fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

4

久しぶりに映画館に行ってみたけど(これが有料?、やっぱり映画鑑賞はTVで十分だ、笑)

とっても久しぶりに、映画館(渋谷)に行ってきました。

特別鑑賞券をペアでもらったのです。
無駄にするのも、もったいない。
ただそれだけの理由です(笑)。

「憑神(つきがみ)」

浅田次郎という、売れっ子作家の原作。
あの「鉄道員」という、とても臭いストーリーを書いた人ですね。
ちょっと不安だ(笑)

いちおう、時代劇なのかな?

榎本武揚、戊辰戦争、彰義隊。

そんな言葉を、ある程度知っていないと、スジがワカランのでは?

大丈夫です。
気にするほどの内容ではなかった(泣)

冒頭、西田敏行が出てきます。
いきなり、釣りバカ映画になります。

ツアーバスで上映される、あれ。
なんと、トワイライトエクスプレスのサロンカーでも上映されていましたぞ(泣)

日本映画ファンのココロをがっちりと捉えます。
つかみはOKだ(泣)


すごく長かった。
特に終盤が長かった。

映画の中で、
「早く戦争(上野戦争のこと)を終わらせてくれないと、こちとら商売あがったりだよ」
というセリフがあったけど、
そこが一番面白かった。
私も本当にそう思ったから(笑)。
へたくそな脚本だなぁ。

ストーリー的にも矛盾点が多いし、
これは原作本通りなのかな?

主人公は、将軍徳川慶喜にそっくり、という設定なのですが。
彼の幼馴染の榎本武揚は全くそれに気づかず。
榎本に紹介された勝海舟が、それに気づくというストーリー。
平民や、主人公を含めた下級武士は将軍の顔なんか知らないというのがコンセプトなんだけど、
この二人は、両方とも将軍に会える身分なんだよ。
少しは時代考証とか考えてよ(泣)

TVで見ると、時間の都合でカットされて、話の流れがオカシイナと思うことがあるけど、
映画館で見ても同じなんだ(笑)

一番ツマらないのは、
ムリヤリ教訓めいたことを押し売りすること。

教訓がないと、映画は成立しないの?

特攻映画と同じ設定。
こちらは娯楽で見に来ているのだから、やめてよ(泣)

アイデア的には面白い箇所もあったのだけど、どっとシラケました。

こんなので日本映画は大丈夫なのでしょうか?
余計な心配ですけど。

-----

やっぱり、映画はTVで見るに限りますね。無料ですから。

映画館の良いところはひとつだけ。

途中でストップできないから、とりあえず最後まで見ること。
家で見ると、すぐに途中で寝てしまうのです(笑)


ウチの奥さん。上映中は眠くて仕方なかったらしい。

見終わった後、

「時間のムダ」

という名言が飛び出しました。

私より手厳しいです(笑)


注:
ここに書いたことは、映画のストーリー展開とは全く関係アリマセンので、
これを知ってしまったからと言って、この映画がつまらなくなることはありません。
ご安心下さい。

臭いストーリー展開や、教訓めいた話、
そして釣りバカ映画が好きな方には、自信をもってオススメできます!(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

このあいだ映画館で予告をみましたが…LUNさんの記事を読まなくても観なかったと思います。

No title

パセリも映画館で予告編を見ました。ちょっとお子様向け映画だけど、大人向けに見せようと言う感じの予告編でした。たぶん見に行きません。。

No title

キョロチャンさん。マスコミは大絶賛の映画みたいですよ(笑)

No title

パセリさん。お子様が見たら、つまらなくて怒り出すと思います(笑)お子様向けと言えば、予告編で見た、電車が変身するヒーロー映画はすごそうですね。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR