fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

6

熱砂の国モロッコ巡礼9、カサブランカ&帰国編(カサブランカって、ツマラナイ街でしたぁ)

イメージ 1

9月5日。
熱砂の国巡礼も最後の日。

この日はフェズからカサブランカまで、ミニバスの移動だけで400キロ、約6時間半。
最後の長丁場。
だけど、バスの車窓を見ていると全然飽きませんよ、ウチは(笑)

ヴォルビリス(ローマ遺跡)を訪問した後、さらに西へ。

もう車窓は全く砂漠を感じさせません。
緑が多くなってきます。
相変わらず、遊牧の羊さんはたくさんいますけど。

モロッコはちょうど地方議員選挙運動の真っ最中。
マラケシュやフェズで選挙運動のデモらしきものに何度も遭遇。

イメージ 2

こいつらは
なんと選挙活動の真っ最中。
車からビラを撒くのです。
迷惑な奴らですねぇ。
外国人に配るなよ(笑)

イメージ 3

これがビラ。
これは「シカ党」のビラ。
もちろん正式には「モロッコなんとか党」というのでしょうけど、
なんでも、文字が読めない人が多いので、
こういう分かりやすいキャラクターで区別するらしい。

他には「ランプ党」「クルマ党」「天秤党」なんかがありました。
「線路党」はありませんでした。まだまだ認知が足りない。残念。

×がしてあるので、
シカ党はダメ、という対立候補の中傷ビラかと思いましたが、
この×が、選ぶという意味らしいです。日本で言う○(オーケー)ですね。

政策の違いはワカリマセン。
残念ながらアラビア語なんです。
もちろん、日本の選挙だって、全然分かりませんけど(笑)

イメージ 4

途中の休憩で、
名物の化石売りがやってきました。
ウチの奥さん、甥っ子にミヤゲを買ってあげるということで、ちょっと物色。
別に、偽物で全然構いませんから。
アンモナイトの化石。
とりあえず半分以下に値切ったので、いいかな。
20DH(約300円)。
あの砂漠のラクダ行商人からも、同じようなものを売りつけられるそうです。
なんでも、ものすごい値段だったらしいけど、聞かないのがエチケットです(笑)

そういえば、化石工場というのがあるらしい。
希望すればみやげ物ツアーとして連れて行ってくれたらしいのですが、
誰も希望しなかったので、ボツ。
だって、化石「工場」って、いったい?

でも、ちょっと行ってみたかったです(買わないよ、笑)

イメージ 5

リュウゼツラン。
というのが自生しています。
日本ではたいそう珍しい花だそうです。
確か日豊本線のどこかの駅(たしか宮崎県内)のホームでこれが50年ぶりに咲いて、
ニュースになっていました。
それがたくさん咲いています。
わざわざ宮崎まで行かなくても、見れちゃった(笑)
ひょろりと長い花。

イメージ 12

モロッコといえば、
ナツメヤシ。
オアシスに密集していましたね。
だんだん都会に入ると、今度は街路樹とか観賞用として植わっています。
この国の人は大好きらしいです。
スーパーでも実をたくさん売っていました。
でも、ちょっとオミヤゲにはならないなぁ。

メクネスという街に立ち寄り。
ここもなんとか王朝の古都。
古都といっても、植民地時代の少し前の話だから、新しい。

ここはなんとか王様の墓が見学可能。
モスクはダメだけど、墓はOKというのは、この国の一貫した観光方針。

イメージ 6


イメージ 7

イスラムの幾何学モザイクはキレイですよ~
ここでは、床に座ってじっくりと鑑賞。

イメージ 8

城壁のなんとか門が有名です。
ちなみに、端っこにある白い柱は、あのローマ遺跡から拝借してきたらしいです。
西洋とイスラムの合体です?

ここから高速道路に乗ります。

モロッコの首都はラバト。
でも、ここには寄りません。近くは通るのですけど。
ちょっと見たいものがあったんですけど。残念。


大西洋が見えてきました。

カサブランカに近づくと、
もうどこにでもあるような雑踏。
モロッコ最大の街です。
とにかく大都会。
渋滞もあります(泣)

でも、ここは植民地時代に大きくなった、新しい街。
この街の名前はとっても有名ですけど
な~んにも見るべきものがないらしい(笑)

イメージ 9

そんななかで目立つのが、このなんとかモスク。
つい最近出来た、ハイテクのモスクです。
世界で3番目に大きいらしい。
海を埋め立てて出来ています。
とにかく、でかい。
日本のなんとか巨大観音みたいですね。
夜はレーザービームが発射されるらしいです。

イメージ 10

現地ガイドが言うには、敬虔な信徒である国民からの寄付で出来たらしいですけど。
ガイドブックによると、ものすごい国家事業で、これのおかげで国民は疲弊しているらしい。
私には、あえて聞かなくてもどちらが正しいか分かります(笑)

カサブランカ市内のホテルへ。
これがひどいホテル。
行程表では豪華ホテルなんですけど、いい加減にしろ!
これまで、あんまり期待していない地方のホテルが、なかなか良かったのです。

でも、最後に完全に外されました。
もちろん、苦情を言って部屋は替えさせましたけど。

そのあと。
シーフードレストランというところに連れて行かれます。
これまたパッとしなかったなぁ。


9月6日。
早朝、カサブランカ空港へ。
見所が全くないカサブランカですが、国際便の出入りは必然的にここになるみたい。

出発の時に見た34人のツアーと出遭ってしまいました。
このツアーは、はじめカサブランカに宿泊して、
当ツアーを1日遅れで追いかけてきたのです。
フェズで1泊しかしないので、最終日に空港で追いつくわけですね。

7人のツアーというのは搭乗手続きもラクみたいで、
飛行機は2人で並んで窓際もキープ。

そして、
また長い長いカタール航空の旅。
帰りはドーハ空港での乗り継ぎ時間が短い分、早く着きます。
といっても、
22時間くらいの飛行機の旅ですけど。

イメージ 11

中国の上空を通るとき。
こんな光景が。
砂漠とはずいぶん違うなぁ。
あれがエベレスト?(違う)



着いた日の記事にも書きましたけど、
どうにかこうにか、無事に帰ってきました~。
ちょうど巨大迷惑台風が過ぎ去った後でした。ラッキー。

モロッコ巡礼の旅。
次はオマケ編の予定です。
まだ書くんだぁ(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

北海道でミンク飼育場(工場?)を見学した時も、ふらりと訪れた二人ずれなのに丁寧に案内人がついてくれて、と思っていたら最後はしっかりと製品売場に。さすがに逃げられず思わぬ出費になりました。
こんなんで海外に行ったら完全にカモですね。

No title

ぜひ線路党を作って欲しいですね~。政策はもちろん、ワムさんの存続ですね~

No title

ネコテツさん。私も昔、甲府城跡を見学していたら、親切に説明してくれる人が現れて、最後に「宝石屋さん」を紹介されました。
即答で断っちゃいましたけど(笑)

No title

mikanさん。アトラス山脈の向こう側には「線路」そのものがないのでムリみたいです。もっとも、地方より都市を優先する「線路党」には有利かもしれません(笑)

No title

そこのツアーは30人が基本単位ですよね。
去年の北京の自由行動の日、観光地であの団体を見つけ日本語解説がタダで聞けるので勝手についていってみたのですが、あまりの早足に挫折してしまいました(^^)
関西では、そこと経営統合した電鉄会社系旅行会社も格安ツアーで有名です。

No title

ガンモさん。ツアーはイヤですよね。でも、致し方なく(笑)
あの半身フレンドツアーは、一度パンフレットを取り寄せただけで毎回送ってきますよ(使ったことなし、笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR