fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

9

熱砂の国モロッコ巡礼8、ローマ遺跡&線路編(やっと線路巡礼が出来ました。しかも世界遺産です、笑)

ちょっと海外旅行で休みます、と言うと、
必ず返ってくる言葉が
「今度はどこの列車に乗ってくるんですか?」

う~む。
恥ずかしながら、今回は「どツアー」でして、
列車の移動は含まれていないし、乗る自由時間もないのです(泣)

そんな鬱憤を、ちょっとだけ晴らしてきました。

9月5日。
迷えない迷宮都市フェズの観光もオシマイ。
ホテルを出たミニバスは、一路カサブランカを目指します。

途中、フェズ郊外のローマ遺跡を訪れます。

モロッコは、あのローマ大帝国の広大な領土の西のはずれでした。
紀元0年前後の話かな。

そのローマ時代の遺跡として、モロッコ国内最大のものが
ヴォルビリス遺跡といわれるもの。一応、世界遺産です。

ちなみに国内に点在するイスラム関連の古都や遺跡なんかより、
はるかにはるかに古いもの。

我が家は、古代ローマ遺跡を見るのが好きなので、
イスラム遺跡を見ちゃうと、どうしても新しく思えちゃいます。
もちろん、古ければいいというわけではアリマセンけど。

イメージ 1
イメージ 2


イメージ 12
イメージ 3

遺跡の中に入場~。
ちなみに、ここは暑いことで有名らしいです。
灼熱の遺跡観光?、屋根がありませんからねぇ。
でも、早朝のせいか、曇っているせいか、さほど暑くはなく快適。

近年。リスボン大地震というのがあったそうで、
そのときまで、かなりの部分が残っていたそうです。
それを、ちょっとだけ復元してみたらしいです。
ちょっとだけ、というのは好感触ですね(笑)

ここまでは、
よくあるローマ遺跡ですけど。

イメージ 4
イメージ 5


イメージ 6
イメージ 7

モザイクがよく残っているのが見事。

イスラムの幾何学的モザイクもいいけど、
これもいいですねぇ。

本当は「立像」もたくさんあったらしいのですが、
すべて首都の博物館にもっていかれてしまったとか。
一体くらいは残しておいてもいいのに。

この遺跡は小高い丘にあって、
周囲はオリーブ畑。
もう、あまりモロッコらしくないのですけど、美しい光景です。
この遺跡にもコウノトリの大きな巣がありました。

遺跡の中をフラフラと歩いていると、

あっ!!

こ、これは!


イメージ 8
イメージ 9

なんと♪ 線路です♪♪

イメージ 10
イメージ 11

遺跡の中に、線路があります。

というか、線路が残っています。

いったい何時の時代のものなのでしょう?
ローマ時代はもう「鉄」があったから・・・?

トロッコも残っていれば、さらに調査が進むのですけど、
すでに歴史の彼方に消えてしまったらしい。
というか、線路の先は柵です。有料の遺跡ですからね。現実です。

時を越えて、線路だけがポツリと残っているのです。

熱砂の国に来て初めて、線路を巡礼させていただきました。
ちょっと感激です。

美しい。
あのモザイクたちと一緒に、ここで永久保存していただきたいです。
それが世界遺産ってものですよ(笑)

このローマ遺跡。
確かに規模は大きいかもしれませんが、
円形の劇場がありません。
ちょっと物足りないね。

やっぱり、あの線路がないと、あまり価値がでませんね(笑)

現地ガイドは線路の説明をしようとしないけど、
きっと歴史的価値を知らないんだな。
土産物屋やミントティなんかより、よっぽど美しいのにね。

ということで、
熱砂の国の線路巡礼、じゃなくてローマ遺跡見学はオシマイ。
だいぶ妄想も入りました(笑)

最終目的地カサブランカに向けて出発です。


おまけ。
初日のカサブランカからマラケシュに向かう途中。
複線電化線路に沿って少し走りました。

イメージ 13

こんなステキな鉄橋がありました。

イメージ 14

赤い大地を列車で走ったらステキでしょうねぇ。

再びカサブランカに向かう途中でも、電化複線と遭遇。
海側の主要都市間は、意外と線路網が整っているみたい。
でも。その割には列車の姿をほとんど見かけません。
利用し易いとは、言い難いみたいです。(私が見ることが出来なかっただけ?)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

遺跡に線路があるんですね!びっくりです!鉄道って機関車が出来てからのイメージがあったのですが、ずっと昔からあるんですね!

No title

一気にここまで読みました~。ツアーとは想像できないほどの楽しい旅ですね~。下手なガイドブックを見るより、モロッコに引き込まれました~。でもいちばんの感動はやっぱ線路ですね~

No title

LUNさん、訪問&コメントありがとうございました。僕の行ったルートとは逆周りでしたが、モロッコっていいですよね。当分モロッコネタで楽しめそうです。

No title

お宝運び出し用トロッコの線路でしょうか。
ちょこっと検索してみると、マラケシュ-カサブランカ間を列車で移動するツアーもあるようですが、どーなんでしょうね。電化はともかく、複線って???

No title

arigatoさん。この遺跡が西洋人に発見されたのはつい最近みたいですから、まぁ、そういうことでしょう(笑)

No title

mikanさん。どツアーですから、全く旅の苦労がないんですよね。こうして記事にでもしないと、すぐに忘れちゃいます(笑)

No title

MOOさん。はじめまして。砂漠まで行くと、どうしても忙しいですよね。砂漠でゆっくり出来ないツアーは、やっぱり・・・。
もう一度行くなら、今度はスペインからジブラルタル海峡を渡って、と夢が膨らみます(笑)

No title

ガンモさん。砂漠に行かずに古都を巡るだけでしたら鉄道旅行もありみたいでした。今回は砂漠がメインなので(泣)
国内の治安は抜群に良いらしいのですが、何故か列車内では犯罪続出らしいです、謎。

No title

モロッコ。不思議な国。。。
るサンの見聞だから、面白いのだと思います。
本当に、プールなど大変な富豪がいて、一方で電車も乗れない人たちがいて、
その人たちの中では治安が良いのに、
電車に乗れるレベルのところに、
プロのスリが入ってるのでしょうか?
お金持ちからは奪っていい、神様の思し召しだ、という視点が、アジアの貧しかった国では当然だったというエッセイを読んだことがあります。
東南アジア、戦後のすぐのフィリピンだったか、
日本人が別荘を持っていてメイド達は平気でそれらを持ち去る都いうことですが、実は2008に通過した健康保険から高齢者と障碍者を外すことになる前年で、異常な自体が大阪では頻発しだし、60歳以上の人たちがどんどん町から姿を消し、北摂のニュータウンではシャッター通りまでできてしまった時期です。
熱砂と言いますが、熱風で焼きつくようなはずですのに、異常気象が都合良く転じてるのでしょうか?
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR