fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

8

民主主義の危機、長崎市長は誰に殺されたの?(言論の自由、批判の自由の封殺?、いやだなぁ)

今日は鉄道の話ではアリマセン、念のため。

長崎市長が殺された事件は、ショックでした。

自由な言論が封殺されてしまう国
反対意見が言えない国。
日本も、また、そうなるの・・・


さて、
その事件を聞いて、

何故か私は、
その前日にTV(録画)で見た、
「男たちの大和」という超ヒット作だったらしいもののことを思い出しました。

どうせ、ツマラナイだろうと思ってみましたけど、

予想以上の、ツマラナさでした(泣)
なんで、こんなものがヒットしたのかなぁ?

太平洋戦争がネタの日本映画というのは、
一応「反戦」ということがテーマになる決まりがあります。
そしてもうひとつ、
「自殺攻撃・特攻」を扱わずには成立しないみたいです。
情けない

その特攻の描き方も、時代と共に変わってきました。

日本VSアメリカ
私が子供の頃は、
精神力、兵士の質では日本が勝っていたのだが、
アメリカの物量に負けた。
という内容が定番でした。
特攻というのは、精神力および兵士の質(忠誠心)作戦の極み、というわけですね。

でも、
物量以外では、日本軍がアメリカより勝っていたなんていうのは、
ただの妄想だったとバレてしまったみたいです。
あまりにレベルのひどい官僚的な軍人が
井の中の蛙よろしく、何も考えないで戦争を始めて、惨めに負けました。
勝てるかどうか考える、という考え自体が、神の国だから、禁じられていたみたいです。

最近の戦争映画の設定は、少し変わってきました。

あの戦争は、愛するものを守るための戦いだった、という美しい設定。
なんだかワカリマセンが、愛する人がいるので犬死しちゃいます。
愛する人がいるから、それを守るためなら自殺しちゃいます。

さらに滑稽なのは、
その自殺攻撃が無駄だということを、特攻志願者は知っているという設定。
無駄なんだけど、華々しく死んじゃいます。

決めセリフは、
この無駄な戦争の後で、立ち直ってくれればいい?
日本に残した愛する人が、日本を立て直してくれればいい?
そのために、敢えて特攻しちゃいます♪

その後の歴史を知っているかのような、お決まりのセリフ。

この馬鹿げた設定は何とかならないのかなぁ(泣)


あの大和の映画は、すごい金を使っているらしいです。
確かに、特撮シーンはよく出来ていました。

あの技術と資金があれば、
大和VSゴジラくらいの大作映画が作れないものかと思ってしまいます。

いや、
もう少しストーリーを工夫すれば、
もっと面白くなるのに。

愛するものを守るために自殺するくらいの人格者だったら、
どうして毎回アメリカ軍に特攻するのでしょう?

早く戦争を終わらせるためなら、
どうして王様が住んでいる江戸城に向かって特攻しないのでしょう?

無駄な戦争を起こして遂行している責任者を成敗する為に、
どうして大和は大本営に向かって特攻しないのでしょう?

くだらないけど、
こんなことを気楽に言える社会、
それがまともな民主主義だと信じています。

これが言えないようじゃ、
北朝鮮やフセインイラクと同じです。

あれ、
日本は大丈夫かな?


さて。
長崎市長が殺害された事件。

たぶん、あの政治家は反戦活動家で王様制度も批判していたのでしょうね。

気に食わないことを言う政治家は殺してしまう・・・


民主主義というのは、

為政者の考えに従わなくてもイイということ

戦争を美化する人をバカにしても平気ということ。

王様を批判しても逮捕されないということ。

民主主義とは、
そういうものです。


特攻映画を見て
何の疑問もいだかずに感動してしまう困った人を
平気でバカにできる世界。

それこそが、民主主義というものだと思っています。

もちろん、感動して美化するのも、勝手なのですけどね。
他人に押し付けなければ(笑)


残念ながら、
民主主義以上の政治形態は今のところ見つかりません。
歴史の勉強を通じて辿りついた、私の結論です。

というわけで、
大好きな民主主義を守るために、これからも辛口記事とコメントを目指してまいります。
間抜けなマスコミはあてにならないので(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ども、通りすがりの匿名希望さんです(笑)。特攻基地から江戸城まで飛べたかどーかというのは置いといて(^^;、今ウチは市会議員選挙期間なんですが、「王様制度はいらない!」と選挙カーでやっている候補者がいて勇気があるなぁーっと感心していたのですが、ここ2,3日静かになってしまいました…。首相のことを何と批判しようと問題にはならないけど、王様については王様庁を中心に神格化しようとする人たちが多すぎますね…。

No title

王様に戦争責任がないと言うことは、当時の王様を侮辱し、王様体制を否定する反逆者の意見です。特攻の問題は特攻で亡くなった方が現実にいるので難しい問題ですね。

No title

王様のため若しくは王様体制のため自殺(特攻)に追い込まれたのかな。

No title

匿名希望のガンモさん。勇気を持って王様制度を批判する人の言論がヤクザに封じ込められるなんて。北朝鮮とあまり変わらないかも?チン王朝ですから(泣)

No title

たきさん。戦争で死んだ人間をいつまでも美化し続けるのは、私は嫌いなので。無駄死に!無駄死に!とハッキリ言わないから、いつまでもグズグズしているのです。無駄死に!

No title

たきさん。最近の戦争ドラマは、派手に死ねばこそ、その廃墟から立ち直れる、という理論が主流です(ホントです)。だったら、王様制度もぶっ壊せば、もっといい国になれたのに(笑)

No title

こんにちは。政治的には保守であったとしても、広島と長崎という被爆地の首長は、一般保守行政を語るだけでは済まされなかったはずです。だから、たとえ今回の殺意が矮小化されたトラブルが直接的な原因であったとしても、長崎市長を殺したという事実はテロの目的としては、理由はどうあれ価値が極めて高いものであるでしょう。 そういう勢力が、そういう手段をためらいも無く使い始めたのだと思います。 好い国どころか、やな国にずんずん突き進んでいる真っ最中ですよ。。

No title

noonukiさん。耳に心地よく聞こえない意見を暴力で封殺する。これでは北朝鮮と同じですよね。陰湿なだけ、質が悪いです(泣)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR