除けば、旧東海道が歩行者専用なのは初めてでしょう(笑)

アーケードを抜けると、大きな道にぶつかります。
これが近鉄四日市駅とJR四日市駅をむすぶ道路。
ふたつの駅は1キロくらい離れています。

ここから、すぐ右手が近鉄四日市駅。
今回のお散歩は、ここまでにしましょう。
なんとか、ここまでは雨に降られることなく歩けました。

当初、JR四日市駅から帰る予定でしたが、近鉄の駅が目の前なので、予定変更。

今回の旅行で初めて近鉄線に乗ります。
近鉄四日市駅を12:50に出て、
名古屋でJRに乗換え、
ひたすら東海道を東に進み・・・
(もちろん、各駅停車ですよ)
何回乗り換えたかワカリマセン。
川崎駅に19:53着。
ここから南武線です。

片道7時間半の旅!
途中、車内宴会が2回もありました(笑)

2泊3日のお散歩でした。
次回は、夜行列車を利用する予定!?


ところで。
どうして旧東海道は、
江戸→熱田(名古屋)→桑名→鈴鹿峠→京都、
なのでしょう?

江戸→熱田→大垣→京都
の方が普通の経路だと思いません?
東海道本線は、こちらだし。

昔の人は、どうして桑名経由にしたのかなぁ?
船に乗ると楽だから?
伊勢神宮参りに便利だから?

歴史と地理の謎解きをしながら?、お散歩は続きます。
歩いていると、次から次へと疑問が沸いてきます。
いちいち聞かされているウチの奥さんも大変です(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

今は橋ができてあっという間ですが、木曽川とかを渡るのは昔はえらい大変だったんですね。七里の渡しで行く伊勢の国は、海の向こうの遠い異国という感じだったのでしょうね。次回は貨物も見られればいいですね!。

No title

ををっ、線路天国ですね~。1日いても飽きないくらいですね~

No title

かめこくさん。川の河口は流れが緩やかで浅瀬なので、渡し舟があればかえって簡単だったみたいですよ。大井川みたいに渡し船がないところが「泣」だったみたいです。四日市で貨物列車見ている時間あるかな~?

No title

mikanさん。富田は楽しいですよ~。ちょっと内緒で、三岐鉄道の旅客・貨物分岐の線路も見ちゃいました(笑)

No title

笹井屋のなが餅は素朴で美味しいですね。一個売りはしてくれませんでしたが。四日市からも各駅で帰る気合は立派です。旧東海道が桑名・鈴鹿の理由は伊勢神宮だと思います。国鉄の東海道線は鈴鹿峠を避けたかったんでしょうか。

No title

たきさん。長餅は香ばしくて美味しかったです、買ってよかった。江戸時代の旅人は、ほとんど伊勢神宮に行っていたみたいですけど、それは江戸時代の初期でないと思うのです。どうして初めから桑名経由だったのでしょう??

No title

なが餅は本当に長いですね。
歩き疲れた体に甘いものは丁度いいでしょうねえ。

それにしても商店街は活気が無いですね。
まあ、地方の中心部はこんなものか・・・>_<

No title

おびとけさん。なが餅は本当に美味しかったです。
旧東海道美味しいものベスト3には入りますね(笑)
商店街なんてどこもこんなものですよ。
私はスーパー信仰者なので、どーでもいいですけど。

No title

当方もようやく三重県に入ります。
2015春の18きっぷの期間内に桑名
~四日市間を歩きたいです。
目標では、GWに四日市~関~土山。
夏に土山~水口~草津。
年末に草津~大津~京都でフィニッシュ
したいと考えています。
大阪までは‥「当面の間、歩行を見合
わせております。」(爆)

No title

> ぬまちゃんさん
ものすごい計画性ですね(笑)
「土山」という不便な場所が問題です。上手にクリアして下さい。

No title

なんとしても、2015年中に京都三条大橋まで
到達したいと思っておりまして、気合を入れて
歩こうと、計画を練りました。
「土山」は街道筋からちょっと離れるのですが、
新名神高速の土山SAに高速バスのバス停が
あるとのことなので利用したいと考えています。

No title

> ぬまちゃんさん
高速バスの利用は全く考えていなかったです
今考えてみると深夜高速バス利用も経済的かつ朝から歩けて便利だったかも?

No title

計画では本日、車中(夜行バス)1泊日帰りで桑名~
四日市を踏破する予定でしたが、諸般の事情により
中止となりました(涙)。
次回はゴールデンウィークを予定しております。
2泊3日ぐらいすれば遅れを取り戻すことができますが、
もう、こうなったら、のんびり進めるしかないと
思っています。

No title

> ぬまちゃんさん
この雨では今日は中止して正解では?
桑名までの船は雨で出なかったということで(笑)

No title

行く行く詐欺と言われておりますが、
性懲りもなく、この2015GW、出立
します。
夜行バスでなぜか豊橋入り(笑)
青空フリーきっぷをゲットして桑名へ。
お昼に四日市着。
そのまま「お伊勢まいり」となります。
二日目は井田川が目標ですが、加佐登
で終わりにするかもです。
どうなることやら‥

No title

> ぬまちゃんさん
寒くも暑くもありませんから、歩かない理由が見つかりませんね(笑)
四日市に着いたら貨物列車に捕まってしまわぬようご注意
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR