fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

2

シンガポール旅行記3、セントーサ・マーライオンに逢いたくて島まで歩きました、けど。ビーチがキレイ!

シンガポール2日目の午後
チャイナタウンで食事後、ようやくMRTに乗って
ハーバーフロント駅へ
いかにもレジャーアイランドの入り口という感じの駅構内

ここから島まで
セントーサエクスプレスというモノレールに乗って行く方が圧倒的に多いと思いますが
(海上ロープウェイもあります)

IMG_0551.jpg
島まで橋が架けられ
遊歩道完備なんです(セントーサウォーク)
島まで近い
ということで歩いちゃいます
入島料1シンガポールドル必要ということですが
とくに途中にゲートもなく
セントーサ島に上陸!

でもここからが長かった
目的地は島の反対側
モノレールだとそのまま島内に進めるのですけどね
ウチは最後まで歩くんだ!(苦笑)

IMG_0563.jpg
島内の巨大アミューズメントパークを横目に
どんどん進みます

IMG_0568.jpg
またマーライオン発見
そして
丘を少し上がった先に

IMG_0575.jpg
巨大なアレがそびえていました
セントーサマーライオン

ma-2.jpg
日本を出国する直前
ヤフーニュースに登場
壊されてしまうそうです(汗)

IMG_0582.jpg
像の上がれて口のところから外が見える、というのがウリなのですが
廃止報道のおかげでしょうか
入場制限中
おまけに料金が高い
像の上にエレベーターで昇れるだけで驚きの値段設定
(12シンガポールドル。チャイナタウンで2回食事できます)

わざわざ日本から
さらにシンガポールからも歩いてきたのですけど
スルーさせていただきます

像の裏側1階に出口があって
お土産コーナーも併設
ここは入れます
ということで
セントーサ・マーライオンの中に無料で入ることができました!(爆)

IMG_0602.jpg
ここから下り坂になっていて
ガウディのグエル公園のパクリが続きます
マーライオンのお尻から水が流れていいるのですけど

マーライオンというのは
口から水を吐くから意義があるのに
大きなだけで放水もしない、
べらぼうな入場料を取る、
これでは人気は出ないでしょうね
解体されるのは止む無し?
さよなら商法で最後の稼ぎをよろしくです

そして
海が見えてきました
モノレールも終着駅

セントーサ島の南側
シンガポール海峡
この先はインドネシアかな?

IMG_0619.jpg
近くに天然のビーチがあるらしいのです
パラワンビーチ
どんどん下って
砂浜にでました

IMG_0620.jpg
いいじゃないですか!
泳ぎたい!

実は水着は日本から持ってきてあるのですけど
今日はホテルに置きっぱなし(泣)

この暑さ
海に入りたい〜
パンツで泳いじゃう、と叫びましたが、却下

IMG_0625_20201230105216b43.jpg
吊り橋があります
もう足が棒なんですけど
その先まで行ってみます

かなり怖い吊り橋
その先にあった展望台
IMG_0631.jpg
海峡には巨大な船がビッシリ
シンガポールに来たという感じ

展望台の一角で
怪しい宗教団体の踊りを見てから帰ります

なんか
一気に雲行きが怪しくなってきました
砂浜の近く
無料のビーチトラムを発見

IMG_0645.jpg
すばやく飛び乗ります
モノレールの終着駅まで登坂を利用、らくちん

IMG_0647.jpg
ここから
さすがに帰りはモノレールで
と考えていたのですが

路線バスもあるんです
どこに行くのか不明なんですけど
モノレールで行っても島を出た先までですから
バスに乗って冒険してみましょう!

ということで
ちょうど出発間際のバスに飛び乗り

まさかセントーサ島内周回バスではないはず
運転士さんに行き先を尋ねたいのですが・・・
行き先を言われて分からないのですが

イズ ジス バス ゴートゥー シンガポール??

いえす

というすごい大雑把な問答があって

IMG_0650.jpg
そのままバスの旅に
さようならセントーサマーライオン

このバス
本気で行き先が分かりません
ということで
大冒険の始まり
まだ続きます~
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

解体されるマーライオンはこれでしたか。
内部にエレベーターがあるとは、どれ位の大きさでしょう?

No title

なおさん
高さ37mという微妙な高さです(笑)
中味はエレベータだけでしょうね
水を遠くまで吐けば面白いのに
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR