fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

0

「碧いホルスの瞳」「レイリ」「雪花の虎」

2024.02.22(木)
今日も寒い雨の日、お出かけ無し
ということで読んだマンガの話
今回は歴史もの特集
「碧いホルスの瞳」(犬童千絵)全9巻
39180097-D88F-4CAA-9CF3-F7DE1A70B317.png
古代エジプト唯一の女王、ハトシェプストの話
数十年前に灼熱のエジプト旅行にて、この女王のちょっと変わった王墓を見たことがありますので、関心あります
歴史に興味ない奥さんもこれは読みたいということで一緒に読みました
ちょっと話が長すぎたかな、というのが正直な感想、6巻くらいで十分収まるのでは?
でも最後までちゃんと話は完結したのでメデタシ
「レイリ」(岩明均)全6巻
AD27D951-5A99-4547-B676-38325B022A29.png
戦国時代、武田家の期待の星とされた武田信勝(勝頼の子、信玄の孫)、その影武者女子レイリの話
ちょっと変わったネタで面白かったのですが、信勝があっさり死んでしまい6巻で終了
少女でも声変わり前の男子の影武者は出来る(らしい)、でも声変わりしちゃったら難しい(らしい)
その後も話は続けられたと思うのですけど、残念
ちなみに同じ作者の歴史もので「ヒストリエ」(古代ギリシアの話、未完)も揃ってますけど、こちらはまだ全然読んでません(汗)
「雪花の虎」(東村アキコ)全10巻
038FA472-6CCA-44F7-9E3F-BFFE6D8CDF44.png
お馴染み上杉謙信は女性だったモノ、人気女性漫画家が書くとまた説得力がある?
でもあまりストーリーに関係ないライバル武田方の話がダラダラでイライラ
せっかく盛り上がっても、どうでもいい川中島の戦いでオシマイ、せめて手取川の戦いくらいまでは続けて欲しかった
連載打ち切りだったのでしょうか?
謙信女性説の設定はちゃんとしていて面白かったので、残念

気に入ればビデオに保存しているアニメやドラマと違って、
マンガは読み終わったらメルカリで売ってしまうのがお約束なので、記録が残りません
(どんどん買い足していますので処分しないと場所がない、奥さんが怒る)
ということで面白かったマンガは自分の記録として時々ブログに掲載させていただきます(ネタがない時に)
本はすべて110円の100円引きで購入、セットでまとめると高値で売れますので、なかなかいい趣味です(笑)

今日の出来事
横須賀線東京駅‐品川駅間の地下トンネルで壁剥離事故、復旧は15時頃
朝は品川駅で折り返しだったのが、昼間は横浜駅折り返しに運転区間が後退しました、謎です
これまでも横浜駅で折り返しは何度か乗っているので、今回は出動は見送り、雨で寒いので(苦笑)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR