fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

8

アメリカ横断鉄道の旅5、ラスベガス編(ホテルに泊らずに、一晩中遊ぶのでした・・・。真のアメリカの夜を体験?)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

1987年5月19日。

2日前にシカゴを出た列車は、昨夜、ソルトレイクシティで3分割されていました。
夜のことで、分割シーンは見ていないのです(残念)

LA行きの列車は5両編成でした。
新しいディナーカーが連結されていました。
今度はラウンジカーとディナーカーが一緒のコンパクトなものですが、
サービスは何故かよくなりました(笑)

朝7:15、ラスベガス駅到着。
途中下車してみます。

ラスベガスといえば、カジノとグランドキャニオンです。

当時の「地球の歩き方」にスゴイ事が書いてありました。
『お金がなくても、ラスベガスに来たら、ちょっとはルーレットもしたい。
ここのホテルはどこも高級で値段が高いけど、カジノは24時間営業だ。
だったらホテルに泊らないで、カジノで一晩遊んでみよう!
宿泊費の分だけ、遊んじゃおう!
ひょっとしたら、一攫千金?』

当時の純粋な私は、この記事を額面どおりに実行いたしました(笑)
今でもこんな事、書いてあるのかなぁ?

しょって来た、でかいバックがコインロッカーに入りません。
当時流行の、バックパッカー(懐かしい言葉だ)用のものです。
旅行前に、神田の登山用品専門店で買いました。

駅で事情を話すと、
明日LA行きの列車に乗るのであれば、ということで
「チッキ」扱いにしてくれました。無料ですよん♪

チッキとは、手荷物扱いのことみたい。
荷物車両に乗せられます。
日本でもあったみたいですが、アメリカで初めて知りました(笑)

身軽になったので、活動開始。
まずは、グランドキャニオン遊覧飛行です。

何故か、以前からここに行きたかったのです。
決して安くないのに(笑)

小型飛行機による遊覧飛行ツアーに参加。
郊外の空港から一気にキャニオン空港まで。

往復、4人乗りのセスナです。
私以外に現地在住の日本人母娘が参加。
こうなると、機内は日本語ですね。

前方のコ・パイ席に座ることができました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44842284_0?-1

キャニオン遊覧。
渓谷の中を低空飛行するのですが、
景色云々よりも
気流の影響?とかでセスナはムチャクチャな飛び方。
急降下の連続!
うっぷ!

なんとかキャニオンに到着。
展望台から渓谷を見て、ランチ、みやげ物屋、
そして、キャニオンシアター?
高い金払って、セスナで苦労して、どうしてキャニオンで映画みなくちゃならないの?
日本のバカな観光地は、こういうのを真似しているのかしら・・・?


ラスベガスにもどってきました。

セスナで知り合った母娘と行動を共にすることになってしまいました。
何処が気に入られたのか全く謎ですが(笑)
夕食をおごってもらい、
おまけにホテルのショーまで付き合わされました。
(このショー、いくらだったのか不明ですが、カジノホテルのショーは相当高いと思います。
でも、ツマラナイとかで途中で退席しちゃいました。モッタイナイ!(泣)
当然ながら英語のショーなので、何だか訳分からず、有難かったですけど・・・)

0時過ぎまで、この母娘に振り回されましたが、
この2人は当然ホテルに宿泊。

すると、
「この人が面白いところに連れてってくれるって!」
と一人のアメリカ男性を紹介され、
そこでサヨウナラ。

なんだ、この状況は?

彼は、ここのホテルの従業員。
仕事が終わったので帰宅するところだとか。
話をしていると、息統合?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44842284_1?-1

彼の真っ赤な車で、「面白いところ」に本当に連れて行ってもらうことになりました。

数分で、「怪しいところ」に連れて行かれました。


よくアメリカ映画に出てくる、
カウンターの中で、お姉ちゃんがトップレスで踊っていて、
お客はそれを見ながら飲んで盛り上がる、というアレ。
さらに、お客が「お札」を挿んであげると、
目の前でサービスしてくれる?
という、アレ(笑)

品行方正な私は、こんなの見るの初めてですぅ。
というか、TVそのままじゃないですか~
アメリカの映画やTVは、本当のことだったんだぁ、と大変感動してしまいました(笑)

こういうの、日本でもあるのかなぁ?

日米親善のため、
テキトーに遊ばさせていただき(見ていただけですよ(笑))
朝方、彼の車で駅のそばのカジノまで送り届けてもらいました。

もう、翌日の朝です。
LA行きは7:30発です。

それまで、カジノで残った小銭でチマチマとルーレットをしながら時間を潰していました。
迷惑な客でしょうね(笑)

ラスベガスに来て、
本当に、ホテルに泊らないで、
その分でカジノで遊んで一晩過ごしました。
「本」の通りじゃないですか!(笑)

今から冷静に考えてみると。カナリ危ないことをしていたみたいです。
20年後に、当時を振り返ってみると、ちょっと、おバカです。
ヨイ子は、真似してはイケマセン。
(あのベストセラーの本には、ラスベガスで泊らずに遊べと、まだ書いてあるのかなぁ?)

ちなみにカジノの勝敗は・・・?
書くまでもないでしょう(泣)


やっとここから鉄道の旅にもどります。

チッキ扱いにしていた荷物が、まだ駅にあったので、自分でもって行くことにしました。
やっぱり、この方が安心なので。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44842284_2?-1

ラスベガス駅で、アメリカ名物の2階建てコンテナ貨物を間近に見ました。
スゴイなぁ。
平地で勾配もなく、当然トンネルがない西海岸ならではの光景でした。

まるで砂漠のような絶景を走り抜けると、
大都会ロサンゼルスに到着です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_44842284_3?-1

転車台が出迎えてくれました♪


アメリカ大陸を鉄道で横断する野望、ここに達成!!

次は、ロサンゼルス編です。


おまけ:
キャニオン観光の欲求不満は・・・
それから15年後、
夫婦でグランドキャニオン散歩をして晴らしました。
今度は渓谷のかなり下まで歩いたんですよん♪
セスナなんかに乗らないで、ラスベガスからバスで来ました。
あれは時々墜落するそうです。あの時、墜ちなくてよかった(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

私は出張のついで?でラスベガスに来たことがあります。せっかくホテルにいい部屋とってもらったのに、朝、5時までカジノにいました~。儲けは500ドルでした~。2階建てコンテナ見たかったな。

No title

mikanさん。海外出張なんてうらやましいですぅ。儲けは会社の出張経費の穴埋めですか?黙っていますので、少し分けてください(笑)

No title

日本じゃ港やトレーラーに牽かれてるのを見ることができますが、あの巨大コンテナナが鉄道で運ばれているんだぁ、それも二段重ねとは驚きです。

No title

会ったばかりの人の車に乗ってしまうなんて、LUNさんはかなりのギャンブラーですね(笑)。かといって、あまりに警戒しすぎても貴重な体験の機会をを逃してしまうもの。かね合いが難しいですね。

No title

ガンモさん。二段重ねは日本でも検討されたことがあったような気がします。結局、あんなことやっているのはアメリカだけみたいですね。

No title

かめこくさん。この時の話は、本当にメチャクチャです。今、思い出しながら書いていても、当時は「?」だったなぁと。今となっては結果オーライで、良い思い出ですけど(笑)

No title

私もラスベガスから軽飛行機でグランドキャニオン観光をしました
(飛行機&バス)飛行機に乗るとき体重は何パウンドか?と聞かれ
返答に困った記憶があります
飛行機はジェットコースターのようにスリル満点でした
コンテナの二段重ねはカナダのバンフ駅でも目撃しました
TBやっと成功しました(笑)

No title

L'aquoibonisteさん。
グランドキャニオンはまた行きたいけど、遊覧飛行は遠慮しておきます(笑)
今度は下まで降りてみたいです。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR