fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

12

アメリカ横断鉄道の旅3、シカゴ編(鉄道王国シカゴ!ザ・ループは楽しかったですよ~)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

1987年。はるか昔のアメリカ鉄道の旅。
スキャナー作業がはかどったので、再開です。

5月16日、朝。日本を出て7日目。
ワシントンからの夜行列車で目が覚めました。

朝食はラウンジカー。
座席車はツマラナイので、シカゴに着くまでここで粘ってしまいました。

シカゴ駅についてからが大変。

実は、ホテルの予約をしていないのです。
NYとワシントンは、日本の旅行会社のNY支店さんに予約してもらいましたが、
シカゴは「ご自分で」

海外旅行も初めてなら、
自分でホテルを探すのも初めて。

シカゴ駅。
大きい割には、無骨で、閑散としているのです。
なんか、シカゴ=ギャング?という古い映画の記憶もあり、
恥ずかしながら怖かったです。
おまけに、当てにしていた「地球の歩き方」に記載されていた駅そばのホテルは、
満室!
駅からそのホテルまで歩くのも怖かったのに~

駅にもどり、公衆電話(これも利用するのは初めて)で
ガイドに記載がある宿に次々に電話・・・
満室です。

やばいよ~

最後の、かなり高級なホテルに、部屋がありそうです。
アメリカは今も昔もカード社会です。
現金よりもカードで信用されます。
「私はゴールドカードを持っているぞ!信用できるぞ!!泊めてくれ~!!!」
と電話で訴えて、無理やりタクシーで押しかけてしまいました。

なんとか部屋を確保。よかった~(笑)


シカゴのホテル探しが、精神的によほど大変だったのか、一気に疲れてしまいました(泣)。

でも、気を取り直して、シカゴ観光開始です!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44789578_0?-1

市内中心部に、ザ・ループ(LOOP)と呼ばれる市内高架鉄道があります。
これまた無骨な鉄骨むき出しの高架橋。
この鉄骨が延々と続きます。
餘部鉄橋の鉄骨なんか、目じゃないよ(笑)

これが市内の中心をグルリと「円」で走ります。
山手線の半分くらいの規模かな。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44789578_3?-1

ホームがまた質素でした。
その雰囲気も良かったです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44789578_2?-1

周囲の高いビルの合間を走る高架橋線路もまた素敵。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44789578_1?-1

一番すごかったのは、郊外路線との高架橋平面交差です。
スゴイでしょ?
まだ健在なのかなぁ?

ここで、シカゴの鉄道の話(もちろん20年前の話)
シカゴはアメリカの鉄道、特に鉄道貨物の中心なのです。

ちなみに、当時既にアメリカ大陸横断直通列車というのはありませんでした。
すべて、シカゴまでなのです。
東海岸⇔シカゴ
シカゴ⇔西海岸
ですから、横断しようとすれば、必ずシカゴで乗換えが生じます。
シカゴに泊らずに、乗り続けることも可能ですが、
せっかくならシカゴ観光もしたいです。

そして鉄道貨物。
全ての線路はシカゴに通ず。
アメリカは鉄道貨物大国です。その中心がシカゴ。
市内は操車場だらけでした~。感激。

有名なシアーズタワー(当時世界一の高さでしたっけ?)にも登りましたが。
眼下を見渡すと、線路と操車場だらけではないですか!

シカゴに着いた時は、エライ場所に来てしまったと(ホントに怖かったの)、
かなり後悔していましたが。
線路をたくさん見たら、とたんに元気になりました~(笑)

翌日(5/17)
ミシガン湖湖畔を散歩。
シカゴは五大湖に面した都会です。だから物流の中心なのですね。
あんまり天気がいいので、調子に乗って上半身裸で散歩してしまいました。
危ないヤツですね~(笑)
写真まで撮ってもらっています。
(恥ずかしくて載せられないけど)

シカゴから、ロサンゼルス行きに乗ります。
『The Desert Wind』号です。
(直訳すると、砂漠の風?、砂漠の嵐じゃないですよね)

シカゴ15:15発、LA++15:20着

++というのは、翌々日ということ。
つまり2泊3日鉄道の旅です。
今度は長いぞ~

事前に駅の窓口で、ラスベガスでも途中下車できるように切符を変更してもらいました。
(英語話せないくせに、何故かこういうことは出来る?(笑))

この列車は空いていました。窓側ゲット♪

いよいよ、アメリカ大陸横断鉄道の旅。
後半戦のスタートです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

お~、それだけ出来れば、どこ行っても通じますね~。無骨な鉄骨むき出しの高架橋・・・素敵です。みなとみらい線は見習ってほしいですね。

No title

「ビルの屋上から見下ろすと線路と操車場だらけ・・・」という光景を一度見てみたいものですね!。横浜のそごうからありし日の高島駅を見たときはいたく感動しましたものですが、アメリカの操車場は日本のものとは比べ物にならないくらいの規模なのでしょうね。

No title

高層ビルの間に高架の線路とは…、景色も楽しめていいですねー。ところで、高速道路は何処へいったのでしょうか(^^;。

No title

mikanさん。無骨な高架橋は本当に素敵です。餘部鉄橋ファンは、あれを見たら卒倒するでしょう(笑)

No title

かめこくさん。なにせ昔のことで、記憶は飛んでいるのですが、操車場の規模は日本と大差ないかと。線路が縦横無尽に走っているところがスゴカッタデス。

No title

ガンモさん。こうそくどうろ、なんてものには全く興味がないので(笑)。郊外電車に乗ると、高速道路の真ん中が鉄道になっていました。どこぞやのニュータウンと同じですね。

No title

LUNさん、TB有難うございました。シカゴでホテル探ししたんですね。僕もアメリカの大都会のDown Townはやはり怖さを感じますね。
シアーズタワーから壮大な操車場が見えて僕もワクワクしながら見ていました^^

No title

Shaneさん。シカゴの操車場はすごかったですよ。今でもすごいんですね?(笑)

No title

2年前にシカゴに住んでいました。ループの急カーブはなかなかスリリングでした。
最後の写真の平面交差はしっかり健在でしたよ。

No title

nakaharamenさん。シカゴ在住だったんですか。あそこは線路だらけで(笑)あの平面交差が健在とは驚きです。ぶつからないのかな?

No title

高架の写真がすてきです

No title

> shkさん
昔の記事をどうも~
ステキでしょ?(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR