fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

2

「とんび」再放送!門司食糧倉庫の専用線とスイッチャーとワムさん(ちょっと過剰演出かな?)

とんび(NHK2012年)
昨日、再放送があったのです

8年前
本放送を偶然見たことがあって
それ以来、再放送を待ちかねていました
冒頭の出だしが凄い

IMG_7125.jpg
貨物駅(専用線)に
赤いスイッチャーに牽かれたワムさんが到着

IMG_7129.jpg
時代設定は1960年頃
とある貨物駅の通運会社

IMG_7136.jpg
積み荷の搬出入

IMG_7145.jpg
搬出入は時間との闘い
サイレンがなります
あと〇分!(これは演出?)

IMG_7140_20200726161844b13.jpg
オート三輪も走りまくり

さて
気になるのは
これが撮影された場所

舞台は広島で
瀬戸内通運という会社の設定

調べてみるとすぐに判明
門司でした
あの
門司食糧倉庫!
(ここも瀬戸内海だからロケ地として最適?)

外浜貨物線からつながる
田野浦公共臨港線
その途中にある専用線付き倉庫
そこが
このロケ地でした

私も
しっかり線路巡礼しています
1993年
まだ貨物線は現役の頃(このドラマ制作の20年前)

専用線はこの倉庫の敷地の中を通っていました

この倉庫が
ドラマで使われた場所

でも
何か変?

IMG_7149.jpg
貨物駅を跨ぐ連絡橋
「安全第一」
当時の現地の写真には
あんな跨線橋はどこにもありませんでした

どうやら
ドラマのために
わざわざ作ったみたいです
演出上、
それほど重要なギミックではないのですが(苦笑)

IMG_7128.jpg
このシーンから見ると
仮設モノなのがよく分かります

冷静に考えてみると
こんな小さな貨物駅に
関係者用の
階段跨線橋があるわけありません
荷物をもって歩けないし
車両通行の邪魔
線路を指差し確認して渡れば問題なし
(少なくも私はそんな跨線橋を見たことはアリマセン)

とんび
時代考証、
じゃなくて、
線路考証がオカシイ?(笑)

折角なので
ドラマも奥さんと観てみました
主人公が子供を職場(貨物駅)に連れて行ってしまい
そこで子供が事故を起こして奥さん死亡
あとは片親で育てました、というお話
今の常識だったら
危険な職場に勝手に子供を連れ込むのは非常識ですけど
そこはお咎めなしのゆるい時代
時代の経過とともに
貨物駅のシーンが
人海戦術から
フォークリフトに代わっていきます
貨車もなくなり
トラックに代わります
ドラマの最後で
主人公たちが一番の思い出の場所に行くので
期待していたら

海に行きました
どうして
貨物駅じゃないの?
とても残念なラストシーンでした(苦笑)

さらに残念なのは
この倉庫
北九州市がロケ地として斡旋していたそうですが
最近、
取り壊されてしまったそうです
本当に残念

(オリンピックがなくなったおかげで、番組枠を埋めるためにいろんな再放送があります。目が離せません。中止に感謝!笑)

1993年
田野浦臨港線と門司食糧倉庫巡礼の記事はこちら



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ドラマの線路考証はお任せあれとTV局にアピールしなければ(笑)

Re: No title

はなゴンさん
あまり需要はなさそうなので(苦笑)
でも
古今東西のドラマで出て来る線路シーンの収集は
アピールできます(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR