fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

10

熱砂の国モロッコ巡礼6、再びアトラス越え編(スーパーでビールが買えるんだよん♪)

熱砂の国モッロコ巡礼。
ツアーのハイライト、砂漠が終わってしまい、後半戦に突入。
(どこが熱砂だったのでしょうか?、笑)

お暇でしたら、PART1から読んでね。
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/51231959.html

イメージ 9

9月3日。
早朝のサハラ砂漠からホテルにもどり、朝食。
めずらしく、
ツアー客でまとまらず、バラバラで食べることが出来るので、
楽しく二人でプールサイドで♪

本当は砂漠の帰りに、ざぶん♪と行きたいのですが。ちょっと時間は無い。
イメージ 1

ネコが多いのですね。
子ネコが。
ここのホテルだけではなく、あちこちにいました。
犬もいました。
イスラム教徒は犬はダメかと思っていましたけど、違うみたい。

今日はエルフードからフェズに向けてひた走ります。
ツアーの中で、最長距離を走行します。461キロ約8時間。
早朝、メルズーガ大砂丘まで往復しているから、もっとかな?
アトラス山脈群を再び越えて海岸側にもどるわけですね。

ひたすら移動の日。

ミニバスの中は、ほとんど熟睡状態。
ウチの夫婦を除いて。
だって、移動の車窓だってツアー代金に入っているんだよ。
そういう風に、添乗さんが言っていたよ。
だから、静かな車内で二人で騒いでいました。

だって。
こんなにスバラシイ車窓なんですよ。

イメージ 2

オアシス。ナツメヤシの大群。

イメージ 10

これからアトラス越えだぁ~。休憩のガソリンスタンドにて。

イメージ 3

カスバ。人が住んでいるのかなぁ?

すごい地層の連続です。
グランドキャニオン顔負けだと思うのですが。

岩砂漠から、
アトラス山脈を越えて、だんだん樹が生えてきます。

アトラス杉、なんていう特産品もあり。

イメージ 4

山肌に、何か書いてありますね。
あちこちにありました。

モロッコへようこそ!

(ではなくて、王様を讃える言葉らしい、ツマンナイの)

延々と、延々と走り、

イフランという、モロッコのスイス?といわれる場所に立ち寄ります。

イメージ 5

なんと、花です。花壇です。庭園です。
熱砂の国で、こんな光景が見られるのですね。
水が貴重なこの国では、イキナリ珍しい光景。
まだ、内陸部なんですよ。

町全体が、なんとなくスイスっぽいというのがウリ。
スイス風ホテルの前に停車。ここで少し自由時間。
先ほどの花壇まで行ってみましょう。

う~む。
花壇の手前には厳しいゲートがあります。
なんと王様専用なのです。

モスクや王宮に入れなくても構わないけど、これは気に入らないな。
この国のなんとか王様が一気に嫌いになりました。

もっとも、冷静に考えてみると、
モロッコまで来て、なんちゃってスイスを見学するなんて、
全く時間の無駄ですね。
熱砂に触れていたかったなぁ(泣)

夕陽が沈む頃。
フェズに到着!

大きな街です。
ここは新・新市街といわれる新しいエリア。
噴水が出迎えてくれます。

ホテルは市街からだいぶ離れています。
今日は近くのスーパー見学をしましょう。

モロッコというのは、
他の中東諸国同様、
値段がない世界、ということになっています。
買うときは、丁々発止の駆け引きが欠かせないらしいです。

でも。
そんなの昔の話になりつつあります。

イメージ 6

近年は便利なスーパーがどんどん出来ています。
もちろん、値段が付いています。日本と全く同じ。

イメージ 7

味気ないような気もしますけど、
生活用品は暗黙の値段が決まっているのです。
つまり、値段がないことは、観光客からボッタくるためのシステムと言っても過言ではありません。
だから当然不評。
地元の人だって、値段があるほうがイイに決まっています(たぶん)

イメージ 8

奥さん、お土産を大量に購入♪


このツアー。
フェズに2泊するところがウリなのです。
ゆっくり楽しめるかな?

スーパーで地ビール「カサブランカ」をたくさん買いました。
ホテルの部屋のベランダで、早速乾杯です。
イスラム圏なのに、スーパーでお酒が買えるんです♪

ちょっと洗濯もしちゃいました。
さて、明日の丸々一日フェズが楽しみです。
世界最大の迷宮都市、というのが売り物。
迷子になるぞ~!(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

始めまして” ヒロとハルです。 コメ 有難う御座いました。 ご推察の通り 大○旅館です ひどかったよ!
でも 旅人はめげません。 楽しく続ける為に
エール ヨロシク!

No title

モロッコにバカンスですか!いいですね!!

No title

最近はどこの国行っても、先進国のようなスーパーがあるんですね。
なんか、海外に行ってまでスーパーか・・・と思いますが、便利なのは確かですよね。

No title

ヒロハルさん。モロッコにもあんなヒドイ宿はないでしょうね。

No title

ja8190さん。バカンスというより、冒険のつもり?(笑)

No title

帯解さん。海外に行って、スーパーくらい面白い場所はないのですけどね。庶民の物価の相場も分かるし、なによりオミヤゲが安く仕入れることが出来ます。

No title

そのヘビでも入っていそうな陶器は買ったんでしょうか。
スーパーのお菓子は格安なのですが、小袋に入っているのが少ないのでカイシャ用のお土産にはちょっと難があります。

No title

ガンモさん。これはタジンと呼ばれるもの。モロッコの代表的料理タジンを作る調理器具です。これで作ると、なんでもタジンと呼ばれます。これは便利だ(笑)もちろん、買いません。
会社用ミヤゲは、世界共通のチョコと相場が決まっております。

No title

はじめまして♪
「こんな記事もあります」から訪ねてみました。
車窓からの写真、グッドですね☆
私は窓側ではなかったので撮りにくくて見るだけでした。
この景色はザイオン~ブライスキャニオンの景色を思い出させてくれました^^
私はスーパーを撮るのは思いもよらなかったので、画像を見て思いだし、楽しませて頂きました♪
ありがとうのポチ☆

No title

jocularさん。はじめまして。
昔の旅記事を読んでいただきありがとうございます。
3年前のモロッコより、今年の日本の夏の方がはるかに暑いですね(爆)
海外旅行に行くと、必ずスーパーはチェックしています(笑)。
他の国の旅行編にもたぶんあるかな?
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR