fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

0

スイス鉄道旅行記9(終)、首都を経由して帰ります、思わず街が懐かしい

スイス鉄道旅行
いよいよ最終日
2泊したインターラーケンの宿を出て
チューリッヒ空港に向かいますが

その前に
スイスの首都に立ち寄り

クイズ
スイスの首都はどこでしょう?

インターラーケンウエスト駅(8:40発)
ドイツのハンブルク行きの国際列車に乗車
この旅で初めてコンパートメント車両に乗りました

スイスの首都駅で途中下車(9:34着)
駅のコインロッカーに荷物を預けて、
旧市街観光に出発

いちおう首都なので「都会」っぽいです
いままで
ずっとアルプスの山の中にいたので
都会がとても懐かしい
まさかこんな感情になるとは(苦笑)

20010616-338.jpg
大通り
街中にはたくさん泉があり
そこに面白いモニュメントが飾られています

20010616-339.jpg
久々にトラムを見ました
トラムの線路は
この泉を上下線で挟んでいます

20010616-340.jpg
旧市街に溶け込むトラムの線路

20010616-345.jpg
時計塔があります
毎正時に仕掛け時計が動くそうなので
あとで見に来ましょう

ここは
アーレ川が蛇行して半島のようになった要塞都市
中世の街並みがそのまま残ります
20010616-348.jpg
通りには
半地下のオシャレなお店が点在
古い建物をウマく利用しています
想定以上に面白い

この町のシンボルがクマ
町の名前の由来だそうで
州の紋章にもなっています

ということで
クマ園もあります
20010616-351.jpg
町のシンボルの割にはあまり待遇はよくない
(その後、新しいクマ園に移されたらしいです)

20010616-352.jpg
大聖堂
スイスでは一番高い尖塔に登ります

20010611-0024.jpg
アーレ川に削られて半島のようになった街並みを一望できます

20010611-0028.jpg
茶色い屋根!
これは必見です

20010616-363.jpg
中世の街並みの屋根、ステキ

ユングフラウもかすかに見えます
冬はもっとはっきり見えるらしい

この後
13:00ちょうどのからくり時計を見に戻りましたが、
20010616-370.jpg
これは全く大したことなかったです

ランチはドイツ料理
昼間からビールです
このビールが一番おいしかったかも?(笑)

ミグロ(スーパー)に寄って
奥さんがお土産を買い漁ります
とにかく安いものを数多く。やっぱりチョコになります
なぜかミグロではクレジットカードが使えないので要注意

首都駅に戻って
電車でチューリッヒ空港駅へ
戻ってきました
スイス鉄道パスもここまで
我ながらよく使いました

20010616-373.jpg
スイス初日にもいくつか見ましたが
当時のチューリッヒは
こういう椅子のモニュメントが流行りでした

空港でも奥さんがお土産漁りを始めて
結局、
スイスフランに換金した5万円はきれいに使い切りました
(ツェルマットのホテルでカードが使えなかったのは想定外)

帰路のフライト
行きはビジネスクラスランクアップがあったので
期待して早めに行ってみましたが

ラッキーはありませんでした

・・・

無事に成田に到着
2001年6月の日本
蒸し暑い
昨日までの
スイスの乾いた暑さが懐かしかったです
さて
いつものように翌日から仕事です
帰国後の休養日なんか要りません
いつものこと(笑)

これにて
2001年6月の
スイス鉄道旅行記お終い
19年前の話です
かなり場当たりの個人旅行なのに
当時のメモが残っておらず
おまけに整理したアルバムの写真の順番もいい加減
「地球の歩き方」をまた読みながら、
ルートを反芻して書いています
おかげで
コロナの年のGWは
スイスにまた行けたような気になれました(かな)

20010616-389 - コピー (5)
ホントにあちこちよく行きました
ちなみに
スイスの首都はベルンですね

世界遺産なんだそうです
知らなかった(汗)

2005年スイス鉄道旅行記 終




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR