fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

0

土佐電気鉄道(とでん)の線路。名前も車庫も変わってしまいましたが、線路は変わらず(1986年他)

1986年12月
四国私鉄3社を巡礼
「いよてつ」「ことでん」の次は
「とでん」です

もちろん
都電じゃなくて
土佐電気鉄道
というお決まりのネタが当時はあったと思うのですが・・・

国鉄土讃線で
高松駅から高知駅へ

19861203-0051.jpg
高知駅前
南国の路面電車という感じ

19861203-0052.jpg
高知駅前電停は
歩道橋直結、
見学するにはよかったけど、バリアフリー全くなし

高知駅前から
南北に走るのが
桟橋線

はりまや橋のダイヤモンドクロスを過ぎると
すぐに
終点の桟橋通五丁目電停

19861203-0054.jpg
恐ろしく荒んだ終着駅
この堤防の向こう側は海だったのかしら
どうして
この路線の存在理由が不思議でした

19861203-0055.jpg
はりまや橋に戻ります
「とでん」の十字路
ここから西へ
伊野線に乗り換える予定でしたが

目の前で
伊野行きの電車が行ってしまいました(汗)
ということで
並走する路線バスで追いかけます(苦笑)

終点の伊野電停

19861203-0057.jpg
狭い路地に
無理やり路面電車が共存
美しい

19861203-0051.jpg
さらに線路的に興味深いのは
スイッチバックする形で左に分岐する留置線

伊野線に乗って東へ戻ります

19861203-0060.jpg
はりまや橋
複線平面交差(ダイヤモンドクロス)
さらに
東西南北に渡り線が完全完備
上から見てみたい線路

御免線に直通します

19861203-0061.jpg
知寄町車庫前電停で途中下車
ここに知寄町車庫があります

19861203-0062.jpg
知寄町車庫
この時、
ちょいと見学しただけでしたが
これはとても重要なことでした

次の電車に乗て
終点の
後免町電停に到着

19861203-0063.jpg
これまでの終着駅に比べると
なんか新しくて物足りない

19861203-0064.jpg
でも
線路は先に延びていました

19861203-0065.jpg
この線路が
そのまま安芸線(廃線)につながっていたと勝手に想像
往時は
高知駅前から軌道線と鉄道線の地区運転もあったそうです
ロマンです(笑)

そろそろ
帰りの飛行機の時間
高知空港へは
ここから路線バスの予定でしたが
時間がないのでタクシー利用

途中、
安芸線(御免~安芸)の廃線跡をはっきりと見ることができました

この2年後
1988年
四国Ⅴ字ルートの国鉄バスにのるため
再び高知へ
「とでん」を再巡礼

19881001-0013.jpg
伊野線朝倉電停付近の
怪しい線路区間を見学

19881001-0014.jpg
狭い路地での
行き違い設備
(私は2年前の巡礼の時はガントレット区間なんじゃないかと勘違いしていました)

19940503-0070.jpg
踏切みたいな併用区間

さらに
この6年後の
1994年
奥さんと四国一周旅行にて
高知城などを観光したついでに
ちょいと
桟橋線を見学

なんと
この桟橋線沿いに
車庫が移転していました(1987年に知寄町車庫から移転)

19940503-0078.jpg
高知駅方面からスムーズに入出庫できます

おまけに
この新しい電車区
見学できたんです!

19940503-0072.jpg
記念撮影までしてもらいました
もちろん無料です
なんでもイベント化された今では
とても考えられないサービス(笑)

19940503-0074.jpg
トラバーサーに電車が出てきました
冷静に考えてみると
こんな近くで見ていてヨカッタのかしら?(苦笑)
もちろん
線路には十分な配慮をしていたと思います(笑)

19940503-0079.jpg
終点の
桟橋通五丁目は昔のまんまでした

ちょっと安心(笑)

この愛すべき「とでん」
土佐電気鉄道
2014年に会社は消滅

rosenzu_20170403.jpg
いまは「とさでん」と呼ばれています

これにて
1986年
四国ローカル私鉄巡礼の話はお終い
この線路だけ記事にするのを飛ばしてしまい
ちょっと後悔だったので
改めて記事にできて良かったです
おヒマでしたら
四国国鉄線巡礼の記事も探して読んでみてください





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR