fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

16

1990年オーストラリア新婚旅行7、インディアンパシフィック号編(3泊3日、あまりの長さについに壊れる?)

オーストラリア新婚旅行もクライマックス。
いよいよ大陸横断インディアンパシフィック号の旅の始まりです。

1990年6月5日。
パース駅を21時発なのですが、だいぶ遅れたみたい。

それでも車掌に切符を見せるとすぐに二人個室に案内されて、
部屋にコーヒーまで持ってきてくれました♪
簡単に部屋設備の説明。
洗面設備とトイレがコンパクトについています。
シャワーもあります。
2段ベットですが、簡単にセットできます。
豪華ですね。

ちなみにこの列車にはコーチ(座席車輌)も付いています。
今回は新婚旅行なので、遠慮しておきます(笑)

ぐっすり眠れます。

6月6日。
早朝5:00。
またも車掌さんがコーヒーを持ってきてくれます。ちょっとビックリ。
食事は3食ついていて、レストランカーで、前半後半に分かれてとります。
私たちは前半。

イメージ 6

4人掛けのテーブルに、問答無用で相席になります。
相席したのは、ものすごく高齢の老夫婦。
途中で寝てしまいそうになるくらい、ユックリとした英語で、
なんとかコミュニケーションをとっていただけるのですが、
正直、ツカレマス。
座る席は、終点までずっと替わらないのです。
だから、ずっと一緒(笑)

もっとも、この列車そのものが、走る老人ホームなのです。
かなりの高齢者ばかり。
私たちの3倍くらい長く生きているような人もいます(笑)
でも、皆さん元気ですよ。

長距離列車の旅が、お金とヒマがある人専用になってしまうのは、どこの国も同じかな?

だから、私たち二人はとっても浮いています(笑)
でも、金満リゾート地と違って、日本人も全く乗っていないみたいだし、
海外旅行気分は満喫できます。
パース→シドニーという進行方向も、あまり日本人団体旅行社向けではないですよね。

ナラボー平原という、
とてつもなく何もない平らな場所を、ひたすらまっすぐ走ります。
ここが世界最長の直線距離区間です。
478キロの直線区間。東京から大阪まで一直線ということでしょうか。

昼間は、
ラウンジカーでユックリと過ごします。
ウチの奥さんは日本から持ち込んだ「パズル」の本に夢中。
ちっとも飽きないそうです。よかった(笑)
ずっと編み物をしているおばあさんがいて、仲良くなったみたい。

早朝だと、車窓から野生のカンガルーが見えることがあるそうです。
そりゃ、一生懸命捜さないといけませんね。

ウチの奥さん。
この頃から、寝台列車は好きなんですよね。
鉄道は全くキョーミないのですが。
もちろん、線路もキョーミないみたい(笑)


私はひたすら車窓を眺めます。線路~♪
何もない平原ですが。
ところどころに、工場が出現するのです。

イメージ 1

ちょっと減速すると、
細い線路がクイッと分岐します。

デルタ線が形成されている場合が多いですね。
なにしろ、土地はいくらでもありますから、線路ひき放題です♪

イメージ 2

もっと楽しいのは、保線基地。
なにしろ、全く人家のない大平原が延々と続きます。
町がありません。
だから、沿線に保線の人が住む場所が必要になります。

イメージ 3


イメージ 7


いいですね~。
ちょっと住んでみたいですぅ。
時々、棲家も移動するのでしょうね。機関車に連れられて♪

改めて写真を見ていたら、
なかなか鉄道模型向きの「お家」ではないですか。
作ってみたいな。
もちろん、住民はウチの夫婦です♪

夜。クックという駅に停まりました。
これぞ、ナラボー平原の本当のど真ん中。

イメージ 4

保線工事の家族だけから構成される小さな「町」があるのです。
町だから、一応みやげ物屋もあります。1軒だけ。

この看板は、ホームの真ん中に置いてあります。
この町、最大の観光名所。
チョット有名なんですよ。

看板に書いてあるとおり、
もし「病気」になったら、本当に「病院」があるのかな?
ひょっとしたら、病院も線路の上かもしれませんね。入院したい♪


6月7日。
今朝も車掌さんお手製のコーヒーサービスから始まります。
残念ながらカンガルーは見つかりませんでした。

ちらりと海が見えてきました。大平原はオシマイ。
ポートビリーという駅。
ここでアデレードに向かう線路が海側に分岐します。
この列車はアデレードに立ち寄って、またここまで引き返してくるのです。
かなり無駄な動きですね?(笑)

日本で言えば、
トワイライトエクスプレス(大阪→札幌)は、
線路の都合で新潟駅には立ち寄りません。
例えれば、これが新津駅からわざわざ新潟駅まで往復している、みたいなものです。

もっとも、
オーストラリアのアデレードまで往復する路線は、とっても長いのです。
新津~新潟なんかの比じゃありません。
それでもわざわざ立ち寄るのです。なんで?

イメージ 5

アデレード到着。
ここは意外と大都会でした。

謎は解けました。
驚いたことに、乗客のほとんどはここで降りてしまいます。
新しい乗客がたくさん乗り込んできます。
この駅で、全く別の列車のようになります。知らなかった。

かなり遅れて、アデレード出発。
機関車の向きが変わります。

夕食のレストランカー。
老人ホーム列車は、いつのまにか普通の列車になっていました。
相席していた、あの老夫婦も降りていました。

なんだ、みんな大陸横断に挑戦しているんじゃないんだ。
パースからここまで2泊2日。
お楽しみは、あと1泊ですよ。

私たちはオーストラリアの老人たちよりもヒマなのね(笑)

分岐したポートビリー駅を通過するときは、すでに夜でした。
再びシドニーまでの本線にもどりました。

6月8日。
早朝、野生のエミューが見えました!
ウチの奥さんはカンガルーも見たそうです。
私はちょっと見逃したのですが・・・

カンガルーが2匹、
列車と競争して走ってきます。
ピョンピョンピョン♪

今度は奥さんが見逃してしまい、大騒ぎ。クヤチぃ~?

とにかく、ロビーカーに行って、
編み物おばあさんにカンガルー報告です。
このおばあさんは、シドニーまで行くんだね。根性あります。
よしよし、と褒めてくれたみたい。

ロビーカーばかりにいましたので、
最後の日くらいは個室でゆっくりしましょう。

平原を過ぎると、急に人工物が増えます。
家畜も多い。

なんか、早くも大平原が懐かしいなぁ。

シドニーの手前に山脈があります。
これが有名なブルーマウンテン?
山越えが終わると、とうとう電化区間にはいりました。
ディーゼル機関車から電気機関車に交替します。

暗くなってきました。
シドニーまであとどのくらい?
列車が遅れているので、よくわかりません。

ウチの奥さん、かなり疲れてきたみたい。
私もです。
日本を出てから、かなり長い旅ですからね。
ちょいと疲れが溜まったみたい。

何故かいきなり、
部屋の中で歌謡ショーがはじまりました。
二人で大声で歌っていました(笑)
もちろん、カラオケなんかないよ。

気晴らしですね。
大声出してゴメンナサイ(笑)


夜のシドニー駅にやっと到着。
3泊3日の大陸横断列車の旅、ここに終了。

世界3大鉄道完全制覇の伝説もここに達成!
新婚旅行用に残しておいて良かった?(笑)

ラストのシドニー編に続きます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

線路の上の家だなんて・・・なんて素敵なんでしょう♪これなら旅行に行くのに旅行カバンに荷物を詰めてなんてことはしなくなります。
ぜひ日本でもやってほしいです~

No title

mikanさん。トレーラーハウスなんて目じゃありません!(笑)
日本でも、貨車を利用して作って欲しいです。ワムさん1両譲ってください。

No title

しびれますね!。引込線のタンクには・・・。オーストラリアも貨物は斜陽で、もうこんな光景は見れないのでしょうかねぇ・・・。

No title

途中の専用線?がシビレますね~♪^^ 廃線なのか現役なのか謎なところがまたいいです…!

No title

線路のお家って素晴らしいです。今でもこんなのあるんでしょうか?

No title

私もインディアンパシフィックに乗りましたが、アデレード→パースのみです。途中のCook駅で最後部の線路を見に行ったら、気が遠くなるほど線路は真っ直ぐでした。
朝食のチョイスに、ステーキありませんでしたか?朝からステーキなんて、そう感じましたけど。

No title

そのタンク車は生活用水ですかね、凄い、なんかぁー、人ある程度いるけど灯台守(^^;のような人里離れた生活ですね。
うーん、そもそも日本の場合、深夜の保線要員の移動は自動車で行なっているのではないでしょうか?
そのような人員輸送用車輌が見当たらない…と思います。

No title

LUNさん、インディアンパシフィック号の記事楽しく読まさせて頂きました。やっぱり、いつか乗りに行きたい!その気持ちが募りました^^

No title

惜しい!!もう少し上まで写っていれば・・・お顔が拝めました^^; 日本ではトワイライトは長距離列車の部類に入りますが、オーストラリアはもっと長いのもあるでしょうね。スケールが違いますね。

No title

かめこくさん。超長大貨物列車と何度かすれ違いました。オーストラリアも鉱山資源が枯渇してきたのかな?

No title

あきらっちさん。デルタ線は本当にシビレました(笑)廃線か現役か、見た目では全くワカリマセンでした。

No title

はなゴンさん。保線の仕事もだいぶ合理化が進んでいるらしいです。お家も減ってしまったでしょうねぇ(泣)

No title

Silverkrisさん。レストランカーは相席のじいちゃんばあちゃんのことしか覚えてないですねぇ(笑)
ちなみに朝からステーキでも全く気にしません(笑)

No title

ガンモさん。そもそも鉄道の保線要員が鉄道を利用しないというのが、意気地がないです。
きっとあの「家」には、線路に人生を捧げた人々が住んでいるのでしょう。美しい(笑)

No title

Shaneさん。大陸横断鉄道もいいけど、最近やっと開通した縦断鉄道「ザ・ガン」も良さそうですねぇ。

No title

うーちゃんさん。首から上は映倫カットですぅ(笑)
二人で旅すると、どうしても一緒に撮っちゃうのですよね。
当時はデジカメじゃないし。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR