fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

2

ベランダ庭園鉄道の記録(2)Gゲージ曲線レールを自力で曲げてしまいました!(2005年)

2005年
庭園鉄道にあこがれて
Gゲージスタートセットを買ってしまった話の続き

曲線レールが12本付いています
半径600㎜の円
これは市販のGゲージ最少半径なんですけど

イメージ 1

ウチのベランダにはギリギリ
これでは網戸も閉められない
ここ以外に敷設できる場所はないんです
前回はここまで

用意周到?な私は
こんなこともあろうかと
とあるサイトで
12本曲線を8本の小さな円に改造する技法を調査済み

でも
LGB(レーマン社)の公式見解ではありません
あくまで
趣味人の方の見解

ホントに出来るのかどうかは
やってみなくちゃ分からない
特に
Nゲージのレイアウトも作れない私に
出来るかどうかは!?(汗)

Gゲージのレール
なにしろ
実際に買うまで
触ったことすらなかったのですが

ずっしり硬い
ホントに曲げられるの?(汗)

作業日は
週末を待ちます
何時間かかるか分からないので

事前に
作業ボードにレールの内側の曲線を下書き
これに合わせてレールを曲げていきます

紹介サイトでは
ここでレールベンダーという線路を曲げる器具が紹介されているのですが
そんなものありませんから

イメージ 2

工具箱にあった万力で片側を固定して

イメージ 3

下書きした曲線に合わせてネジを打ち込んで
むりやり
ペンチで曲げて、当て込んでいきます

こんな方法で
線路がちゃんと曲がるのでしょうか?

悪戦苦闘の末

イメージ 4

出来ました!

ちょっと図解すると

イメージ 5

レールを枕木から外して
内側のレール(青)をそのまま外側に使います
それに合わせて
外側のレール(赤)が内側になるように曲げる
内側と外側のレールが入れ替わると
半径600㎜の曲線線路が半径390㎜の曲線になるのです
2本のレールのうち曲げるのは1本(赤)だけで済みます
余ったレールを切断するのも1回
かなり合理的な技法
素晴らしい

貨車を走らせて
レール幅を確認
ペンチで微調整
まさに手作業

最後に
レールを切断
金のこぎりでギコギコ

これを
8本分繰り返して
付属の直線レールも使って
あらためてベランダに敷設

イメージ 6

出来ました!
これなら
線路わきにガーデニングも出来ます
もちろん
貨物列車を走らせても脱線しません

かなりいい加減な線路でも
スケールが大きいから大丈夫?(苦笑)

イメージ 7

この後も
いろんなモノを買い足して
さっそく庭園鉄道にチャレンジ
早くも分岐器が欲しくなっていますね

イメージ 8

いろいろ鉢物を買ってきて
楽しい
でも
この状態で済むのは冬の間だけ

イメージ 9

高価な分岐器も
やっぱり買ってしまいました

イメージ 10

春になれば
ウチはまたベランダ生活が始まります
イスとテーブル
これと共存できる基盤作りと
やっぱり凝った線路レイアウトを実現するため
さらなる計画が進みます

この庭園鉄道が
5月に始めたブログに登場するのは
もう少し先のこと
続きます
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ナイスです!

No title

> 京都の鉄ビタミン愛好者さん
毎度です!
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR