fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

8

2005年ドイツ・プラハの旅6、ハイデルベルグ編(でっかいお城でインタビューされました。海外旅行とは走ることです、笑)

イメージ 18

ドイツの旅。
楽しいライン川下りを終えて、さらに電車を乗り継いでハイデルベルグまできました。

今日のハイデルベルグのホテルは予約済み、でもあまり場所が良くわかりません。
歩いて探してしまいました。
30分くらいかかりました(泣)
駅前に安いホテルがあったのにぃ。

ハイデルベルグといえば、お城と川と橋です。

駅からお城までかなり離れています。
ホテルはその中間にあって、実に中途半端じゃぁ。

もう夕方ですけど。
がんばって、ハイデルベルク城に行きます。
街の中心の広場までさらに20分くらい歩き、19:30。

イメージ 1

広場の中心に面した、史跡ホテル。
ローゼンホテル。騎士の館ホテルです。
ローゼンって、騎士という意味だったのですね。勉強になります。

イメージ 2

広場からお城を見上げます。
攻めるぞ~

残念でした。
城内見学は18:00までの張り紙。
でも坂をのぼります。城の中には入れませんでしたが、
周囲の散策路から大きい城が良く見えます。

イメージ 3

西日です(これで20時)


お城をしばらくながめていたら、
ドイツ人の若者がマイクを向けてきます。
友人の結婚式用に使うとかで、いきなりインタビューを求められてしまいました。

ついに、ドイツデビューです。
何か芸を見せてあげたのですが、忘れました。

イメージ 4

その後、
彼らはヤギにもインタビューしていました。
つまり私へのインタビューはヤギと同じということみたいです。
キワモノ扱いということですね、間違いなく(笑)

そんなことをしていたら、
ネッカー川にかかる有名なカール・テオドール橋に行くのを忘れてしまいました。

橋に行くのを忘れていました。
せっかく夕陽があたってきれいな時間なんだから急がないと。

イメージ 5

急いで城をおりましたが、橋に着くと、夕陽タイムは終わってました。20:45。
まぁ、上から橋をさんざん見たからいいか。

お腹が空いてきましたが、
橋のすぐそばにある、これも有名な「哲学者の道」を歩いてみます。

イメージ 7

かなり狭い道を登ります。
両側が石の壁だから、ものすごく暗いです。
こんな道が人気なのかな?

イメージ 6

でも、途中のビューポイントから、
川、橋、そして城がよく見えます。

京都の「哲学の道」と、どちらが本家なのでしょう?

城下の広場にもどり、やっと夕食。21:30。
広場で食事が出来るんですよ。

イメージ 8

ハイデルベルガーというご当地ビールも美味しいです。
城のライトアップを見ながら食事。

子供連れの韓国人団体が騒いでます。
そういえば日本人団体をこれまで見ません。
中国人・韓国人団体ばっかりです。ご時勢でしょうか。

食後、再び橋までもどって、城のライトアップ見学。
ホテルにもどったのは23:00。さすがに疲れた。


8月1日(月)
ドイツに来て5日目です。

今日の予定は朝になっても決まらず。
宿泊地も未定。

行きたいところが2都市あります。
ニュルンベルグとバンベルグ。

どちらに行こうかなぁ?
散々迷いました。

当初の予定では、
ハイデルベルグに来たのは、
ネッカー川に点在する古城都市を見に行くことを想定していました(俗に言う、古城街道)。
でも、ライン川で古城は十分堪能したので、そちらはパスします。

昨夜寝る前に立てた予定では、
とりあえず、この街は早朝に旅立つつもりでしたが、
ホテルで朝食食べていたら気が変わりました、
というかまたまたのんびり朝食食べていたので、予定の列車に間に合いません(バカじゃん、泣)

結局、次の列車まで時間があることから、ハイデルベルク城内を見学することにしました。

8:00から入場できるので、それにあわせて階段を駆け上がり急ぎます。
すごい汗。城内一番乗り?。

イメージ 9

早朝のネッカー川♪
これを見るだけでも、昨夜に続いて登城した甲斐があります。

イメージ 10

有名なワインの大樽を見学。
奥さんは結婚前にツアーでドイツに来たことがあります。
そのとき、覚えているのはこの大樽だけだそうです。

イメージ 11

ツアーっていったい(笑)

イメージ 12

これが城の内部。外から見たほうがステキかも。

なんと日本人団体ツアーが入場して来ました。
やっぱり避けたいです(笑)
大樽を見ただけで、9:00、城を後にします。

本当は朝の橋も見に行きたかったけど。

9:44発の列車を目指し、走ってホテルにもどります。
スーツケースをころがして駅に急ぎます。
トラムも走っているけど歩いたほうが早い。

というか、走る!

どうしていつもスーツケースもって走るんだろう?(笑)
タクシーを利用するという考えは、全くないみたい。

なんとか間に合いました、つかれたぁ~。
たぶん、今回の旅行でここが一番つかれたなぁ。
でも昨夜のうちに橋と哲学の道に行っておいてよかった。

ハイデルベルグ9:44発Sバーン(近郊快速列車)は空いています。
マンハイム10:02着。

イメージ 13

ここから10:07発のICE、満員です、全く席なし。
バックの上に仲良く座り込んでいました。10:38着。

フランクフルト空港駅でさらに乗り換え。
ここは空港連絡駅です。
乗り換え時間が30分あるので、駅を探検。

イメージ 14

イスがぶら下がっています。
ここで未来の乗り物を体験できるらしいです。

11:09発ICEも混雑、仕方なく喫煙席に座りました。
日本と同じで、どの列車も喫煙席の方が空いてました。

イメージ 15

これは何でしょう?
宇宙船のコクピット?

イメージ 16

この列車の運転席なんです。すごいなぁ。


実は、この瞬間までニュルンベルグに行くか、バンベルグに行くか、まだ決めてませんでした。

ここまでは、どちらに向かうにも同じ路線なのです。

結局、
両方とも行っちゃおう!
ということになりました(笑)

バンベルグに泊まって、
その日のうちにニュルンベルグ日帰り観光しちゃうんです♪
(その逆もアリで、どちらにするかで、また迷いました)

ウルツブルグ12:26着。ここで3度目の乗り換え。
12:38発RE(快速)でバンベルグ13:36着。

イメージ 17

ICE(都市間特急?)は常に混んでいますが、近郊列車は空いています。
おまけに2階建て電車が主流。車窓は最高!

すぐにバンベルグ駅前でホテルを捜します。
地球の歩き方紹介の駅前ホテルがすぐに見つかり€76、荷物を置いて、ニュルンベルグへ。

そうです、欲張って両方の町を見学するんです。
急げ~!

ニュルンベルグ編に続く!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。ICEの運転室っていかしてますねえ。
前は見えないでしょうけれど、やっぱり運転室真後ろは特等席ですね。

No title

ワタシ春の海外旅行はドイツかもしれないってウワサです。ウワサです。

No title

ノーヌキさん。あの運転席すごいでしょ!?
あんな特等席があったのなら、予約したかったなぁ。

No title

キョロちゃんさん。行きましょう、絶対に行きましょう。
今度は北ドイツ南ドイツに分断されちゃうかもしれないから、急ぎましょう(ウソです、たぶん)

No title

今日きいたウワサではド・・バイ え?ドバイ????ウワサです。

No title

キョロチャンさん。「ド」だけあってます。砂漠で歩いてね。ラクダなんか乗っちゃダメだよ(笑)

No title

LUNさん、TBありがとうございました!
ハイデルベルグは駅からちょっと離れていますよね。
LUNさんが泊まったホテルは、今回、僕が泊まったホテルと近いかもです(笑)

夕陽があたったハイデルベルグ城、いいですね!

No title

> Shaneさん
今度行ったらちゃんと路面電車に乗るようにします
出張で行きたいな~(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR