fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

2

長崎の乱(素晴らしい暴言。史上最大の反面教師!)

また、鉄道の話ではありません。念のため。
大好きな民主主義の話。

日曜日(4/22)あちこちで地方選挙がありました。
アレ?、4/8にも東京知事選挙とかありましたよね。
どうして一緒にやってしまわないのでしょうね?

そんな中で、
またも長崎で大事件が起きました。

その前に、前回の事件のオサライ。
4/17に現職知事がヤクザに殺されたのは、
まさに「言論の弾圧」という大事件でした。
戦前の日本と同じ。

不愉快な言論は、暴力で封じこめる。

この殺された市長さんは、
有名な反戦家で、
原爆を投下したアメリカは許さないぞ、だったそうです。

これは、フツーですよね。
一般人にとっても、さほど不愉快ではない。たぶん。
これを表明したって、別に勇気があることではない。
平和平和と唱えることは、誰でも出来ること。
耳に心地よい?

勇気というのは、
耳障りなことを言うこと!

たとえば、
原爆投下は、当時の無能な日本人のせい。
無駄な戦争に反対もせず、無駄死にを勝手に美学として、
その結果、敗戦の事実を受け入れることが出来ない(その決断ができない)、
無能な政治体制、そのシンボルである「王様」を擁護することに固執した結果。
だから、自業自得。

なんて叫ぶ方が、よっぽど「勇気」がいると思います。
(私は叫びませんよ、笑)


でも、
この市長は、結構勇気がある人で、
戦争と原爆をもたらした「王様」を、毅然と批判していたらしいです。
(自業自得なんて、言ってないと思いますけど)

偉い。
立派な政治家だったんだ。
本当に残念、無念(泣)

不愉快な事、耳障りなことを言ってしまうと、権力に殺されてしまうなんて。

不愉快なことであろうと、
耳障りなことであろうと、
言論の自由は侵してはイケナイ。
これは民主主義の基本だと思うのですが。

ここまでは前回のオサライ。
そして、やっと今回の話。

ずばり、長崎の乱!

あの選挙、殺された市長の娘婿が立候補して、あえなく落選したのは有名な話。

肝心なのは、ここから。

その選挙結果の後。
親族が、
「これでは故人は浮かばれません・・・」と暴言を吐いてしまいました。

まさに、
現代民主主義の最大の弊害と言っていい
「世襲制」
に対する、強烈な批判でしょう。


フツー、こういう事は思っていても、言わないんですよね。
いい子を演じなければイケナイ。
次の選挙もありますしね(笑)

でも、
この親族は、ハッキリと言ってくれました。
世襲制とはどういうものなのか。

世襲制に対して、
必要悪のように考えている世間様も、
この暴言を聞けば、少しは考え方が変わるのではないでしょうか?

残念な事に、この暴言。
その後、あまりマスコミでは取り上げられません。

世襲制が何故悪いのか。
残念ながら、一部有識者が世襲制の弊害を訴えても、
それ自体が自由選挙の妨害だ、と潰されます(泣)


今回の暴言。
あれほどの反面教師はないでしょう(笑)


言論の自由の大切さを、身をもって示した、殺された市長さん(合掌)
暴言を吐いて(自分の身を犠牲にして?)、
世襲制の害を世間に認識させてくれた、その親族(感謝?)

日本の民主主義が今後どうなって行くのか、
その岐路で起きた歴史的大事件です。きっと。

歴史好きの私としては、
2007年長崎の乱、として自分年表に書き加えたいです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。テロの原因を、市との経済トラブルに収斂させようとするメディアは共同歩調を張っていますが、紙背に徹する眼を持つ人は少ないのでしょう。故市長の娘の世襲暴言は、しかし多くの日本人が持つメンタリティに吸収され確固とした行動指針になっています。首相への途半ばに病に斃れた政治家の息子なおかつ総理の孫というサラブレッドであれば無能でも担がれて総理になる国です。このいずれの点も日本の恥部です。教育が泣くというものでしょう。

No title

noonukiさん。長崎の乱は、世襲制度のバカバカしさを教えてくれた、最高の教科書だと思いますよ(笑)。長崎の人はエライなぁ?
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR