fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

2

源氏物語を読んでみました(歴史大好きのくせに、古典が読めない私です・・・)

イメージ 1

イメージ 2

先週から源氏物語を読んでおります。
図書館で借りたので、今日返さないといけないの。
今朝、やっと読み終わりました。
いやぁ、大変だった。

源氏物語といっても、
まんが・源氏物語です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48240363_0?-1

「あさきゆめみし」(大和和紀、作)
少女マンガの世界では、ちょっと有名な古典的名作らしいです。
全13巻。
TVの漫画特集番組で、偶然こういうマンガがあることを知りました。
ウチの奥さんが、漫画セットで借りてきてくれました。
重たいのにアリガトウ。

また、返してね(笑)


源氏物語。
読んだことアリマセン。
古典は嫌いなんです。
でも、マンガなら読めるかな、と思いました。

私が抱いているイメージは、
王様の血筋を引く高貴な(好奇な?)方が、女遊びをしまくる、それだけ?

読み終わった感想。
やっぱり、それに違わぬ内容でした(笑)

ひとつ勉強になったのは、
この頃は、
一度お手をつけてしまうと(合意の上でなくても)
結婚しなくちゃいけなかったみたい。

手をつけた日から3日間、
女性のもとに通うのが結婚式の礼儀だそうです。

おかげで主人公は、何人も奥さんを抱える羽目になります。

これが、当時から今に続く王様一族だけの秘密儀式なのか、本当はもっとスゴイのかは謎です(笑)


マンガの読みやすさのおかげで、とりあえず最後まで読み通すことができました。
(と言っても、普通のマンガの倍は内容が濃いです、大変)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48240363_1?-1

最後のクライマックス?
主人公が、出家する直前の回想シーン。
こんなにたくさんの女と楽しんじゃったの?

少女マンガって、
顔が同じなんですよね。
おまけに、古典だから、髪型・衣装は皆、同じ。
誰が誰だか、わかりません(笑)
もっと、この人は誰、という注釈をつけて欲しかったな。



私は小学生の頃から歴史が大好きでした。
日本史も世界史も大好き。
進路を考えた時、結構ホンキで「歴史学科」に進みたいと考えたくらい。

でも、すごい障害があったのです。

古文の授業が大嫌い!(漢文もキライ)

古典というものが、まったく面白くない。

歴史を学問として勉強する上で、
古典は読めません・・・
というわけにはいかないでしょう(泣)
古文書読めませんから。


結局、立派な?サラリーマンを目指すことにしました。

だから、古典は今でもちょっと恨めしいのです。

その古典の第一の名作といわれる源氏物語を
とにかく
初めて読み通すことができました。

この名作、古文の授業じゃなくて
道徳の授業で使えば面白いのに(笑)


とにかく、マンガって便利だなぁ。

私はスポーツ興行なんかに全く興味がないのですが、
野球マンガだけは読めるのです。不思議。

でも、鉄道のマンガは無性にツマランです。何故だろう?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

私も古文の授業は苦痛でしたね。テストで19点とか取ったことがあります・・・。

No title

かめこくさん。古文の授業がツマラナイのは、きっと題材がツマラナイからでしょうね。必要性も感じないし。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR