fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

10

熱砂の国モロッコ巡礼3、アトラス山脈越え編(土で出来た要塞もあります、頂上まで行きたかったよぅ)

イメージ 12

お暇な方は、part1から読んでね。
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/51231959.html


9月1日。
午前中のマラケシュ観光を済ませると、
いよいよアトラス山脈越えです。

モロッコという国は、
アトラス山脈が東西にのびています。
この山脈は、3つの大きな山脈が並行して成立しています。
これを越えるためには、律儀に峠越えのアップダウンを3回も繰り返さないとイケナイのです。
(私の落書き地図の、茶色がアトラス山脈のつもり。東側の隣国アルジェリア側にサハラが広がります)

山脈を越えないで、海沿いの古都だけを旅するのもモロッコらしいのですが。
今回は砂漠がメインです。
これを越えないと念願のサハラ砂漠は歩けません。
本当の熱砂の国に行くためには、やはりアトラスは越えないとね。
(古都の間の移動でしたら、鉄道も使えるのですが、山脈を越える線路はアリマセン、泣)

マラケシュを出発したミニバスは、
今晩の宿泊地ワルザザードを目指します。
214キロ、3時間半の長い旅。

快調に、長い長い坂を上り、そして下ります。それを3回も繰り返すの。

イメージ 1

山越えの途中。
山に張り付いて、土で出来た集落がたくさん点在。
どんな生活をしているのかな?

もっとも、
電気は通っているし、
屋根にはパラボラアンテナです。
ちょっとイメージ狂いますね。
(ウチにもアンテナないんですいけど、泣)

イメージ 5


蛇行に継ぐ蛇行。

イメージ 3


イメージ 2

途中でお茶タイムなんかもありますが、

バスの中で、ちょいと気持ち悪くなる客続出。
ウチの奥さんも、ちょいと気持ち悪いとか。

イメージ 4

そういう時は、
目の前の羊さんでも見ましょう。

残念ながら天気はイマイチ。
でも、暑くなくて旅には最適らしいです。
坂道がキツイと、ミニバスは冷房を切らないといけないのです。
暑い日だったら、車内は灼熱地獄だとか?
熱砂の国を期待していたおバカさんとしては、ちょっと複雑な気持ち。


夕方。
突然の雨!
ますます熱砂の国らしくないですねぇ

今日の観光先のアイト・ベン・ハッドゥに到着。

イメージ 6

これはスゴイ。
有名な世界遺産らしいのですが、歴史的にはあまり価値が無いという面白い建物。

昔々。
このあたりは部族間の争いだらけ。
そこで、集落を要塞化することになりました。
しかも土で出来た要塞なのです。

こんなものが、この先にたくさんあるのですが、
これが一番有名みたいです。

ユネスコが修復しましたが、やっぱり土ですから、当然危ないです。
政府は引越し先まで用意しているらしいのですが、
未だにこの要塞の中で暮らしている人がいる、
というのもこの要塞のウリです。
まだ家としても機能している、と強調したいのですね。


イメージ 7

雨が止みました。
要塞の中に突入しましょう!
川があるのですが、水があるのは雨季(冬)だけです。

イメージ 8

中に入ってみると。
確かに暮らしている人がいるみたいです(ゴミ箱発見)、
なんのことはない、
観光で儲けようと、店を構えて居座っているだけです。
どこも同じですね。

イメージ 9

この要塞の頂上まで行きたかったのに、
地元ガイドが言うには、雨が降って地盤が悪いからダメだって。
余計なお世話だよ!

う~む。残念。


このあたりは、有名な映画のロケ地らしいです。
この要塞も、最近では「グラディエイター」という映画で使われたとか。

この先には、
なんとモロッコハリウッドがありました。

このあたりの土地は、いろんな撮影シーンに利用できるらしいです。

イメージ 10

でも、
こんな工場?の中で撮影されていたとは。
この門の立像は、どうやらエジプトを舞台とした映画のセットの名残らしいです。

ワルザザードに到着。
フランス植民地時代に軍隊駐屯用に出来た街ですから、
歴史的価値はありません。

イメージ 11

街のモニュメントは映画のフィルム。
映画の街としてちょっと有名らしいです。
この街の住人はエキストラ出演慣れしているということで、
不用意にカメラを向けると、出演料を要求されるとか(笑)

今日のホテルも街の郊外。
長距離移動で疲れましたので、即オヤスミです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

土で出来た街なんですね。雨が降ったら溶けてしまいそう。こんな所で映画の撮影が行われているんですね。

No title

土の家や要塞、とってもモロそう~。寝てる間に落盤なんて起こったら生き埋めになってしまうってことですか。
ツアーだから鉄道に乗り難いのが残念ですね。

No title

土をこねて作った家。地震帯の上で暮らしている身には怖い代物ですね。(笑)

No title

あっ、去年北京で乗ったベンツのミニバスだ(^^)
モロッコと聞くとカルーセル麻紀が最初の思い浮かぶのは何故でしょう(笑)

No title

NHKの番組のような写真ですね。

No title

パセリさん。まわりに何にもない荒野のシーンがロケに受けるのでしょうか?

No title

はなゴンさん。雨が少ない地震がないから、大丈夫なんだそうですよ。ホントーですかね?

No title

テクテクさん。土だから崩れてきても案外カンタンに脱出できるかもしれません。そんなことないかな?(笑)
崩れて被害者が出ている、という話はあまり聞きませんでした。

No title

ガンモさん。私はワムさん以外は詳しくないので、ベンツってワカリマセン(笑)
モロッコは、あの手の手術で有名だったらしいです。上手なフランス人医師がいたそうです。今は、手術の本場はタイに移ったらしいとか。御希望でしたら、バンコクへ(笑)

No title

キョロチャンさん。教育テレビ並みの教養ブログを目指しています!(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR