fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

2

スイス鉄道旅行記始めました、GW外出自粛なので行った気になりましょう

☆今日からGW始まりましたけど、おウチで自粛です
ということで、旅行に行った気分を味わうために
20年前のスイス旅行記始めました。
鉄道とハイキング三昧の記録です☆

Map_of_Switzerland_and_neighboring_countries.jpg
2001年
憧れのスイスのお山でハイキングしたい、
鉄道も使いやすいし、
安全なイメージです
ここは完全個人旅行を計画しました

HISに尋ねたら
当時よく使っていたKLMオランダ航空の格安席はすでに売切れ
代わりに
JAL「悟空」という正規格安切符を紹介されました
15万円
結構安いけどすぐには買わず、
自分でインターネットで調べたら
JALのHPの直販だとボーナスマイルも付きます
クレジットカードも使えて、事前に席も指定出来て、航空券も届きます
これでは旅行会社で買うよりよっぽど便利、購入
でもHISにはお世話になったので
代わりにスイス鉄道パス1等ツインを買ってあげました
これで準備完了
ルートはかなりアバウト
宿泊はすべて現地調達です!(できるかな?)

6月15日(土)
JAL
成田12:00頃発、チューリッヒ16:30頃到着
なんと
ビジネスクラスにランクアップされてしまいました!
正規料金のご利益?(笑)

機中は快適ですが、
無駄にはしゃいでしまい
結局、眠れませんでした(苦笑)

チューリッヒ空港
空港の直下に空港駅がありとても便利
とりあえず5万円をスイスフランに換金
当時からクレジットカード主体なので少し多いかなと思いましたが
結果としてちょうどよかったです。
レートは1SF=80円。688SFになりました。

空港駅で
翌日の氷河急行指定席と食堂車を予約、
空いていてあっさり確保

20010616-379.jpg
空港駅から列車でチューリッヒ駅に向かいます
ここからスイス鉄道パスの利用開始
(書いてもらった日付の「6」の字が「4」にしか見えませんけど)

チューリッヒ駅に到着
20010616-003.jpg
ちょっと驚いたのは
駅のホームがそのまま公道に隣り合っていること

20010616-004_202004291009220c2.jpg
駅の外とホームの間に何もありません
諸外国では改札口がないのは有名ですが
大都市の中で
これほど自由な駅も珍しいのでは?

さっそく
今夜のホテル探しを始めます

今回の旅行は宿は全て現地調達
まだインターネットで事前に予約するのは
ちょっとハードルが高かった

「地球の歩き方」で見当をつけていたホテルは満室
いきなり予定が狂いました
他に安いホテルは見つからず(汗)
たまたま目についた1階がバーの怪しいホテルに飛び込みで確保。
ツイン102SF。
この町ではとても安いのですが、
トイレ・バス共用、ベッドはボロボロのひどい部屋

さっそく駅周辺を散歩。
駅の公衆電話で翌日のツェルマットの宿(ガイドブックで探した)に予約の電話
ちゃんとつながり、予約もとれました、良かった

チューリッヒの街中
20010616-005.jpg
おもしろい椅子が多数置いてあります
20010616-006.jpg
路面電車も気になりますけど
奥さんが疲れているようなので早々にホテルに戻ります

このホテルはかなり治安の悪いところに面していたようです
(後で調べたら、本にも注意喚起が載ってました。汗)

夜中まで外で馬鹿どもが騒いでうるさい。
でも
「スイス」というと
なんか立派な国民、という妙なイメージがあったのですが
これが初日で
見事に覆されました(爆)

翌日
小雨です
駅まで走ります
この日は列車で早朝にクールまで移動

20010616-389 - コピー
チューリッヒ駅6:33→クール駅7:51

車内販売で朝ごはん調達、
日本並みに高かったです(苦笑)
スイスパス(1等用)ですから当然1等車両に乗りましたが、ガラガラ

クールに到着

この駅に来たのは、クール始発の氷河急行に乗るため
あれはサンモリッツ発というイメージがありますけどまぁいいです

20010616-011.jpg
クールの駅構内
ここも町と駅の境目が曖昧
線路が溶け込んでいます(笑)

20010616-013.jpg
かなり気になるスイッチャーさん
かわいい電気機関車
まさかこれが本線を走るわけではないですよね?

20010616-016.jpg
こちらが
乗車予定の氷河急行の列車

ということで
2日目の氷河急行編に続きます
(20年前のことを調べて書くのは大変だけど、時間だけはたくさんありますので・・・)




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
ホテルも現地調達ですか!
これにはビッウリ(笑)
小さな電気機関車は、日本の私鉄などで見かけた形に似てますね!!

Re: No title

なおさん
まだ気軽にインターネットでホテルが予約できる時代ではなかったのです
それでも
初日のホテルを事前に予約しておかなかったというのは
かなりチャレンジャーでしたね
スイスを甘くみていました(苦笑)
まだまだ続きます~
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR