fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

12

アメリカ横断鉄道の旅4、「世界の車窓から」編(楽しい楽しいアムトラック列車の旅♪ロッキー山脈を越えました)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

1987年のアメリカの旅。
いよいよ、アムトラックで2泊3日の鉄道旅行です。
すでに東海岸(ワシントン)からシカゴまで1泊2日乗っていますから、
大陸横断は都合3泊4日の旅ということですね♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44830718_6?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44830718_4?-1


5月18日。15:15.
シカゴ発LA行きに乗ります。

夕食の食堂車で、またも一人のアメリカ人と知り合いになりました。
今度は、なんと、鉄道会社の労働組合の支部長さんだとか。
アメリカには、全州を網羅する旅客会社はアムトラックしかありませんが、
貨物鉄道会社はたくさんあるのです。

日米鉄道談義が弾んだはずなのですが、何の話をしたのか、全く覚えていません(笑)

支部長さんは寝台車両でしたので、寝台設備も見学させてもらいました。
ブルジョアなんですね~(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44830718_7?-1

これがラウンジカー♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44830718_8?-1

これが食堂車♪


翌朝、
朝食も支部長さんとご一緒。
8:05、デンバーに着きました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44830718_0?-1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44830718_1?-1

ここで支部長さんとはお別れ。
この駅では停車時間が長く、しばし記念撮影タイム。

この後は、いよいよロッキー山脈越えです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44830718_2?-1

ラウンジカーで、車窓を楽しみます。
列車が勾配を登る様子がよく分かります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44830718_3?-1

でも、山脈越えの後も良かったです。
コロラド川?に沿って走る車窓は、
まるで、この後で訪れるグランドキャニオンを見ているようでした。
すごい車窓でした・・・

ソルトレイクシティ着。
なんと、ここで列車は3分割されます。
LA行き(ザ・デザート・ウィンド号)
サンフランシスコ行き(ザ・カリフォルニア・ゼファー号)
シアトル行き(ザ・パイオニア号)

乗る車両を間違えたら、とんでもないところに連れていかれてしまいます(笑)
日本とは、誤乗車のスケールも違います。

私はちゃんとLA行きに乗っていたみたいです。

また、車窓が暗くなってきました。
2日目の夜です。
再び食堂車。
今度は西独から来た大学教授のオバサンと親しくなりました。

この時の会話で覚えているのは、ただひとつ。

「もう少し英会話をちゃんと勉強しなさい」

はい。
分かりました~(泣)

3日目の朝、7:15。
列車はラスベガス駅に到着。
いよいよギャンブラーの出番です?

おまけ:
「世界の車窓から」という長寿テレビ番組があります。
今回は、アメリカ横断鉄道の旅編です。
ちょうど今、カリフォルニアゼファー号(シカゴ→サンフランシスコ)の旅です。

20年前、私はこれに乗って、同じように旅していました(行き先は違いますけどね)

懐かしいなぁ。
でも、アムトラックって、ちっとも変わっていませんね(笑)
興味がありましたら、是非どうぞ!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ヨーロッパの機関車や客車もデカイと思いましたが、アメリカのものは更にデカイですね~!まるで“世界の車窓から”を見ているようで、楽しませていただいています。(^_^)

No title

あああ、憧れのアムトラックだぁ~。さすがアメリカの機関車、でかいですね~

No title

あつdesuさん。アメリカのはゴツゴツしているのがいいですね。世界の車窓から、今の放送はちょうどこの列車です。見てね。

No title

mikanさん。アムトラックも慢性的に赤字みたいです。ご乗車はお早目に!

No title

奥の車輌は寝台ですかぁ?やっぱり広々なんでしょうね。で、料金的には飛行機のほうが安いんでしょうか。

No title

ガンモさん。確か寝台車も座席車もハイデッカーだったと思います。下は荷物置き場かな?それじゃバスと同じですね。う~む。あんまり昔のことなので、キレイサッパリ忘れましたぁ(泣)

No title

LUNさん、はじめまして。コメントとTBありがとうございました。
デザート・ウィンド号に乗られたんですね。もう廃止されてしまってますね。AMTRAKの西部に向かう長距離列車は今もスーパーライナーですね。
沿線の雄大な景色も昔と変わらないですね^^

No title

ゲストブックが見当たらなかったので、こちらでご挨拶を。
お気に入りに登録させて頂きました。
これから宜しくお願いします。

No title

Shaneさん。いらっしゃいませ。
ロス行きのデザートウィンド号は廃止だったのですね。
そう言えば、昨年末に放映された世界の車窓からの映像はSFC行きでしたねぇ。
ゲスブというのは閉めてしまいました。記事が命なのですぅ(笑)

No title

Shaneさん。この頃からのお付き合いだと改めて知りました(笑)
記事のコメントの数は「偶数」にしておかないと、なんか落ち着かない(汗)

No title

アムトラックに一度乗ってみたいと思い大陸横断鉄道の
レーザーディスクを買いました
いつか夢をかなえたいと思ってます

No title

L'aquoibonisteさん。
私はカナダの鉄道横断にチャレンジしてみたいですぅ
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR