fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

4

池島の廃墟と線路を巡礼。8階建アパートを見下ろす山頂に立ちました!

「どこかにマイル」で長崎の旅
佐世保から高速フェリーに乗って1時間
ようやく池島のフェリー乗り場に到着8:20

IMG_3134.jpg
堤防の上に小さな待合所がポツンとあるだけ
小さなバスが待っています
これが唯一の公共交通機関
島は意外と広くて高低差もあるので
利用させていただきます
(大人100円。乗客は私たちを含めて3人だけ)

湾に面した廃墟工場を過ぎると上り坂
そこから大団地群の中へ
人が住んでいる感じがしないのですけど
同乗していた女性が降りました…

その後は
運転手さんと島のことをいろいろと談笑
九州最後の炭鉱の島
最盛期には1万人近くの住民がいたけど
閉山後の今は百人ちょっと
何も産業はなくすぐに無人島かと思いきや
それでも廃墟の島に住み続けるのには理由がある
生活が保障されている方ばかりだそうです(苦笑)

IMG_3141.jpg
バスは終点に到着
ここが廃墟の島で一番の注目物件
8階建アパートの目の前
すでに観光地化されていて案内もあるのですけど
そこは廃墟とはいえ会社私有地
いたるところに「立ち入り禁止」だらけ
残念ながら中には入れません

IMG_3157.jpg
裏手に廻ります
崖の下は海
「御安全に」
炭鉱への入り口です
ちなみに看板の反対側は「御苦労さん」

IMG_3164.jpg
8階建アパートの裏側
ここが5階につながっていて
EVがなくても快適?に暮らせるそうです

IMG_3165.jpg
オシャレアパート?(笑)

他のアパートも雑草だらけ
少し窓枠が新しい部屋もあります
ひょっとしてまだ住んでいる?かと思いましたが
どのアパートも入り口が閉鎖されいます
もちろん立ち入り禁止

IMG_3187.jpg
バス通り沿いに店がポツンとあります
「かあちゃんの店」
店の周りはネコだらけ
トイレを拝借(島内の公共トイレ案内に指定されています。笑)
ここで食事もできるのですけど
まだ時間が早いのと
昨晩、佐世保で買った食料品をたくさん持参しているのでゴメンナサイ
ちなみに
廃墟の中で誰が店を利用するのかというと
好きモノの観光客とネコだそうです(笑)
神社からの眺望が良いと教えてもらいました

IMG_3210.jpg
途中で
港に戻るバスとすれ違い
なかなかスゴイ光景

小高い丘を登ります
神社がありますけどそこじゃない
その脇のケモノ道をさらに登ると

IMG_3246.jpg
池島の最高峰からの眺望!

IMG_3238.jpg
ちょうど
バスが港から戻ってきました
向こうの海に見える洞窟島も気になります

IMG_3239.jpg
8階建アパートの雄姿
これは世界遺産でしょう
絶対に(笑)

IMG_3249.jpg
バスは再び終点に停車
今度は運転手さん以外誰も降りてきません
つまり
乗客ゼロ

立派な小学校があります
立ち入り禁止になっていますが
子供がまだ二人いるそうです
でも平日なのですが生体反応は全くなし

IMG_3260.jpg
その隣のアパート
もう芸術作品です

IMG_3264.jpg
湾に向けて歩いていくと
途中に浴場
公共浴場が2つもあるのはどの家にも風呂場がないからだそうです
この辺りから
家庭菜園をしている庭を発見
アパートも少し変化
島の奥の方の大団地は
すべて鉱山会社の社宅
だから閉山後は全世帯退去ですけど
この辺りはおそらく自治体のアパート
だから居座ることが出来る?

郵便局がありました!
おそらく
島で一番活気のある場所

ここから長い下り坂
時々乗用車が通るのです
どこに住んでいるのでしょう?

IMG_3295.jpg
大きな廃墟工場が見えてきましたが
私は港沿いの設備が気になります
そういえば
観光用に残っているトロッコ線路はどこにあるのでしょう?

ふと
眼下の空き地にヤギを発見
それを追いかけていくと

IMG_3304.jpg
線路発見!

IMG_3308.jpg
その先が坑道につながっているようです
これが坑内探検ツアーの線路ですね
(ちなみに反対側の線路は草むらの中に消えていました)
次の船便まであまり時間がありません
走ります!

IMG_3314.jpg
この辺りから乗るのかな?

IMG_3315.jpg
鉱山っぽい

IMG_3316.jpg
坑道へ
この日はイベント定休日(水曜日)
参加して中に入れないのはちょっと残念だけど
線路を見るのには関係ないかも(笑)

IMG_3324.jpg
港沿いの石炭設備の方が気になります
ここでもトロッコが活躍していたのでは?

船便まであと20分ですが(次は2時間後)
走って先端まで極めてみます!
奥さんまで走って追いかけてきました

IMG_3333.jpg
走ると意外と近い(笑)
先端には大きな詰込み設備

IMG_3332.jpg
レールを利用して海沿いに可動できますけど
線路とはちょっと違う

IMG_3342.jpg
それより
帰路で奥さんが見つけたトロッコ跡の方が素晴らしい

IMG_3346.jpg
これが先ほどの坑道線路につながっていたと思われます
大きな設備が出来る以前は
このトロッコを使って直接石炭船に積まれていたのでしょうか

それでは
港へ走ります
港近くの団地はまだ新しい
人が住んでいます

IMG_3366.jpg
11時発、瀬戸港行きのフェリーに間に合いました
これにて
池島の冒険は終了

IMG_3390.jpg
さようなら池島
さようなら8階建アパート

閉山後、
池島は観光を選んだのですね(笑)
廃墟好きなら
軍艦島より面白いと思います(行ったことないけど。苦笑)

ぐだぐだ長崎編に続きます









関連記事
スポンサーサイト



コメント

池島レポート拝読しました。

写真にあった坑道への水平軌道、そうですそうです、2回目の訪島のときは、ここから乗って見学しました。
1回目に行ったときはまだ、海外研修生を受け入れていた頃なので、斜坑人車が現役で、それに乗って地下に潜ったのですが、今そちらはどうなっているのやら。

島唯一のお店は、2回とも寄りましたが、一応、地元のお客さんはいたような。
ただ、食堂の落書きは記憶にないんですよね~。

No title

こんばんは。
これは、実際に自分の目で見たいです。
いつか機会があれば、行ってみたいです!!

Re: タイトルなし

3838さん
落書きのことご存知でしたか?
食堂の壁もその裏側も落書きだらけ
読んでいると結構リピーターがいるみたいで(笑)
坑道イベントはどのくらいトロッコに乗車できたのでしょうか
乗ってみたかった、のかな?(微妙)

Re: No title

なおさん
関西からの方が近いですから是非!
なんと簡易宿泊場所もあるんですよ(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR