fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

4

2005年ドイツ・プラハ鉄道の旅9、国境越え編(大迂回していよいよチェコ入国、ザクセン・スイスに騙された?)

イメージ 11

2005年。
ドイツの旅もオシマイ。いよいよチェコのプラハ行きです。

今回、ドイツだけじゃなくて、どうしても旧東欧のどこかに行きたかったのです。
ベルリン同様、なにか東側社会の名残を探しています(笑)

ポーランドのワルシャワでもよかったのですが、
プラハの方が近くて行きやすいのです。

ドイツからチェコの首都プラハに行く方法はいくつかあります。
ベルリンからドレスデン経由で行く直通列車が一番便利。何便もあります。

でも、今回はベルリンから全く反対側のライン川方面に来て、てバンベルグまで来てしまいました。

ニュルンベルクからプラハまで、ローカル線で5時間でいけるのですが、

ドレスデン~プラハ間が、ザクセンスイスといわれる景勝地だそうで、
結局そこを通るために、大回りをすることになりました。

バンベルグ→ライプチヒ→ドレスデン→プラハ、7時間コースです。

わざわざ大迂回をすることになりました。

これなら、初めからベルリンからプラハに向かって、
それからまたドイツにもどって旅を進めた方が総移動距離は短かったのではないでしょうか?
ま、いいか。
鉄道に乗るのも旅のうちです(笑)


電車に乗る前に、バンベルグ駅売店で缶ビール買いました
(ドイツは瓶ばかりなので、珍しい)。

イメージ 1

バンベルグ発のICEは、やっぱり混んでました。
でも4人掛け席に座れました。

イメージ 2

対面に、先生風のおばちゃんが先客で座わっており、
外の景色をいろいろ説明してくれるのですが、
さっぱり言葉がわかりません。

でも、何かがあるから見なさい、というのはわかります。

沿線に、原発とか、空襲跡のモニュメントとか、お城とか、
忙しいです(笑)

この沿線は、旧東ドイツのはずです。

なんとなく、旧西ドイツとは景色が違いますね。
気のせいか?(笑)


ライプチヒで乗り換え。
ライプチヒは行き止まり式の立派な駅です。
駅構内も最新式、なのですが駅前は工事中。

1時間くらいあるので、スーツケースを転がして
ちょっと市内見学(根性あるなぁ)

イメージ 3

ソーセージ屋台を発見。€1で最高に美味しいです。二つも食べました。
さらに駅前でもソーセージ買いました。

イメージ 4

もうすぐ、ドイツソーセージともお別れだから、名残惜しい。

ドレスデン駅でまたも乗り換え。ここまでは座れました。

ドレスデン駅構内は大工事中。
ここは乗り換え時間が短いので外には出れず(泣)

今度はIC(国際列車)です。
この区間でザクセンスイスを見るためにわざわざ大回りをしたんだから、席取りは必死です。
意外と空いてました。
昔のヨーロッパ式のコンパートメントで、川側の6人部屋を二人で占有できました。

列車は定刻に発車、さらばドイツよ。


この駅を出てすぐ、ここからチェコ国境までが、ザクセンスイスです。

ザクセンスイスとは、
ドイツ・チェコ国境付近の景勝地、らしいです。
鉄道はそのそばを縫うように走ります(そう書いてあった)

ドイツは南側で、スイスと接しています。
つまり、ホンモノのスイスがすぐそばにあるのです。

それでも、わざわざザクセンスイスという名前で売り出すと言う事は、
やっぱりスイス以上の景勝地なのかな?

イメージ 5

町をでると川に近づき、山が険しくなってきて、奇妙な地形が続きます。
石灰質の渓谷?。

イメージ 6

なんか、スイスというイメージとはだいぶ違います。

騙されちゃった?


もうすぐチェコです。
列車内でチェコ入国手続き。
機関車マークのかわいい入国スタンプを押してもらいました。

でも、どこが国境なんだろう。
国境なら、両国の国旗があるハズです。
目を皿のようにしてみてみてましたけど、結局わからず。

イメージ 7

たぶん、ここじゃないかなぁ。
橋があって左右に建物があり、人が多かったから。

イメージ 8

駅名表記板の色が青に変わって、ドイツからチェコに入国したことがわかりました。
列車も、いきなり旧型のものが目に付きます。

イメージ 9

チェコ国鉄の検札、女性です。
国境まではジャーマンレイルパス最終利用日を使ってOK。
国境からプラハまでは別途料金、チェコですからね。
2人で€42、おもったより高いです。

旧東欧の鉄道料金は安いと聞いていたんですけど。

ユーロ残りは€110です、これはチェコのホテルが二泊€110なのでギリギリセーフでした。
余計な外貨は保持したくありません。

チェコ入国後、いきなり風景が変わりました。
なんとなく殺風景です。
思い込みかなぁ。

ドイツは工場なんかも装飾を施して外見に気を使っていましたが、
チェコはむき出し真っ黒の工場です。

やっと、プラハ中央駅到着です。

イメージ 10

バンベルグ11:08→ライプチヒ13:46
ライプチヒ14:41→ドレスデン15:46
ドレスデン16:05→プラハ18:23

長かったなぁ・・・


プラハ駅構内は異様に雰囲気悪いです。
ホームの下の駅構内が異様に暗いの。

さっそく、両替しようとしましたが、手数料5%、高いからやめました、でもATMが見つかりません。

ホテルは事前にインターネットで格安を予約済み。
ホテルまで地下鉄を利用していけるハズですが、乗り換えが必要です。
地図から判断すると、プラハ駅から歩いてもそんなにかからないはず。
とにかくこの雰囲気悪い駅を脱出しましょう。

地図のランドマークの国立博物館まではすぐに分かりました。
通りの名前を確認、ゴロゴロと歩きます。
この辺、と思われるミール広場まで来れたのですが、
どうしてもホテル(ペンション44)がみつかりません。

あちこち聞きまくって、同じところをウロウロ。

やっと見つかりました。

ぜんぜん看板出してないんだもん(泣)
探すの、汗だくです。

19時少し前にチェックイン。
疲れているけど、市内見学に出かけます。
町で食事だけ、のはずだったけど、やっぱり歩き廻っちゃいました。
まず、ATMを捜して軍資金を確保。

さて、やっとプラハの旅の始まりです♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

鉄道も綺麗な風景もおいしそうなソーセージもいいのですが、検札のおねえさん?に目が行ってしまいました~(笑)

No title

mikanさんに同じくです~
ポチ

No title

mikanさん。予想通りのコメントをいただけまして、ありがとうゴザイマス(笑)

No title

かさぶたろぐさん。ウチのブログはあまりお姉さんは期待できませんので悪しからずぅ(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR