fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

4

「にゃあ」ちゃんと旅する6、帰国編(北京地下鉄は快適だ!某ツアー会社はサイテーだ!)

北京です。
メインの万里の長城もオワリ。もっと歩きたかったなぁ。

また郊外の土産物屋。
ツアーで拉致連れ込みされる土産物屋の多くは、
市内の繁華街ではなくて、郊外の寂しい場所なんです。
一般観光客には絶対に利用できない辺鄙な場所。
そして店員の数は無用に多いです。

こういう商法はそれほど儲かるのかなぁ?

イメージ 1


イメージ 2

すぐに店を出てしまい、集合時間まで寂しい周囲をお散歩。
ここは再開発地区、高層マンションの群れ。
その手前には昔ながらのバラックのような集落。

イメージ 3

路上床屋さん。
一番中国らしい光景かも?

バスは渋滞とスモッグの北京中心部にもどってきました。
もう、高層ビル群だらけです。
ここでも奇抜な形の高層ビルが自慢なんですね。

夕食は北京ダックです。
これはツアーのメニューに入っている。

イメージ 4

上海ガニ姉ちゃんに対抗して、北京ダック姉ちゃんがいるんですよ。
でも、お手本として食べ方を教えてくれただけでした。

北京ダックはたくさんあるのですが、
包む皮の数が少ないなぁ。
ほら、余っちゃった。

他の客は遠慮しているので、
最後は私たち夫婦が全てタイラゲてしまいました。

北京ダックって美味しいけど、ちょっと脂身満点。
そのあと、口の中がべたべたで不味いですぅ。

ホテルは高級ホテル。
市内のそれなりの便利な場所。

それ、自由な時間だ!

ホテルの前の大きな道をまっすぐ西に歩くと、天安門広場に出ます。
5キロくらい?歩いて見ましょう

イメージ 5

道路の高架部分が青いイルミネーションで飾られます。
途中には、こんな電気のムダ使いも。

高級ホテル街は庶民性がないからツマラナイな。
地下鉄で一駅分を歩いてしまったところで、
今度は地下鉄にチャレンジ。

窓口で切符を買うんですよ。
ホームに降りる階段の上に、切符拝見改札口があります。
均一で一人2元(35円)、安いね。はじめから利用すればよかった。
とっても安全・快適・分かりやすい・使いやすい。
何しろ駅名は漢字表示だから間違えない(笑)

イメージ 6


天安門駅で降りると、自動改札機導入準備をしていました。
万里の長城だって入り口は自動改札でしたからねぇ、仕方ないか(笑)

イメージ 7

夜の毛沢東。
自ら犯した大犯罪のため、彼は24時間晒されるのです。

ちなみに、故宮に通ずる門の中は入れない。
警察官はたくさんいます。

イメージ 8

おまけに、天安門事件広場の中にも入れません。
まるでディズニーランドのように、光々と安っぽい照明がついていました。
天安門事件の墓標のようですな(笑)


この近くを散策。
意外と庶民的な街が残っていました。
でも、ちょっと時間が遅かったですね。

地下鉄でホテルにもどりましょう。

2008年12月3日(月)
早朝、ホテルを出発。何かする時間は全くアリマセン(泣)
空港につきます。

実は、初日の上海のホテルで千円だけ両替してもらいました。
それで屋台を楽しんだり、ラーメン食べたり、缶ビール買ったり、地下鉄乗ったり・・・

まだ、ほとんど残っています。
空港で使い切りましょう。
残った中国元(7百円相当分くらい)と、日本円で百円玉1枚追加して、ちょっとしたものを購入。


北京→成田もあっという間。
お粥の機内食は初めてです。ちょっと美味しい。

あんまり短いから、
機内サービスの映画を見終わりません。

イメージ 9

奥さん、成田空港についた後も、機内でギリギリまで映画を見ていました(笑)
ちなみに「レミーの美味しいレストラン」

この後は、行きと同じく、京成の特急で帰ります
(もちろんスカイライナーではありません)
成田空港までの飛行機の時間よりも、ここから自宅までの電車の方が長く感じます。


これにて、
「にゃあ」ちゃんと旅する上海北京4日間(実質2日間)はオシマイ。


【編集後記(後悔記録?)】

もともと万里の長城に行きたかった「だけ」なんです。

某旅行会社で大々的にキャンペーンをしていました。
上海4日間2万円(実質3万円)
北京4日間3万円(実質4万円)
上海北京4日間4万円(実質5万円)
だったのです。

燃料サーチャージは本当に高い。
成田空港利用料と合わせると、1万円はツアー代金以外に1万円以上の出費。

だったら、
上海と北京、両方別々に行くと3万円+4万円のところを、
一回で5万円でいけるなら、これは安いんじゃない?
という安易な計算で決まりました。

(ちなみに、今回もこの旅行会社の対応は旅行業法違反のサイテーなものでした、怒。
 現地でダダをこねれば、ツアーから自由に離団・途中参加を繰り返してもいいそうです。
 知りませんでした。募集パンフレットにはツアー行動には全て参加が絶対条件のハズなのに。
 同じ料金を払っている参加者には事前に平等に告知するべきなのにね。
 そうすれば、土産物屋に行かずに済んだし、もっと自由な時間を楽しめたに。
 これは現地ガイドの勝手な判断ではなく、この旅行会社本社窓口の正式な回答なのです。驚
 今度から、ウチも現地でサヨナラしちゃおっと♪)


すごいいそがしかったけど。
上海も北京もあんなものでイイや。
中国4千年の伝統の建物はすぐに飽きます。

お金もツアー代金以外ほとんど使いませんでした。
二人で5千円だけ。
うち、上海ガニ1匹で4千円(高いなぁ)

万が一、もう一回中国に行くのであれば、

思う存分、万里の長城を歩いてみたいです。それだけ(笑)


それでは最後に、
にゃあ。

イメージ 10

あれ?数が増えちゃった(笑)
お土産用に買ったのですが、自宅用に欲しくなってしまいました。

飽きずに番外編を書く予定です・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

なるほどお土産やさんに拉致されそうになったらダダをこねればいいのですね~。
うっ、にゃあちゃんに子供ができた?

No title

にゃあちゃんたら、一度に五人の子持ちになってしまったんですねぇ・・・
超スピードの旅だったのに・・・(笑)

No title

mikanさん。
この某旅行会社は、出来ないんだけど申し出があれば仕方ない、のだそうです。募集パンフにはダメとはっきり書いてあるのに。
航空券とホテルだけで十分。不公平です。みんなで土産物屋メグリはキャンセルしましょう!(怒)

No title

てくてくさん。「にゃあ」ちゃんはオトコなんです。ゴメンなさい。
途中で中国人に5人も押し付けられたみたいです(笑)
寝台車の中が怪しいな・・・
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR