fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

0

スイス鉄道旅行記2、氷河急行に乗ってみる。途中下車して本物の氷河を見に行きました

外出自粛のGWなので
出かけた気になるために昔の旅行記作成
2001年
スイス鉄道旅行記2日目(6/17)

早朝、
チューリッヒからクールまで列車で移動
この駅に来たのは、

20010616-018.jpg
クール始発の氷河急行に乗るため
あれはサンモリッツ発というイメージがありますけど、まぁいいです

20010616-024.jpg
座席指定料金が必要ですが
車内はとても空いてました
食堂車は予約なしでも利用可

20010616-025.jpg
スイスの車窓から
窓が開くのが素晴らしい

20010616-032_20200429165130e4f.jpg
さっそく有名な食堂車
ランチは私たちだけの貸切でした
後方に見えるのはスタッフさんたちが昼食中(笑)
プレートランチはガイド本に書いてあった通りの内容でしたが、
まぁ美味しかったです
とりあえず
あの有名な氷河急行に乗って食堂車を利用するという目的は達成

20010616-027.jpg
ディゼンティス駅
ここまでがレーティッシュ鉄道(RhB社)
この先がマッターホルン・ゴッタルド鉄道(MGB社)
氷河急行は直通運転です、それがウリなんです(笑)
この駅で機関車を交換

20010616-029.jpg
ここから急こう配
ラックレール区間に入ります

20010616-028.jpg
最後尾からラックレール線路を見たところ

フルカ峠
ここはトンネルで越えてしまいますが
トンネルができる前はこの区間で
車窓からローヌ氷河を見ることができました
だから「氷河急行」という名前なんです(と参考書に書いてあります)

20010616-037.jpg
トンネルを超えた先
オーバーワルト駅
列車の行き違い
かわいい機関車が列車を牽引

20010616-038.jpg
こんなところで途中下車して
ハイキングしてみたくなります

ということで
フィーシュ駅で途中下車してしまいました12:44

この駅からロープウェイに乗って山頂へ
そこのエッギスホルン展望台から見えるのが
アレッチ氷河(ヨーロッパ最大の氷河らしいです)

20010616-041.jpg
残念ながら曇りで
おまけに雪が積もっています

少し山頂で粘ると晴れてきて
ようやくアレッチ氷河の全容が見えてきました!

20010616-045.jpg
このすごい氷河を見ながらハイキングを楽しむつもりでしたが
積雪でそれどころではない
登山靴を履いてきて良かったです(汗)
駅に戻ります

フィーシュ駅15:00→ブリーク駅15:35(各駅停車)

20010616-051.jpg
ブリーク駅も
ホームと町の境界が曖昧な素晴らしいところ

20010616-052.jpg
スイスでは
素敵なミニ機関車が列車を牽引しています
模型の世界みたい♪

ブリークで
再び氷河急行に乗り換えます
(氷河急行というのは1日に数往復走っています。停車駅は意外と少ない)

今度の編成は
パノラマカー(1等)を連結しています

20010616-056.jpg
2等車は日本人団体客ですし詰めでしたが
パノラマカーはガラガラで貸切状態
スイスパス1等車両用を買っておいてよかった(笑)

20010616-060.jpg
パノラマカーから見えるスイスのお山

でも
個人的には線路のほうが気になります
20010616-054.jpg
3線路区間、気になります
窓が開く車両の方が好き

20010616-389 - コピー (2)
ようやく
ツェルマット到着17:02
(マッターホルンの麓の町)

昨夜、
電話でホテルを予約しておきました
TANNENHOF
駅から徒歩5分
110SF、バストイレ付、部屋も綺麗で安い。
結局2泊することに。

さっそく町を散歩
夕方でも外は明るいのですけど
残念ながらマッターホルンは見えません

次は
翌朝からマッターホルンでハイキング編です
ものすごく歩き回りました(笑)

1988年にもスイスを鉄道で旅行しています
その時は氷河急行の区間を各駅停車で楽しみました
記事はこちら


部屋に籠って書いていると
余計に電車に乗りって山に行きたくなりますね(苦笑)




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR